ついに桶狭間の戦いへ!「雨上がりでぬかるんだ土の中、必死に戦いました」染谷将太(織田信長)、「殺陣のシーンで“力強い義元”の真骨頂を表現」片岡愛之助(今川義元)ほか【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年6月6日 / 13:55

-それぞれの考える第二十一回の見どころは?

愛之助 “信長と義元の駆け引き”が一番の見どころだと思います。圧倒的に有利な状況で着々と織田方の城を落としていく義元は順調そのもの。信長が突いてくるのはまさにそこで、少数精鋭で今川本陣を攻めてきます。結末は分かっている桶狭間の戦いですが、それがどのように描かれるのか、楽しんでいただければ。また、義元をはじめ、今川軍と織田軍の迫力ある殺陣のシーンにもぜひご注目ください。

山口 朝比奈は、ドラマの中では本陣の義元の目の前にいますが、史実では戦地におらず、後になって義元の死を聞いて後悔したという逸話が印象に残っています。そんな朝比奈の無念さを頭の片隅に置き、義元にそういう思いで忠義を尽くせたらと思いながら演じました。

染谷 信長は、「今川を討ち取ってみんなを喜ばせたい!」という思いで、そのためなら死ぬことも恐れません。そのピュアさが信長の強さでもありますが、同時に恐ろしさも感じました。そういう意味で、戦に向かう興奮や戦に生きる喜びなど、信長のさまざまな感情が見え隠れする回になっていると思います。また、一人一人の覚悟も丁寧に描かれた桶狭間の戦いになっているはずです。そして、戦いの後、光秀と信長が何を話すのか。そこにもぜひ注目してください。

 次週からいったん、放送休止に入る「麒麟がくる」。その直前の大きな山場となる“桶狭間の戦い”を描く第二十一回は、絶対に見逃せない。

(取材・文/井上健一)

今川義元役の片岡愛之助

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

-杉野さんと向井さんは初共演となりますが、ドラマに入る前の印象と会ってみて印象が変化したことはありますか。また、皆さんの撮影現場での様子を教えてください。 杉野 向井さんは、よくしゃべる方だなと思いました(笑)。以前バラエティー番組で拝見し … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

-それはなぜですか。  タカヒロは今時のキャスティングだとイケメンばっかりなんです。「EXILEでどうですか」って写真まで見せられました(笑)。でも、タカヒロはちょっと天然で、救いになるような役です。ちゃんと生きた男の人にしたかったんです。 … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『お母さんが一緒』(7月12日公開)  親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた三姉妹。長女・弥生(江口のりこ)は美人姉妹といわれる妹たちにコンプレックスを持ち、次女・愛美(内田慈)は優等生の長女と比べられたせいで能力を発揮できなかった恨 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

-この作品と向き合うことで、石丸さんご自身も年齢の重ね方やこの先について、考えが変わりましたか。  僕にとってこの作品は“テキスト”でもあります。これから、自分はどう生きたらいいのか。何を持って生きていけば自分が輝くのか。そうしたことを見せ … 続きを読む

Willfriends

page top