【インタビュー】映画『100日間生きたワニ』上田慎一郎監督「原作漫画が持つ、語らぬ美学、余白みたいなものに一番魅力を感じました」

2021年7月7日 / 07:15

 何げないワニの日常をつづり、Twitterに100日間毎日投稿されたきくちゆうき原作の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。その100日間のワニの日常と、そこから100日後の大切なものを失った仲間たちの姿を描いたアニメーション映画『100日間生きたワニ』が、7月9日から公開される。監督・脚本は、『カメラを止めるな!』の監督・上田慎一郎とアニメーション監督としても活躍するふくだみゆき夫妻。上田監督に話を聞いた。

上田慎一郎監督

-「原作に込められたメッセージに強く共感して映画化した」という監督のコメントがありましたが、具体的にはどういうところに共感したのでしょうか。

 原作を「2日目」ぐらいから読み始めて、30日台ぐらいのときには映画化の企画書を作りました。メッセージもそうですが、原作漫画が持つ、語らぬ美学、余白みたいなものに一番魅力を感じました。皆がリプライ欄に、意見や考察、解釈、思ったことなどを、埋めにいきたくなるような、何か4コマ漫画自体に、すごく映画的なもの感じて、これを映画化したいなと思いました。企画書には、コマとコマとの間に流れているであろう、時間みたいなものを映画化したいと書いたと思います。最初は実写用の企画書を出しました。すると東宝から、私の妻のふくだみゆきと「共同監督でアニメ映画として作るのはどうですか」という提案を頂いてそうなりました。

-若者の何げない日常を、擬人化した動物キャラを使って描くという、原作の発想についてはどう思いましたか。

 動物を擬人化するというのは、子ども向けのアニメなどでもよく見られますが、「ワニっていいな」と思いました。イヌやネコといった、メジャーで身近な存在ではなくて、どちらかと言えば、ワニとかネズミって苦手な人もいますよね。そういう、ワニとネズミとモグラという、ちょっとニッチ目な動物を主役にしているところが、すごくいいなと思いました。

-でも、最初は実写として企画書を出したんですよね…。

 かぶり物やCGではなくて、人間に置き換えて、人間が演じるという想定で書いていました。それで、東宝からの「アニメ映画ではどうか」いう提案について、僕も考えましたが、妻は割と日常系の映画が多くて、僕は日常系ではないんです。なので、この映画は妻と一緒にやった方がいいんじゃないかと思ったのと、やっぱり人間が演じると、気持ちを重ねづらくなる人が多くなると思いました。例えば、すごくきれいな女優さんが演じていたら、「私の人生とは違う」と感じて距離を置く人もいると思います。それが、ワニとネズミとモグラという、ある種の記号的な匿名性を持たせることによって、誰でも自分と気持ちを重ねやすくなるんじゃないかと思いました。だから、今回はアニメにしてよかったと思っています。

-実写とアニメの違いを具体的に教えてください。

 実写は、撮ったものを編集して、リズムや間合いやテンポなどを後から作っていきます。アニメの場合は、例えば、絵コンテの段階で「このカットは何秒」と決まっています。そこに必要な声を録って、絵を作って…。だから、作り方が逆みたいなところもあります。アニメを作っている人は「このカットやせりふは何秒だ」という感覚や意思の明確さがとても強いんだろうなと思います。そうなると、「偶然映ってしまったもの」というのがなくて、全て意図的に作られているので、画面の隅々まで、映る物の形や色まで、全部自分で決めなければなりません。実写の場合は、「映ってしまったもの」が結構あります。意図しないものが映ってしまう良さもありますが、今回は、全てを意図的に、意思を持って作っているアニメの強さみたいなものも、すごく学べました。

-ワニの神木隆之介さん、ネズミの中村倫也さんなど、声優についてはどう思いましたか。

 素晴らしかったです。僕たちが想像していた以上のものを出してくれました。イメージ以上でした。監督には、自分がイメージするところで収まってほしくないという思いもあるので、今回は、イメージには近いけど、ちゃんと違うものにもしてくれたので、すごくいい布陣でできたと思います。

-声優は、どういう選び方をしたのでしょうか。

 基本的には、僕とふくだで候補を出して、当たってもらいました。まず、ワニとネズミを決めなければということで、ワニは最初から神木さんがいいなと。それで、ワニとネズミは幼なじみで、距離感が近くないといけないので、神木さんと距離感が近くて、ネズミのキャラクターにも近い人は誰だろうと考えたときに、中村さんがいいなとなりました。

-新キャラクターのカエルの後ろ姿がワニと似ているところがあって、最初に皆が「あれ?」となるところがありましたね。

 それはカエルを選んだ理由の一つとしてあります。ただ、カエルがワニの代わりになるのは違うなと。でも、やっぱり重なる部分もあった方がいいのかなという思いが、後ろ姿に表れたところはあります。あとは、カエルが皆の中の異物であってほしいという考えがありました。人は現状維持に安心するし、新しいものへの抵抗もありますよね。そんな中で、登場してくるカエルは、「100ワニ」の世界の中の異物であってほしいと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」

舞台・ミュージカル2021年7月27日

 のんが出演する、大パルコ人4 マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」が8月9日から上演される。本作は、大人計画とパルコが共同プロデュースし、宮藤官九郎が作・演出を務めるオリジナルロックオペラ、“大パルコ人”シリーズの最 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十三回「篤太夫と最後の将軍」身分差のない社会の在り方を学び、さらなる成長の階段を上る栄一

ドラマ2021年7月22日

 「そうか、異国がどこか風通しがいいのは、このせいか。日の本では、民はいくら賢くても、お上の思し召し次第。曲がったことでも、『うん』とうなずかされ、サギをカラスだと無理な押し付けをされることはよくある。ここには、それはねえ。皆が同じ場に立ち … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 黒鳥の湖」藤木直人「家族との日常生活に癒やされます」

ドラマ2021年7月22日

 藤木直人が主演する、「連続ドラマW 黒鳥の湖」が7月24日から放送される。本作は、宇佐美まことの同名ミステリー小説が原作。藤木が演じるのは、ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太。興信所の調査員だった18年前に依頼されたある事件を利用し … 続きを読む

【映画コラム】男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた『17歳の瞳に映る世界』と『プロミシング・ヤング・ウーマン』

映画2021年7月22日

 今回は、公開中の女性監督による2本の映画を紹介しよう。どちらも、男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた映画だ。 原題が重要な意味を持つ『17歳の瞳に映る世界』  第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。17歳の高校生のオータム … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」田牧そら「明るい女の子の役はとても新鮮でした」 山崎天「演技に挑戦したいとずっと思っていました」

ドラマ2021年7月21日

 現代ショートショートの旗手・田丸雅智のオリジナル原案で描く、ショートショート劇場「こころのフフフ」が7月17日から、WOWOWオンデマンドで一挙配信中。8月15日午後9時からは、WOWOWプライムで一挙放送される。「袖サロン」や「なまリッ … 続きを読む

amazon

page top