【インタビュー】ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」ドラマ初共演の伊野尾慧&神宮寺勇太、凸凹コンビ役で「イチャイチャしちゃってる(笑)」

2021年6月22日 / 17:00

 8月7日から、東海テレビ・フジテレビ系列で「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」の放送がスタートする。本作は、澤村御影の人気小説を原作に、怪異事件の謎解きを通して、人と人とのつながりを描く、少し怖くて、笑えて切ないヒューマンミステリーミステリー。主人公、民俗学を教える准教授・高槻彰良を演じる伊野尾慧と、高槻の助手として謎を解く大学生・尚哉を演じる神宮寺勇太に、初共演の感想や本作の見どころ、役作りについて聞いた。

「東海テレビ×WOWOW 共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」ヘアメーク:石井薫子(MARVEE)/スタイリスト:田中トモコ(HIKORA)

-伊野尾さんは、本作が連ドラ単独初主演になります。意気込みを聞かせてください。

伊野尾 本当にありがたいことだと思います。今回は神宮寺くんもいるので、それほど大きなことだと捉えてはいませんが、責任感も生まれてきていますし、より良い作品が作れるように頑張りたいと思います。

-神宮寺さんは、本作への出演が決まってどんな気持ちでしたか。

神宮寺 映像のお芝居は久しぶりなので、いろいろなことを忘れているんじゃないかという不安はありました。ですが、お芝居の勉強はたくさんしたいと思っていたので、飛び上がるほどうれしかったです。

-すでに(取材当時)クランクインしているということですが、それぞれの役どころの印象と、現在、どのように演じているのかを教えてください。

伊野尾 僕が演じる高槻は、大学の先生なのですが、まず、大学の先生を演じることができるようになったことが感慨深いなと思いました。演じる上では、原作のファンの方も大勢いらっしゃる作品なので、もちろん、原作に寄り添いたいという思いはありつつも、原作を基に想像を膨らませている部分もあります。映像化した時に「こういう解釈になったんだ」と楽しんでもらえるように、いろいろと挑戦できたらと思います。でも、「先生」ですから大人っぽくしていきたいです。それから、人間との距離感をつかめていないというところも映像的に面白く見せられればいいなと思っています。

神宮寺 僕が演じる尚哉は、心の奥にある孤独を表現しなければならない、すごく難しい役だと、原作や台本を読んで感じていました。それと同時に、(最初から)孤独な人にはなりたくなくて…。あくまでも普通の大学生で、回を重ねるうちに、実は孤独を抱えていたということが出てくればといいなと思いました。クランクイン前からそういうことを考えて不安だったのですが、実際にクランクインしてからは、監督やいろいろな方たちのサポートもあり、だんだんと尚哉が(その時々で)どんな気持ちなのかが分かってくるようになりました。伊野尾くんとは、これまでほとんどお話ししたことがなかったのですが、(現場で)「先生」としていてくださるので、不安もなくなりました。気持ちも楽になって、いろいろなことを相談しながら、伸び伸びと演じることができています。

-今回がドラマ初共演となりますが、お互いの印象は?

伊野尾 後輩の子がバラエティーにゲストで来てくれることはありますが、ドラマでこれほどガッツリ共演するというのは初めてですし、今回は2人のシーンも非常に多いので新鮮です。それに、かわいくてしかたないんですよ(笑)。何げないことを言っただけで「伊野尾くんは頭いいんですね」ってすごく褒めてくれるんです。Hey! Say! JUMPにいたら誰も褒めてくれないから、気持ちがいい。ずっと続けばいいのに(笑)。

神宮寺 僕は、Hey! Say! JUMPさんのツアーに付かせていただいたことはあったのですが、(当時、自分は)中学生で、あまりメンバーの皆さんとお話しをする機会もなかったので、勝手に人見知りな方というイメージを持っていました。でも、実際は、めちゃくちゃ優しく話し掛けてくださるのでありがたかったです。伊野尾くんは、言葉の選び方が美しいんですよ。(伊野尾の言葉からは)キラキラしたきれいな漢字が見えるんです。この(撮影の)4カ月の間で、僕も少しでも頭が良くなれるように伊野尾くんから盗もうかなと思っています。

伊野尾 ほら、こんなに気持ちのいいことなんてないでしょ? Hey! Say! JUMPで取材してたら、こんな言葉は言われないもん(笑)。最高だよ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top