【インタビュー】ドラマ「東京、愛だの、恋だの」主演・松本まりか「うまくいかなくてつらくても、愛や恋に悩む人生の方が楽しい」

2021年10月9日 / 12:05

 松本まりかが主演するParaviオリジナルドラマ「東京、愛だの、恋だの」が配信中だ。本作は、大都会・東京で“今”を生きる女性たちの姿を描く恋愛群像劇。不動産会社に勤め、恋愛に悩む35歳の主人公・和田かえが、住まいを探す女性や知人たちと日々対話し、幸せの形を見付けていく姿を描く。主人公のかえを松本が演じ、かえが10年間交際している恋人・達也を梶裕貴が、大学時代からの男友達・勇作を毎熊克哉が演じる。今回、松本がインタビューに応じ、自身の恋愛観や共演者とのエピソード、本作のタナダユキ監督に対する思いを語った。

松本まりか

-まずは、本作の主演のオファーを聞いたときの気持ちから教えてください。

 タナダ監督は、10年以上前からご一緒したいと思っていた監督だったので、「タナダ監督で主演で…」と聞いたときは、すぐに「やります!」と返事をしました。タナダ組の作品で主人公を演じられるのは、私にとってかなり大きな意味を持つものでした。

-タナダ監督の作品のどんなところに魅力を感じますか。

 一番最初は、映画『百万円と苦虫女』を見て、すてきだなと思いました。主人公の鈴子が、本当に無垢(むく)で、自然体で、魅力的で。その頃から、私もこんなふうにスクリーンに出てみたいという思いがあったので、今回のお話を頂いたときは、当時のことをすごく思い出しました。監督が描く主人公は、すごく素朴で、そのキャラクターの駄目なところや欠点もチャーミングに描かれているところが魅力だと思います。

-主人公のかえという役の、どんなところを意識して演じましたか。

 監督から「かえちゃんは、登場人物の中で一番普通でいてほしい」「今まで見せたことがない松本まりかを見せたい」と言われ、今までのやり方とは違うやり方で演じようと。私はあまりノーマルな役ではない、自分から仕掛ける役が多かったのですが、本作では相手の芝居を受けて、自分の心にどういう変化があるのか、というところに全ての集中力を注いで演じました。

-男女のさまざまな愛や恋が描かれている作品ですが、本作を通じて、愛や恋について考えたことはありますか。

 青春時代のような若くてキラキラした恋愛ではないかもしれないけれど、大人になってもやっぱりみんな「愛だの、恋だの」に振り回されてしまうなと。「愛だの、恋だの」は、あると悩むし、苦しいときもあるので、ない方が楽なのですが、それがない人生は味気ないといいますか。うまくいかなくてつらくても、「愛だの、恋だの」があって悩む人生の方が楽しいなと思います。

-劇中で、松本さんが特に気になった恋愛エピソードはありますか。

 どのお話も、すごくリアリティーがある絶妙なラインのところが描かれているので、全てのエピソードに共感しました。恋愛において自分から積極的に行く勇気がなかったり、相手に強がってしまうところは、すごく分かるなと感じたり。でも、本作を見ていると、恋愛に対してもっと自分から行けばいいのにという気持ちもあり、まるで自分自身を見ているようでした(笑)。

-劇中では、「男女間の友情は成立するのか」というテーマが描かれていますが、松本さんはどちらのタイプですか。

 私は、友達は最初から友達は友達で、後から恋愛感情を抱くことはないかもしれません。なので、今回毎熊さんと、友達以上、恋人未満という関係を演じるのがすごく難しくて、そこは悩みながら演じました。

-ゲストとして登場する女性の中で、どの女性の生き方に一番共感しましたか。

 5話で市川由衣さんが演じているフォトグラファーの女性の気持ちが、よく分かるなと思いました。仕事をしながらも、このままずっと1人なのかな、寂しいなという気持ちがよぎったり、片や、女友達は結婚して子どももいながら仕事復帰を目指していたり。お互いにないものねだりなのかもしれませんが、そこは私も共感しました。でも、私は仕事も結婚も両方欲しいです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top