光秀との初対面は「謎の高揚感がありました(笑)」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年5月17日 / 08:30

 斎藤道三(本木雅弘)が壮絶な最期を遂げ、物語が一つの区切りを迎えた大河ドラマ「麒麟がくる」。5月17日放送の第十八回からは主な舞台が越前に移り、戦国大名・朝倉義景が新たに登場する。演じるのは、これが大河ドラマ初出演となるユースケ・サンタマリア。放送を前にコメントを発表し、意気込みなどを語ってくれた。

朝倉義景役のユースケ・サンタマリア

 朝倉義景は、斎藤高政(伊藤英明)の手を逃れた明智光秀(長谷川博己)が入った越前を支配する戦国大名。室町幕府からの名家で、一乗谷を中心に“小京都”とも言うべき美しく豊かな国・越前を思うままに営んでいる。京とは距離を置いて付き合い、幕府と懇意な光秀をいいように利用するという一癖ある役柄だ。

 時代劇の経験が少ないユースケは、演じる上で所作などをきちんと身に付けようと、まず監督に相談したという。ところが監督からは「所作などは考えず、人物像も調べないで、いつものユースケさんでやってほしい」との答えが返ってきたという。

 そのため「その言葉を受け取って、ほとんど前知識を入れずに手探り状態で撮影に臨んでいます」とのこと。それが功を奏したのか、撮影時には「監督からは『その迷っている感じがいい』と言われ、根拠のない自信がつきました(笑)」と語っており、ユースケの持ち味が存分に発揮された義景となりそうだ。

 ユースケは「朝倉義景は、ここまでの登場人物にはいなかったキャラクターで、一癖も二癖もあるつかみどころのない戦国大名ですが、演じていく中でどんどん愛着が湧いています」と手応えを感じている様子。

 また、光秀との初対面については、場面に関する具体的な言及はないものの、「初日に撮影しましたが、『面(おもて)を上げよ』というせりふは、これまた謎の高揚感がありました(笑)」と満足そう。2人の初対面がどんなふうに仕上がっているのか、楽しみだ。

 さらに「『麒麟がくる』の中では、朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています。ぜひお楽しみに!」と意気込みを語り、コメントを締めくくった。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】「エール」古山裕一のモデル、古関裕而が鎮魂の思いを込めた「モスラの歌」

映画2020年5月28日

 放送中のNHK連続テレビ小説「エール」で窪田正孝が演じている主人公・古山裕一のモデルは、さまざまなジャンルで名曲を残した作曲家の古関裕而だ。  特に、早稲田大学の「紺碧(こんぺき)の空」、慶応義塾大学の「我ら覇者」、阪神タイガースの「六甲 … 続きを読む

【芸能コラム】藤井流星&神山智洋が送る“癒やしドラマ” 笑えて泣けて最後はほっこり「正しいロックバンドの作り方」

ドラマ2020年5月25日

 ジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋がW主演するドラマ「正しいロックバンドの作り方」(日本テレビ系/毎週月曜24時59分)が「笑えて泣ける」と視聴者から高い評価を得ている。深夜枠ながら、話数を重ねるごとに好評を博している本作の魅力を探っ … 続きを読む

息子を失った母の心情を告白「途中で呼吸ができなくなるほど、つらいシーンになりました」檀れい(土田御前)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年5月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。第十八回で織田信長(染谷将太)が弟・信勝(木村了)を暗殺し、続く5月24日放送の第十九回では、それを知った母・土田御前が、悲しみを爆発させる一幕が見られた。土田御前を演じる檀れいが、その場面に … 続きを読む

【芸能コラム】朝ドラ「エール」 ファン歓喜! 豪華ミュージカルスターが数珠つなぎ出演

ドラマ2020年5月24日

 昭和を代表する作曲家・古関裕而と声楽家で妻の金子をモデルに、音楽の力で人々の心を勇気づける夫婦の物語を描く連続テレビ小説「エール」。音楽をモチーフにしたドラマだけあり、続々と登場するミュージカルスターに、ファンの間には歓喜の輪が広がってい … 続きを読む

【芸能コラム】現実のコロナ禍と奇妙なシンクロ 現在放送中のドラマ「隕石家族」が話題!

ドラマ2020年5月23日

 2020年、人類滅亡説を唱える人が出るほどの強力な感染力を持つ新型コロナウイルスにより、世界中がパニックに陥る中、地球滅亡の危機にさらされるもう一つの世界があった。それが、ドラマ「隕石家族」(フジテレビ系/毎週土曜午後11時40分放送)。 … 続きを読む

page top