【インタビュー】舞台「君子無朋~中国史上最も孤独な『暴君』雍正帝~」佐々木蔵之介、11年ぶりの主宰公演で初の皇帝役「ただの暴君では終わらない」

2021年7月6日 / 08:00

 佐々木蔵之介がプロデュースする「Team申」の11年ぶりとなる本公演「君子無朋~中国史上最も孤独な『暴君』雍正帝~」が、7月17日から上演される。本作は、清の第5代皇帝で、玉座に座ることなく執務室で毎日20時間働き、最期は過労死したという仮説が有力視される“雍正帝”の生涯を描いた作品。雍正帝を演じる佐々木に、公演への意気込みや役作りについて聞いた。

佐々木蔵之介 (ヘアメイク:晋一朗/スタイリスト:勝見宜人(Koa Hole))

-久しぶりの「Team申」の本公演になります。どういった思いから、本作の上演に至ったのでしょうか。

 この企画は、僕がテレビのドキュメンタリー番組(2020年放送の「中国王朝 英雄たちの伝説」)で中国ロケに行き、そこで暴君としての雍正帝のことを知ったことがきっかけでした。雍正帝は中国でもあまり知られていない皇帝ですが、とてもドラマチックな人生を送った人です。究極の独裁者でもありますが、これは舞台化したら面白いんじゃないかと思ったことからスタートしました。

-今回の話を聞くまで、雍正帝という人物を知りませんでした。

 いや、多くの方が知らないと思います(笑)。それでいいんです。知らない方に、この作品を通して知っていただければと思っています。

-本作で描かれる雍正帝は、1日20時間、部下に罵詈(ばり)雑言を浴びせてパワハラをするなど、まさしく“暴君”ですが、作中に出てくるエピソードは史実通りなのですか。

 ほぼ史実なんです。それが面白い(笑)。彼は、作物の収穫のために神にお祈りをするときぐらいしか北京から出なかったそうなんです。それ以外は養心殿という小さな部屋で、働きづめだった。物語には「本当にこんなことあったの?」というエピソードがたくさん出てくると思いますが、全部本当にあったことです。今回、戯曲を阿部修英さんが書いてくださいました。彼は戯曲を書くのは初めてですが、中国通で雍正帝についても何を聞いても答えられるぐらい詳しいので、たくさんの興味深いエピソードを織り込んで作品にしてくださいました。

-そうした皇帝を演じるに当たって、現在(取材当時)はどのように役作りをしようと考えていますか。

 中国ロケに行ったときに、一番に感じたのは「天子(中国の皇帝の呼称)」って何なんだろうということでした。天子には父も母もなく、家族がいない。本作のタイトルにあるように君子(高位の人を指す言葉)には「無朋」(ともなし)で、周りに友も作らなかったのです。雍正帝は、その覚悟を持って生きた人だと思います。なので、僕はまず、「天子」がどういったものなのかを知って、その上で、覚悟を持った孤独な人間である彼を作っていこうと考えました。それから、彼の功績は、究極の独裁政治により、見事に一国の「未来」を導いたところにあると思うので、それをいかに楽しく見せられるかにこだわっていきたいと思います。

-その彼の面白さを、具体的にどんなところに感じていますか。

 例えば、彼は、中央のエリート役人をすっ飛ばして、地方の末端役人と直接、手紙のやりとりをしていました。それって現代でいったら、大企業の社長が地方の支店長にSNSで細かい数字の指示を出しているようなものですよ(笑)。夜中に「明日中に改善策を出して」と言ってきたらたまったものじゃないですよね(笑)。そんなことを雍正帝はずっとやっていた。血を吐きながら、玉座に座りもせずに。それで、息抜きに? コスプレをしていた。そう考えると、ワーカーホリックだけど、何てユニークな皇帝なんだなと感じました。

-今回、中村蒼さんにオファーしたのはどのような思いからですか。

 中村さんに演じていただくのは若い地方官の役なので、真っすぐで熱のある人がいいなと思っていて、それが中村さんのイメージにぴったりでした。戯曲も完成していない段階でお願いしたのに、よく引き受けてくれたなとありがたく思っています。映画で一度、同じ作品には出演したことがあるのですが、絡むシーンはなかったので、今回、一緒にお芝居ができることをとても楽しみにしています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十三回「篤太夫と最後の将軍」身分差のない社会の在り方を学び、さらなる成長の階段を上る栄一

ドラマ2021年7月22日

 「そうか、異国がどこか風通しがいいのは、このせいか。日の本では、民はいくら賢くても、お上の思し召し次第。曲がったことでも、『うん』とうなずかされ、サギをカラスだと無理な押し付けをされることはよくある。ここには、それはねえ。皆が同じ場に立ち … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 黒鳥の湖」藤木直人「家族との日常生活に癒やされます」

ドラマ2021年7月22日

 藤木直人が主演する、「連続ドラマW 黒鳥の湖」が7月24日から放送される。本作は、宇佐美まことの同名ミステリー小説が原作。藤木が演じるのは、ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太。興信所の調査員だった18年前に依頼されたある事件を利用し … 続きを読む

【映画コラム】男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた『17歳の瞳に映る世界』と『プロミシング・ヤング・ウーマン』

映画2021年7月22日

 今回は、公開中の女性監督による2本の映画を紹介しよう。どちらも、男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた映画だ。 原題が重要な意味を持つ『17歳の瞳に映る世界』  第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。17歳の高校生のオータム … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」田牧そら「明るい女の子の役はとても新鮮でした」 山崎天「演技に挑戦したいとずっと思っていました」

ドラマ2021年7月21日

 現代ショートショートの旗手・田丸雅智のオリジナル原案で描く、ショートショート劇場「こころのフフフ」が7月17日から、WOWOWオンデマンドで一挙配信中。8月15日午後9時からは、WOWOWプライムで一挙放送される。「袖サロン」や「なまリッ … 続きを読む

【インタビュー】映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』内藤秀一郎「仮面ライダーとスーパー戦隊の歴史の重みを感じました」駒木根葵汰「2人で変身するときは、気合が入りました」

映画2021年7月21日

 仮面ライダー50周年、そして、スーパー戦隊45作品目を迎えた今年。半世紀に及ぶ歴史を誇る二大スーパーヒーローのダブルアニバーサリーを記念した映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が7月22日から公開される。本作では、現在テ … 続きを読む

amazon

page top