【インタビュー】丸美屋食品ミュージカル「アニー」マルシア 1年越しの上演で「パワーをプレゼントしたい」

2021年4月20日 / 08:00

 いつか必ず両親に会えると信じてたくましく生きる孤児のアニーが、大富豪の男性と出会ったことで運命を切り開いていく姿を描く、丸美屋食品ミュージカル「アニー」が4月24日から開幕する。2020年は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて全公演が中止となった本作だが、今回は公演シーンを厳選し、内容を凝縮した特別バージョンで、20年とほぼ同じメンバーで上演される。17年の公演に続き、ハニガン役を演じるマルシアに、今回の公演の見どころや意気込みを聞いた。

ハニガン役のマルシア

-去年は、稽古が半分ほど進んだときに公演中止が決まったと聞きました。

 そうですね、子役の子どもたちに会って、振り付けの稽古もスタートして、これからというときに突然中止が決まってしまったので、悲しくて寂しかったです。でも、何よりも、子どもたちがつらいだろうなと思いました。私たち大人は(この状況に)理解がある部分もありますが、子どもたちは頑張って何千人というオーディションで勝ち取ったものが、一瞬にしてなくなってしまったので、どれほどつらいことだっただろうと胸が痛みました。

-そうした状況だったからこそ、今回、改めて上演が決定したことは非常にうれしかったのではないですか。

 はい。特に子どもたちは、ぜひ同じメンバーでと願っていたところだったので、ほとんど同じメンバーで上演できることがすごくうれしかったです。やはり、子どもたちにとっての1年はとても大きいので、見た目的にも精神的にも大きく成長しているでしょうから、それがどう演技に変化をもたらすのか、皆さんの新しい演技を私も楽しみにしています。

-今回は、特別バージョンでの上演ということですが、通常のバージョンとはどういった違いがあるのですか。

 これまでは、2部制になっていて、途中に休憩もありましたが、今回は休憩をなくし、内容を凝縮してお届けします。通常バージョンに比べるとかなり展開が早いと思います。普段は歩いているところをマラソン状態でストーリーが進んでいきますので、お客さまも注意して、集中して見ていただければありがたいです。それから、一番違うのはエンディングです。終わり方はまったく違いますので、私もびっくりしました。

-では、また新たな気持ちで見られそうですね。

 そうですね。アニーファンの方には、毎年ご覧になるという方も多いと思いますが、今年はまた違った楽しみ方ができるかと思います。

-ハニガン役は、17年以来となります。マルシアさんから見て、ハニガンはどんな女性ですか。

 いわゆるヒールという役どころですが、私はハニガンは決してヒールだとは思いません。この作品の舞台となっている1930年代は世界中が荒れていた時期で、そんな時期に、彼女はやむなく孤児院の院長になって、やむなく子どもの世話をしています。独身女性が子どもたちの世話をするのは大変なことです。それに、細かいところまで見ていただけると分かると思いますが、実は子どもたちからもいろいろとやられているんです。だからハニガンはああなっているんだと思います。

-そんなハニガンをどう演じたいですか。

 (取材当時は)まだ本格的なお稽古前ですが、2017年に一度演じているので、今も私の細胞の中にはハニガンがいます。ですから、最初に作ったハニガンをベースに、皆さんとの演技の中で今回も作り上げていきたいと思います。

-昨年、この「アニー」が公演中止になったこともそうですが、まだまだ新型コロナウイルスは舞台業界に大きな影響を与えています。マルシアさんは、コロナ禍でのこの1年、舞台について、演じることについて、どんなことを考えていましたか。

 当たり前のように仕事をしてきたので、それがなくなったらどうしようと悩んだこともございますけれども、それよりも健康を大事にしなければいけないと思いますし、次にまた仕事が動き始めたときに、いい仕事ができるようにと考えてこの1年は過ごしてきました。もちろん、そこには戸惑いもありましたが、(舞台業界の現状を)受け入れるしかないものだと思います。目の前のことだけを見て、「私だけが」という考えになりがちですが、世界中の皆さんが同じ思いを抱えていらっしゃることです。これは、みんなで受け入れるしかない。その上で、それぞれの考え方を持って、今できることをするというプラス思考に考えていければと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「PARTY」 “未来に向けた新たな挑戦”で鈴木瑛美子&加藤和樹&伊礼彼方の歌声が響く

舞台・ミュージカル2021年5月11日

 ホリプロが日本から世界に向けたオリジナルミュージカルの創作を目指して始動した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」。数多くの応募の中から、脚本部門の作品が選出され、その脚本を使って新作ミュージカルのパイロット版「PARTY」が制作さ … 続きを読む

【インタビュー】映画『くれなずめ』若葉竜也「言語化できないものでつながることがあると感じた瞬間があった」

映画2021年5月11日

 高校時代の帰宅部仲間の6人が、友人の結婚式で久しぶりに再会する。だが彼らは、二次会までの3時間の間に、目を背けていた友の死と向き合うことになる。松居大悟監督の青春群像劇『くれなずめ』が、5月12日(水)から、テアトル新宿ほかで公開される。 … 続きを読む

「渋沢栄一と土方歳三、一見絡みそうにない2人がどう絡んでいくのかが見どころです」町田啓太(土方歳三)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年5月9日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。舞台が京の街に移り、5月9日放送の第十三回からはついに新選組副長・土方歳三が登場。以後、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、栄一のいとこ・渋沢喜作(高良健吾)と交流を深めていくことになる。演じるのは … 続きを読む

「一橋家臣編」スタート!「これから、栄一の人生のステージは目まぐるしく変わっていきます」黒崎博(チーフ演出)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年5月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。前回で主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の故郷・血洗島を主な舞台にした「血洗島・青春編」が終了し、5月9日放送の第十三回から新たに「一橋家臣編」がスタートする。栄一はこれからどうなっていくのか。チーフ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「半径5メートル」芳根京子「24歳でこの作品と出会って、人間として知るべきことに気付くことができた」

ドラマ2021年5月7日

 芳根京子が主演するドラマ10「半径5メートル(NHK総合 毎週金曜午後10時~)」の放送が、4月30日にスタートした。本作は、週刊誌「女性ライフ」の編集者・前田風未香(芳根)が、芸能ゴシップを追い掛ける「一折(いちおり)」班から、生活情報 … 続きを読む

amazon

page top