【インタビュー】ドラマ「理想のオトコ」蓮佛美沙子「自分と重ね合わせたり、キュンとしながら見てほしい」

2021年4月20日 / 06:28

 蓮佛美沙子が主演するドラマParavi「理想のオトコ」(テレビ東京系)が放送中だ。本作は、チカの同名の電子コミックが原作。10歳年上の漫画家・ミツヤス(安藤政信)と、高校時代の同級生・志摩圭吾(味方良介)という対照的な2人の男性の間で揺れ動く、アラサー女子の小松燈子(蓮佛)のリアルな恋愛事情を描く。本作で、恋愛から久しく遠ざかっていたものの、突然、人生一番の“モテ期” が到来する美容師の燈子を演じる蓮佛に、本作の見どころや、共演者とのエピソード、30歳を迎えた心境や抱負などを聞いた。

蓮佛美沙子(C)「理想のオトコ」製作委員会 hair&make:宮本愛(yosine)/stylist:佐藤遥菜(crepe)

-まずは、オファーを受けたときの気持ちを教えてください。

 ここまでストレートな恋愛作品をやったことがなかったので、原作漫画を読んだときに、自分が現場でどんな気持ちになれるのかな、というワクワクする気持ちと、知らない自分に出会えそうだなというドキドキがありました。

-美容師の燈子を演じる上で気を付けていることや、役作りで行ったことはありますか。

 燈子はすごくナチュラルな女性なので、自然体で演じようと思いました。美容師の動きについては、1日数時間、美容指導の先生に教えていただく時間をもらって、劇中で髪をカットするシーンも、実際に自分で切っているのですが、プロはすごいなあと、自分の手先の不器用さを呪ってしまいました(笑)。

-蓮佛さんは今ちょうど30歳ですが、今の年齢だからこそ演じられる部分はありますか。

 恋愛に対して、好きだけでは動けない。大人になっていろいろ知ってしまったからこそ、本能的に動けない燈子のジレンマみたいなものは、すごくよく分かるなと思いました。今、私が30歳という年齢だからこそ、より共感しながら表現できたのかなと思います。

-恋愛に憶病になっているアラサー女性も多いと思いますが、どのようなことを届けたいですか。

 演じてみて思ったのは、若いとか大人とかは関係ないなと。恋愛をしたら、みんなすごくかわいいんだなと思いました。大人でも、好きな人と付き合うか付き合わないか、という時期はドギマギするし、どれだけ経験を重ねていても、すれ違いはあると思うので。自分と重ね合わせたり、この大人たち、かわいいなと思いながら見ていただきたいです。

-藤井美菜さん、瀬戸利樹さん、味方良介さんなど、共演者とは撮影の合間にどのような話をしていますか。

 藤井さんはサバサバしていて話しやすい方なので、「普段お酒を飲みますか?」という話をしたり、瀬戸さんと味方さんには、「男女でエスカレーターに乗るときどちらが上に乗るべきか」って質問をされたりとか(笑)、たわいない話をしていました。あとは、みんなで「理想のオトコ」の男性陣の中でどのキャラクターが好きか? という話題で盛り上がったりして、現場は和やかな雰囲気でした。

-蓮佛さんは誰推しですか。

 漫画とドラマは少し違うのですが、漫画であればミツヤス先生のアシスタントの最賀くん(平井亜門)が好きです。ミツヤス先生も好きですが、最賀くんのひたむきな感じがかわいいなって、漫画を読んでいてキュンキュンしました。

-本作は、将来を真剣に考え始める大人の恋愛物語ですが、蓮佛さん自身も結婚願望はありますか。

 将来的にはしたいなと思います。ただ、何歳までに結婚したいというこだわりはなくて、生涯ずっと一緒にいたいと思う人ができたら、流れでそう思うのかなと思います。

-年齢を重ねて、「理想の男性像」は変化しましたか?

 今回の撮影時も、理想の男性って何なんだろうなって考えながら現場にいたのですが、究極は私のことを好きでいてくれて、大事に思ってくれる方が理想なのかなと思いました。それさえあればいいかなとずっと思っていて、それは変わらないです。例えば、どちらかが弱っているときは引っ張ってあげたり、臨機応変にお互いが補い合って、思い合う関係性を築けるのが、理想の形なのかなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top