【インタビュー】ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」黒羽麻璃央「舞台上で自分が芝居をして目の前のお客さまに何かを伝えている瞬間が一番好き」

2021年4月27日 / 08:00

 ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」が5月21日から開幕する。本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で上演されてきた大ヒットミュージカル。日本では、小池修一郎の潤色・演出で、10年に宝塚歌劇団が初演。11年に日本オリジナルバージョンとして上演されて以降、再演を重ねてきた。今回は、19年以来2年ぶりに新キャストで上演される。主人公のロミオを甲斐翔真と共にダブルキャストで演じる黒羽麻璃央に、作品への思いや意気込みを聞いた。

ロミオ役の黒羽麻璃央

-19年の公演ではマーキューシオを演じましたが、今回はロミオ役での出演になります。出演が決まったときの心境から教えてください。

 世界的に有名な戯曲「ロミオとジュリエット」のロミオという役は、選ばれた人間にしかできない役だと思っていますし、俳優として一度は演じてみたかった役なので、夢がかなってうれしく思います。前回、僕はマーキューシオとしてこの世界に生きさせていただきましたが、(19年公演で)ロミオを演じられたお二方は尊敬できる先輩方だったので、今度は僕自身がロミオとして後輩たちのお手本になれたらいいなと思っています。

-この作品の魅力は?

 愛の形は時代が変わっても変わらないことを感じられる作品だと思います。愛する人と一緒にいたい気持ちや、友人たちに対する愛情といったものが深く描かれています。今、僕たちにとっては、この物語に出てくるような争いごとはあまり身近ではないかもしれませんが、世界を見渡せば、戦争が続いている国があったり、いつ命を落とすか分からない日常を送っている人もいます。だからこそ、僕は(本作を通して)いとおしいと思う人と一緒にいる時間を大事にしたいと改めて感じました。

-ロミオを演じるに当たって、どういったところに黒羽さんらしさを出していきたいと考えていますか。

 僕が表現したものがそのまま「黒羽ロミオ」になると思うので、今はこうしようということはあまり考えていません。ただ、ロミオは、ジュリエットへの思いだけでなく、モンタギュー家への愛情や、ベンボーリオをはじめとした友人たちへの愛も強く持っている愛情深い人間だと思うので、そこは意識して演じたいと思います。

-ロミオに共感できるところはありますか。

 平和主義なところは共感できます。ただ、いざ争いが起こったら、ロミオのように決闘の中に割って入っていって止めることはできないかな。そんな度胸はありません(笑)。

-では、もし目の前で決闘が行われていたら、どうしますか。

 警察を呼びます(笑)。

-今回、ダブルキャストの甲斐翔真さんとは初共演ですが、甲斐さんの印象は?

 彼のイメージはゴールデン・レトリーバーです(笑)。ただかわいいだけじゃなく、しっかりと野生的なところも内に秘めている。いい意味で、野心や向上心を持っている人で、泥くさくやっていく人なのかなと感じました。

-ジュリエット役の伊原六花さんと天翔愛さんの印象は?

 お若いなあ、と(笑)。なので、僕自身がジュリエットと並んでもおかしくないように、若くならないといけないなって思っています。別の現場で、「おじいちゃんみたい」って言われたんですよ(笑)。多分、実年齢よりも年上の役を演じる機会が多いので、自然と表現の仕方が年齢よりも上に見られるんだと思いますが、今回は、お芝居の中で若々しさを出していきたいと思います。

-映像の世界でも活躍されながら、ここ数年は本作をはじめ、ミュージカル「エリザベート」(公演中止)のルキーニ役など、グランドミュージカルにも積極的に挑戦されている印象があります。今現在、黒羽さんの中で、グランドミュージカルに出演したいという思いが大きいのでしょうか。

 そうですね。数年前まで、映像作品への進出を自分の中で目標にしていました。テレビというものは、すごく大きな力を持っていると思うので、やはりメディアに出たいという思いがあったんです。ですが、2019年にこの作品に出演したことで、改めて舞台も好きになりました。やはり生に勝るものはないし、舞台上で自分が芝居をして目の前のお客さまに何かを伝えている瞬間が一番好きだということに気付いたのが、この作品でした。(演出の)小池(修一郎)先生と稽古をしたり、スタッフ・キャストの皆さんと一緒にお芝居を作り上げていくのが楽しくて仕方なかった。そこからは、グランドミュージカルにも出てみたいと思うようになりましたし、ミュージカルの世界に足を踏み込んでいきたいと改めて思うようになりました。2019年の「ロミジュリ」で考え方が大きく変わったと思います。なので、今回も本当に全力を尽くして頑張りたいと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

ドラマ2024年2月14日

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラ … 続きを読む

Willfriends

page top