【インタビュー】舞台「魔界転生」小池徹平「僕ならではの天草四郎に仕上がりました」

2021年5月1日 / 08:00

 舞台「魔界転生」が5月4日から上演される。本作は、1967年に単行本化された、山田風太郎の『おぼろ忍法帖』が原作。2018年に上川隆也が、魔界からよみがえった剣豪たちとの闘いに挑む柳生十兵衛を演じて大ヒットを記録した。再演となる本作では、初演に続き堤幸彦が演出を担当、上川が柳生十兵衛役を続投するほか、小池徹平、藤原紀香ら、初参加組も交えて新たな「魔界転生」が上演される。今回は、柳生十兵衛と対峙(たいじ)する最大の強敵・天草四郎役の小池徹平に、本作の見どころや、稽古場でのエピソードを聞いた。

天草四郎役の小池徹平

-本作への出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 演出の堤(幸彦)さんとご一緒したことがなかった中でのオファーだったこともあり、素直にうれしかったです。普段はミュージカルに出演させていただくことが多く、ストレートプレーの作品は今回で2本目。なので、お話を頂いたときには「やらせてください!」と即答でした。

-堤さんは映像作品も数多く手掛けていますが、舞台では初対面になりますね。

 「金田一少年の事件簿」をはじめ、堤さんの映像作品を見ていたので、堤さんの作品とともに育ったといっても過言ではないんです。なので、そんな方とご一緒できるなんてありがたいですし、舞台での活動を見てオファーしてくださったと聞いて、大好きな舞台で共演できる喜びでいっぱいになりました。

-18年の初公演は観劇しましたか。

 もちろんです。映像資料を頂いて見たのですが、プロジェクションマッピングを使った映像の迫力やフライングなど、派手な演出にも目を奪われました。今回は新型コロナウイルスの影響で、そういった演出を行うのは難しいと思うのですが、たくさんの人が一度に舞台に出てくる場面もあって、その勢いにただただ圧倒されました。

-3月23日に行われた制作発表記者発表で、初めて明治座に立ったとのことですが、感想を教えてください。

 東京で最も長い歴史を持つ劇場ということで、その歴史をひしひしと肌で感じる時間になりました。「この舞台で、歴代のたくさんの役者が公演をしてきたのか」と感慨深かったですし、新しい劇場に立つという面での高揚感もありました。5月の明治座での公演に向けて、程よい緊張感も得られた気がしています。

-これまで、WaTなどで音楽や映像分野で活動をしてきた印象があります。初舞台「シダの群れ」(12)は最近ですが、そもそも舞台に出演しようと思ったきっかけはあったのですか。

 もともと、ウエンツ瑛士とWaTで活動をしていたときに、前半1時間を芝居、後半はライブをするという「アクトライブ」をやっていたのですが、その当時から舞台には興味を持っていました。演出家の藤森一朗さんが主催しているAir studioで、ワークショップを含めてお芝居の勉強をさせてもらっていたので、舞台での活動に憧れていたんです。なので、特別なきっかけがあったわけではなく、初舞台のときは「やっと夢がかなった!」という気持ちでした。

-小池さんが感じている映像と舞台の違い、そして舞台ならではの魅力を教えてください。

 映像はせりふのインプットとアウトプットが早く、撮り終わったら新しいシーンへ進んでいきますが、舞台は、一つの台本を読み込んで、稽古を通して練り込んでいくところが魅力だと思います。かめばかむほど味が出ると言ったらいいのでしょうか。稽古期間を通して役や座組みととことん向き合えるところも好きです。

-主演の上川さんとは初共演とのことですが、上川さんの印象は?

 上川さんは遊び心がある方で、いつも稽古場を盛り上げてくれています。私語も厳禁で、食事もできない中でもこんなに楽しいんだから、そうじゃなかったらもっとすごいんだろうなと思います。エンターテイナーで、気配り上手な上川さんにいつも助けられています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「PARTY」 “未来に向けた新たな挑戦”で鈴木瑛美子&加藤和樹&伊礼彼方の歌声が響く

舞台・ミュージカル2021年5月11日

 ホリプロが日本から世界に向けたオリジナルミュージカルの創作を目指して始動した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」。数多くの応募の中から、脚本部門の作品が選出され、その脚本を使って新作ミュージカルのパイロット版「PARTY」が制作さ … 続きを読む

【インタビュー】映画『くれなずめ』若葉竜也「言語化できないものでつながることがあると感じた瞬間があった」

映画2021年5月11日

 高校時代の帰宅部仲間の6人が、友人の結婚式で久しぶりに再会する。だが彼らは、二次会までの3時間の間に、目を背けていた友の死と向き合うことになる。松居大悟監督の青春群像劇『くれなずめ』が、5月12日(水)から、テアトル新宿ほかで公開される。 … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top