【インタビュー】浦井健治「20th Anniversary Concert~Piece~」俳優生活20周年を迎え「もう一回ゼロからやり直そうと思えた」

2021年4月18日 / 08:00

 浦井健治が、俳優生活20周年を記念したオリジナルソロアルバム『Piece』をリリースした。さらに、4月20日には、「20th Anniversary Concert~Piece~」と題したコンサートを、東京国際フォーラム・ホールAで開催する。浦井にアルバムに込めた思いやコンサートへの意気込みを聞いた。

浦井健治

-ミュージカルからカバー、オリジナルナンバーまで入った豪華なアルバムとなっていますね。どういった思いから選曲したのですか。

 コロナ禍で、悲しいことがあったり、人となかなか会えずに後ろ向きな気持ちになってしまうことが多いかもしれませんが、そんなときにこのアルバムを聞いて、希望を見いだしたり、リフレッシュしてもらいたいという思いからスタートしました。それで、オリジナル曲でできませんかというお願いをしたところ、デモを数十曲くださって、そのうちの3曲を歌わせていただくことになりました。K-POP、シティーポップ、そしてバラードと、曲調の違うオリジナル曲ですが、いずれもこのコロナ禍でも前を向いて元気を出そうというメッセージを伝えられるのではないかと思います。

 それから、ミュージカルやカバー曲の選曲や曲順も、スタッフさんたちと話し合って決めました。タイトルにある『Piece』という言葉には、楽曲の一つ一つが「平和やそれを願うかけらたち」であり、その思いを放っていこうという気持ちが込められています。ですので、そういった観点から曲も選びました。今回、20周年を記念したアルバムなので、20年前のJ-POPのヒット曲の中からチョイスをさせていただいた2曲と、僕が20年間でお世話になった方々に学んだことや、歌唱を含めた技術を込めた楽曲を集めたアルバムになっています。

-3月24日にリリースされましたが、すでにファンの方からの声は届いていますか。

 はい。たくさんの方から感想を頂いて、伝えたかったメッセージが届いていることを実感しています。僕は、演劇をやっていますが、ありがたいことにコロナ禍でもステージに立つことができています。ですが、演劇を観劇することを自粛するという選択をせざるを得ないファンの方から、「このアルバムを聞いてうれしくて涙が出た」となんて言っていただくと、改めてエンターテインメントや歌の力は偉大だと感じられました。

-浦井さんご自身は、今改めて振り返って、コロナ禍での1年をどう感じていますか。

 僕自身は、「天保12年のシェイクスピア」の東京千秋楽と大阪公演が中止、それからその次のブロードウェーミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」が全公演中止になってしまいましたが、それ以降は全ての出演作が中止になることなく千秋楽を迎えられているんです。これは世界的に見ても奇跡だと思います。そもそも、現在(取材当時)、これだけの演劇を公演し続けることができているのは、すごくまれですよね。それは本当にすごいことで、スタッフさんをはじめとして、関わっている方、皆さんの感染対策の徹底などの努力でつかみ取ったものだと思います。もちろん、お客さまも感染対策を徹底し、制限が多い中でも見にきてくださっている。何が正解なのかは分かりませんし、今後どうなるかもまだ分かりませんが、医療関係者の皆さまに本当に感謝しながら、なんとか乗り越えていければと思っています。

-では、アルバム『Piece』の楽曲にまつわるエピソードを聞かせてください。

 どれも思い入れが深い曲ばかりですが、ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の「The Origin Of Love」を。僕は、もともとはパンクやロックが大好きな人間なんです。でも、今はミュージカルの舞台で歌い続けているので、ミュージカルでの歌唱法というものが身についています。そういう人間がロックミュージカルをやるとなると、その歌唱方法の壁にぶち当たるんです。もちろん、ミュージカル歌唱は、長い年月をかけて培っていく素晴らしいものだと思います。ですが、「ヘドウィグ~」のような楽曲にはそぐわない。それで、僕が「ヘドウィグ~」に出演したときに、(共演していた)女王蜂のアヴちゃんやメタル界の大御所の冠(徹弥)さんがロックの歌唱法を教えてくれたんです。ですが、いざ本番が始まっても、自分がロックを歌えているのか、自信が持てないままでした。

 そんな時、僕が大ファンの劇団☆新感線の演出家、いのうえひでのりさんが見にいらして、「健治がロックを歌っていた」とおっしゃってくださった。しかも、いのうえさんのお薦めの演劇にも挙げていただいた。それはもう、僕にとっては人生の表彰状でした。ロックの歌唱法とミュージカルの歌唱法は真逆なもので、両方を得ることは難しいと思いますが、僕はそれをかなえたいという思いがあります。そして、このアルバムの中では、「The Origin Of Love」はロックな歌唱法で歌っているので、そこも意識して聞いてみてほしいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top