【インタビュー】ドラマ「准教授・高槻彰良の推察 Season2」小池徹平「家庭を持ったこと」で大きく変わった芝居への思い

2021年10月10日 / 08:05

-演じることの楽しさを最初に感じたのはいつ頃でしたか。

 緊張が解けて慣れてきた頃だと思います。慣れるまでは、必死で楽しむ余裕なんて全くありませんでした。ですが、同世代の人たちと共演することで、刺激を受けて「僕もこうなりたい。こんなことができるようになりたい」と強く思うようになって、彼らから吸収して…それができるようになってきた頃、楽しさを感じることができるようになったと思います。

-この先、10年後、20年後に俳優としてどんな姿になっていると思いますか。

 分からないですね(笑)。今は、1年1年が怒濤(どとう)のような、目まぐるしい毎日を生きているので。ですが、芝居をしているだけじゃなく、作る側になっているかもしれないし、いろいろな可能性があるとは思います。とにかく楽しいことをやっていられたらいいなと思います。

-改めて、本作の見どころや視聴者へのメッセージを。

 Season1では、尚哉にスポットが当たっていましたが、Season2では高槻先生の過去や人間性が明らかになっていきます。物語的にもシリアスな内容も多いですし、寺内一が加わることでSeason1にはなかったドキドキ感もプラスされていると思います。映像も美しく、非常に見応えがある作品になっていると思いますので、楽しみに見ていただけたらと思います。

(取材・文・写真/嶋田真己)

「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season2」

 「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season2」は、10月10日から、毎週日曜よる11時にWOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「大阪環状線 大正駅編」阿部純子 初舞台に向けて「自分のできることを一つずつ丁寧にやっていきたい」

舞台・ミュージカル2021年12月8日

 「大阪環状線 大正駅編 愛のエイサー プロポーズ大作戦」が12月11日から大阪松竹座で上演される。本作は、大阪環状線の各駅を舞台に、恋愛、友情、家族愛などのさまざまな人間ドラマが詰まった関西テレビ制作のテレビドラマ「大阪環状線」の舞台化第 … 続きを読む

渋沢栄一と慶喜の最後のシーンは「同志として、役を超えたところで吉沢亮くんとお芝居ができた気がします」草なぎ剛(徳川慶喜)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年12月5日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。12月に入り、いよいよ物語は最終盤を迎える。ここまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)と共に物語を盛り上げてきたのが、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜だ。将軍を退いた後は静かに隠居生活を送る慶喜だが、栄 … 続きを読む

【コラム】ビッグネームがそろった2022年の正月映画を一挙紹介!

映画2021年12月4日

 間もなくお正月映画のシーズンが到来。そこで、注目作をまとめてみた。この秋の映画興行はハリウッド映画の完全復活を印象づけたが、お正月のラインアップも負けていない。人気シリーズやテレビドラマの映画化など今冬もブランド名の立った話題作がそろい踏 … 続きを読む

名脚本誕生の舞台裏「渋沢栄一さんは、すごく分かりにくい人だと思った」大森美香(脚本)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年12月3日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。12月に入り、激動の幕末から近代を駆け抜けた日本資本主義の父・渋沢栄一(吉沢亮)の物語はいよいよ大詰めを迎える。本作を通して波瀾(はらん)万丈なその生涯に触れ、「新1万円札の人」のイメージが大 … 続きを読む

【映画コラム】エディとヴェノムのラブストーリー『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

映画2021年12月2日

 マーベルコミックのダークヒーロー、ヴェノムの活躍を描いた続編『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が12月3日から公開される。  今回は、圧倒的な戦闘力と残虐性を持ち、ヴェノムの大敵となるカーネイジとの戦いを描く。タイトルの意味は「 … 続きを読む

amazon

page top