「泥くさく生き抜く渋沢栄一の強さを見てほしい」吉沢亮(渋沢栄一)【「青天を衝け」インタビュー】

2021年2月27日 / 12:00

 2月14日の放送スタート以来、好調な滑り出しを見せるNHKの大河ドラマ「青天を衝け」。幕末から昭和にかけ、最後の将軍・徳川慶喜に仕えた後、実業家として500を超える企業に携わった“日本資本主義の父”渋沢栄一の激動の生涯を描く物語だ。主演を務めるのは、連続テレビ小説「なつぞら」(19)などで注目を集めた吉沢亮。渋沢栄一の印象や主演を務める意気込みなどを語ってくれた。

渋沢栄一役の吉沢亮

-激動の幕末から昭和までを生き抜いた渋沢栄一を演じる意気込みをお聞かせください。

 他の大河ドラマの主人公のように、散り際の潔さやはかなさといった派手な部分はありませんが、泥くさく生き抜く強さや生命力が渋沢さんの大きな魅力です。だから、そういう部分を今の人たちに見てほしいですし、それきちんと伝えられる大河になればいいな…と思っています。

-演じる上で、こだわっている部分は?

 幕末から明治に変わる瞬間は、ものすごい価値観の変化があったはずです。でも、それを素直に受け入れられるかというと、なかなか難しいと思うんです。そんな状況の中でも、渋沢栄一という人は、パリで日本と全く違う文化を目の当たりにして、それをいち早く日本に取り入れようと、誰よりも早くまげを切り、洋風の髪形に変えた。そういう柔軟さや、正しいものを正しいと言える強さは、演じる上でこだわっていきたいです。

-渋沢栄一のどんなところにすごさを感じていますか。

 たくさんありますが、台本や資料などを読んで特に印象的だったのは、尊王攘夷運動など、当時のはやりに対して、のめり込みながらも、やや俯瞰で見ているところです。自ら腹を切った方が勇ましい、みたいな雰囲気がある中で、「自ら命を絶っても、世の役には立たない」と、冷静な見方をしている。ある意味、現代人に近い命の価値観ですよね。そういう考え方は、当時としては珍しかったでしょうし、だからこそ生き延びられたんだと思います。

-実際に演じてみて、渋沢栄一という人物の捉え方が変わった部分はありますか。

 撮影前に、史料を読んだり、そろばんや剣術の練習をしたり、演じる上で必要な準備はいろいろとやりました。その時点では、道徳を大事にし、身分による格差に憤りを感じたからこそ、「身分に関係なく、優秀な人をきちんと評価すべき」という思いを持って生きてきた男、という印象が強かったんです。でも、実際に演じてみると、そこから外れる瞬間も多々あって。それがすごく人間くさくていいなと。ある意味、キャラクターとしての捉え方ではなく、「人としての揺らぎ」みたいなものを大切に演じていかなければと改めて思いました。

-「近代日本の礎を築いた人」という側面だけでなく、人間味も出していきたいと?

 もちろん、渋沢さんの功績を描く部分はたくさんあるんですけど、そこに至るまでの揺らぎみたいなものも、きちんと出していきたいなと。やっぱり人間ですから、「こうでなければいけない」みたいなものはないと思うので、自由に演じていきたいです。

-そういう意味で、渋沢栄一の人間味を特に感じたエピソードはありますか。

 第五回に「お姉さんがキツネにつかれた」と言って、修験者を家に呼び、おはらいをしてもらう、というシーンがあります。でも、そこで適当なことを言う修験者たちを、栄一がいろんな方向から問い詰めて、結局追い返してしまうんです。そのやり取りが面白くて、すごく栄一っぽいなと。実際にあった話だそうなので、そこはぜひ見てもらいたいです。

-第一回の冒頭、栄一と深くかかわっていく徳川慶喜との出会いのシーンは印象的でした。慶喜役の草なぎ剛さんの印象は?

 草なぎさんとの共演は、今のところあのシーンだけですが、それでも、存在感や声を発したときの強さみたいなものが、ビシビシと伝わってきました。僕が一方的に、慶喜に思いをまくし立てるシーンでしたが、「草なぎさんのパワーに負けられない」という気持ちで、熱量も上がりましたし、いいシーンになったと思っています。共演するシーンはまだたくさんあるので、これからが楽しみです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」田辺誠一 主演の吉沢亮を絶賛「役者としての引き出しがすごい」

ドラマ2021年4月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)のいとこであり、学問や剣術の師でもある尾高惇忠を演じる田辺誠一が、コメントを発表した。 … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」小林薫「吉沢さんからは新世代の“気”を感じています」

ドラマ2021年4月7日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)の父・市郎右衛門を演じている小林薫が、コメントを発表した。  市郎右衛門は、骨身を惜し … 続きを読む

amazon

page top