【インタビュー】「笑ゥせぇるすまん」THE STAGE 佐藤流司&演出・小林顕作「これが僕の提示する『笑ゥせぇるすまん』」“等身大”で演じる新たな喪黒福造

2021年3月20日 / 08:00

 藤子不二雄(A)原作のブラックユーモア漫画「笑ゥせぇるすまん」を舞台化した「笑ゥせぇるすまん」THE STAGE。2020年の4~5月に上演予定だった本作だが、新型コロナウイルスの影響を受けて全公演が中止となり、改めて3月26日から上演される。喪黒福造を演じる佐藤流司と演出の小林顕作に、公演への思いや見どころを聞いた。(※藤子不二雄(A)の(A)は、正しくは丸囲みのA)

喪黒福造役の佐藤流司

-2020年の公演のときには、稽古もほとんどできないまま上演中止が決まったそうですね。これからという段階での中止は複雑な思いもあったのではないですか。

小林 本読みを1回しただけだったので、実はそれほど悔しいという思いはなかったんです。もし、作り込んでからの中止だったら、その方が僕を含めてみんなのショックは大きかったんじゃないかなと思います。幸いにも早い段階での中止決定でしたので、僕はみんなに「ぬか床につけましょうよ」とメールを送り、「漬物にしたらもっとおいしくなる」という考えにしてしまった方がいいと思いました。

佐藤 (中止の話を聞いたのは)まさに寝耳に水でした。悔しいとか悲しいよりも「あれ?」という感じでした(笑)。

-では、今回、再演が決まって「次こそは!」というよりも、やっとスタートするという感じですか。

小林 「ああ、漬けといたやつ、やるんだ」という感じです。続いていたものを断念したという挫折感があったわけではないですから。ただ、昨年作り上げた台本だったので、若干、セピア色に見えました。「漬かってるな、懐かしい曲だな」って不思議な感覚にはなりました。

佐藤 セピア色に見えたからなのか、それとは関係がないのかは分かりませんが、大筋のストーリー以外の小ネタは、ほぼほぼ全替えですからね、台本(笑)。顕作さんの思いつきで出来上がっているというか。

小林 作りながら僕の気持ちがどんどん変わっていっているので、ギャグシーンなどは全部カットして、新たに僕が作っています。

-そもそも「笑ゥせぇるすまん」の舞台化が発表された当時、舞台化しにくい作品なのではないかと驚いたのですが、最初に本作の話を聞いたときはどう感じましたか。

佐藤 俺としては、舞台化できるかとか、しづらいかとかは俺が考えることではないので、単純に面白そうと思いました。

小林 僕はびっくりしましたね。でも、喪黒福造を流司にやらせるというのは面白いと思いました。原作は、ブラックユーモアが効いた作品なので、その観点からいくと流司はぴったりだと思ったんです。あとはビジュアルですが、全く違うビジュアルなのに、出来上がったものは「笑ゥせぇるすまん」になっているという作品を作るのは演出家として面白いと思ったので、僕はそこに興味が湧きました。

-昨年、佐藤さんに本作についてインタビューした際には、「ビジュアルはスタイリッシュに、お芝居は原作に忠実にやりたい」とお話しされていましたが、実際に今は、喪黒福造をどのように作り上げていますか。

佐藤 その記事、まだ残っていたら消しておいてください(笑)。今は、喪黒福造という名前を借りて俺が芝居しています。寄せにいっていないので、新しいものになっていると思います。

-演じる上では、どのようなところを意識していますか。

佐藤 自然体でいようと思っています。作り込んだりせずに、「喪黒福造(26)」という感じです。他のキャストさんは、皆さんリーサルウェポンみたいな方ばかりなんですよ。たいてい、一つの作品に1人ぐらいは飛び道具的な存在の方がいらっしゃいますが、今回は、ほとんど全員がそういう方なんです(笑)。

小林 確かに、みんなキャラが濃い。なので、最終的に、流司が演じている喪黒さんが一番まともな人に見えます。

-小林さんから見た佐藤さんの俳優としての魅力は?

小林 流司の「明日辞めてもいい」という感覚で生きている感じがすごく好きです。それは何にも代え難いものなので、それを大切にしたいと思って、今、演出しています。役を作り込まないでほしいし、演じるごとに芝居が変わってしまっていてもいいと思っています。なので、こうしてほしいという指示はほとんどしていないです。僕は、流司にはきっちり、かっちりやる俳優さんになってほしくないという気持ちがあるんだと思います。日本一適当な俳優さんでいてほしいです(笑)。

-では、改めて本作の見どころは?

佐藤 前半は、お客さんも体力勝負のところがあるので、観劇の前日には睡眠をしっかり取らないと死んでしまう可能性が…。

小林 そんなショッキングな作品になってる(笑)?

佐藤 (笑)。笑いっ放しなので体力も使いますし、展開も早いので、集中できる環境で見ていただけるといいと思います。後半はなぜか分からないけど泣ける。舞台としてすごくいい作品になっていると思います。

小林 今回は、5話からなるオムニバスなので、茶の間でテレビを見るような感覚で、気楽な気分で見ていただきたいです。ショッキングな作品になっていると言われていますが(笑)、嫌なことを忘れて帰っていただけるような作品になればと僕は思っています。そのためにも役者が頑張らないと喜んでもらえないと思うので、今は、どうしたら彼らが一番すてきに面白く見えるのかということばかり考えています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「歌子らしく歌えるように心掛けています」初めての朝ドラでヒロインの妹を好演 上白石萌歌(比嘉歌子)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、内気で病弱だが、心優しく歌が大好きな暢子の妹・比嘉歌子を演じてい … 続きを読む

頼朝死す! 激動の鎌倉幕府!「義時がこの後どうなっていくのか、僕にも分かりません」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日に放送された第26回「悲しむ前に」では、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)の死と、それによって揺れ動く幕府内の騒動が描かれた。これから物語はどうなっていくのか。今後の展望も交えつつ、脚 … 続きを読む

話題を集めた頼朝役を終えて「三谷さんには感謝しかないです」大泉洋(源頼朝)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年7月3日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月3日放送の第26回「悲しむ前に」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、ここまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)がついにこの世を去った。今までの頼朝像を覆す斬新なキ … 続きを読む

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第25回「天が望んだ男」死期迫る頼朝の陰に隠れた女たちの火花散る戦いの予感

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、死が近づく源頼朝(大泉洋)の姿が描かれた。脚本の三谷幸喜はこの回について、インタビューで「厳かに頼朝をみとるような回」と語っていたが、随所に … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top