【インタビュー】ミュージカル「ダブル・トラブル」原田優一&太田基裕が挑む二人芝居「優しくて品がある、でも爆発力もあるコメディー」

2021年4月29日 / 08:00

 ミュージカル「ダブル・トラブル」が5月2日から上演される。本作は、作詞家と作曲家の兄弟が、ハリウッドのメジャームービーの曲を書くというチャンスをつかんだことから始まるミュージカルコメディー。たった2人の出演者が、歌って踊って曲を書くボビー&ジミー兄弟を演じると同時に、映画会社の社長や秘書、演出家、スター女優など、およそ10人の登場人物を演じる。今回の公演では、福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)と辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)による「ハリウッドチーム」と、原田優一と太田基裕による「ブロードウェーチーム」で上演する。原田と太田に、互いの印象や公演への意気込みを聞いた。

ミュージカル「ダブル・トラブル」 ブロードウェーチーム(原田優一・太田基裕)

-脚本を読み、稽古を通して感じているこの作品の魅力を教えてください。

原田 もとは、(戯曲を書いた)ボブとジムというウォルトン兄弟が、自分たちのこととして書いた作品なのですが、今回は、原田優一と太田基裕がジミーとボビーのウォルトン兄弟を演じて、そのジミーとボビーがいろいろな役を演じているという構造になっています。複雑な構造ではありますが、僕たちが悪戦苦闘しながら何役も演じている姿を見て楽しんでいただけたらと思います。

太田 出演者が2人だけで、歌あり、ダンスあり、しかも何役も演じるというのは、本当に大変な作業となりますが、僕自身が楽しめたら、このステージは成功なんじゃないかと思います。なので、一生懸命、必死に、さまざまな挑戦をしていくしかないと思いながら稽古をしています。僕にとっては、お兄ちゃん役が原田さんというのはすごく安心感があるので、お力をお借りしながらすてきな作品を作っていきたいと思います。

-複数の役を演じるとなると、気持ちを作るのが大変そうですが、役の切り替えはすぐにできるものですか。

原田 1幕の前半は、もっくん(太田)の方が早替わりが多いよね。お客さまに「この作品はこういう構造ですよ。笑っていいんですよ」と提示する役割でもあるので、そこは大変なんじゃないかなと思います。

太田 そうですね。ですが、もう少し段取り的なものに慣れていけば、それぞれの役に対しての思いもどんどん深くなっていくと思うので、稽古を重ねながら慣らしていき、丁寧に演じたいと思っています。

原田 今回、1、2行のせりふの間に早替わりしなければならないシーンもあるんですよ。この間、スタッフさんから「大丈夫ですよ。ここ30秒もありますから」と言われて、恐ろしいと思ったぐらいスピードが大切なんです(笑)。

太田 すでに、30秒あったら早替わりじゃないみたいな感覚になってますもんね(笑)。「あのシーンは15秒でいけましたから」って(笑)。

-お互いの最初の印象を教えてください。

原田 僕が演出をさせていただいた、(2017年上演の)ミュージカル「デパート!」に出演していただいたのが最初でした。そのときは、体当たりで演じてくれた姿が印象に残っています。予想以上に壊れてくれるし、パワーもある。背も高くて、イケメンだけれど、格好悪いことも率先してやってくれるんで、僕は大好きです。

太田 僕は「デパート!」のときに、原田さんの笑いのエッセンスがすごく好きで、楽しかったことを覚えています。今回は、役者として共演させてもらえるので、そのコメディー感覚を役者として共有できるんだと非常に楽しみにしていました。

-本作では、お二人とも女性役も演じますが、女性らしく見せる秘策はありますか。

太田 僕は、これまでにも女性の役は何回か演じているんですが、やはり原田さんが演じるとオーラが違うなと思って見ています。

原田 生き生きしているんでしょ(笑)。

太田 すごいです、圧倒されます。なので、僕も本番が楽しみです。

原田 僕は、最初にもっくんの舞台を見たときに女性の役をやっていたので、そのときのイメージが強いです。かわいかったんですよ(笑)。

太田 年を取ったのでだいぶ変わってしまいましたが、じゃあ、あのときをイメージして今回、演じます(笑)。

 お二人から見て、ハリウッドチーム(福田・辰巳)はどんなチームだと思いますか。

原田 同じグループで活動されているので、お互いのことをよく分かっていて、連携プレーがすごくできていると思いました。それから、器用だな、と。

太田 振りもすぐに覚えていたので、すごいなと思いましたね。もう恐ろしかった(笑)、吸収力がすご過ぎて。

原田 それでいて、変な力が入ってないと言いますか、自然体で舞台上にいるので、好印象でした。

太田 稽古は一緒に行っているので、彼らのアイデアを使わせてもらったり、彼らのお芝居を見ることで新しい発見があったり、学ばせていただくことも多いです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「PARTY」 “未来に向けた新たな挑戦”で鈴木瑛美子&加藤和樹&伊礼彼方の歌声が響く

舞台・ミュージカル2021年5月11日

 ホリプロが日本から世界に向けたオリジナルミュージカルの創作を目指して始動した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」。数多くの応募の中から、脚本部門の作品が選出され、その脚本を使って新作ミュージカルのパイロット版「PARTY」が制作さ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top