【インタビュー】ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」大貫勇輔「いかにリアルにケンシロウを存在させられるかが大きな課題」

2021年10月12日 / 08:05

 原作・武論尊、漫画・原哲夫による伝説的コミックス『北斗の拳』がミュージカル化され、12月に上演される。原作コミックスは、最終戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、愛と悲しみを背負いながら救世主として成長していく姿を描く。今回のミュージカル化では、音楽をフランク・ワイルドホーンが書き下ろし、演出を石丸さち子が担当する。主人公のケンシロウを演じる大貫勇輔に、本作に懸ける思いや公演への意気込みを聞いた。

ケンシロウ役の大貫勇輔 (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

-ミュージカル化が発表され、大きな反響があったかと思いますが、大貫さんご自身は、ケンシロウ役で主演が決まったときの心境はいかがでしたか。

 最初は聞き返してしまったぐらい驚きました。「北斗の拳」をミュージカル化するということもそうですし、僕がケンシロウを演じるということも、本当に驚きの連続で…二つ返事で「やらせてください」と言ったものの、本当に僕にできるんだろうかと不安や恐怖がありました(笑)。

-まさに、「どうやってミュージカル化するのか」というのは、ファンの皆さんも思っているところだと思います。

 そもそも原作では、ケンシロウは寡黙な男で、しゃべるよりも行動で示す人物というイメージがあったので、歌い踊るとどうなるんだろうと思っていたんですが、いざ本読みをしたら、音楽が流れてケンシロウが歌い、しゃべると、もしかしたらケンシロウは心の中ではそんなことを思っていたのかもしれないと感じました。それは、ミュージカルならではだと思います。やっぱり音楽の力はすごいなと思いましたし、ケンシロウはそういう気持ちだったのかもしれないと納得させられました。ミュージカル化は原作ファンにとっても、新しい気付きや新しい面白さを感じていただけると思います。

-ケンシロウの心情が歌に乗せて歌われるんですね。

 漫画では、流れるように闘いのシーンが進んでいきますが、今回は、キャラクターの心の内が歌になっているので、「そういう思いを持っていたのかもしれない」と気付かされるシーンが入っています。ラオウが最後の闘いに挑むシーンも、ラオウの孤独や悲しみ、なぜそうなってしまったのかということが、歌で吐露されることによって、原作よりもより具体性を持って描かれています。音楽の力を借りて、キャラクターそれぞれの個性や、彼らが選択してきた愛、正義、悲しみがよりはっきりと見えてくるように思います。

-ケンシロウを演じるに当たって、今は、どこをポイントにしたいと考えていますか。

 非常に人気のある原作だけに、ケンシロウのイメージを皆さんが持っていると思いますので、それを裏切らずに、その上で、大貫勇輔がケンシロウをやる理由を見つけられたらと思います。ケンシロウの物まねではなくて、そこにいかにリアルにケンシロウを存在させられるかが大きな課題です。筋肉をつけて体作りをするというのはもちろんのこと、ケンシロウがどんな人生を送ってきたのかという人間像をこれからもっと深く掘り下げていきたいと思っています。

-ダンサーでもある大貫さんがケンシロウを演じるということで、ダンスシーンや身体表現にも期待が高まりますが、どのような形で取り入れられるのでしょうか。

 (取材当時)まだそれに関しては稽古前のため、僕自身も分からないんです。ただ、もちろんそういったシーンもたくさんあると思います。闘うように舞うのか、舞うように闘うのかも分かりませんが、僕自身は“ダンサーが闘っている”のではなく、しっかりとした“闘い”も見せたいと思っています。そのために、2月から空手も始めました。格闘技で学んだ殺陣のキレを大切にしたシーンがあったり、ダンサーである僕らしい要素も足した踊りのシーンがあったりと、そこは分けて考えて、どちらもお見せできたらと思っています。

-先ほど、本作の公演に向けて体作りもするというお話がありましたが、具体的にはどれぐらい体を作り込む予定ですか。

 この作品に出演が決まったときからトレーニングは始めていて、今年の初めからはパーソナルトレーナーを付けて本格的なトレーニングをしています。週2回はトレーニングをしているので、毎日、筋肉痛という生活です(笑)。増量期もあれば減量期もあるので、その時々で体重は増減していますが、最終的な理想は74〜5キロ。トレーニング以前の70キロぐらいの体に、筋肉を4キロプラスした体がいいのではないかなと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top