【芸能コラム】主君・斎藤道三の最期に駆け付けた光秀が口にしたキーワード 「麒麟がくる」の根底にあるテーマとは?

2020年5月16日 / 06:00

 5月10日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」第十七回「長良川の対決」は、斎藤道三(本木雅弘)と息子の高政(伊藤英明)が“長良川の戦い”で激突、道三が壮絶な最期を遂げるなど、見どころ満載のエピソードだった。だが、実はこの回で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の口から、今後の行方を占う重要なキーワードが飛び出していたことをご存じだろうか。

「麒麟がくる」第十七回「長良川の対決」より

 そのヒントとなる言葉が、放送前にリリースされた制作統括・落合将氏のコメントにあった。

 「道三の死後、駆け付けた光秀は、高政に向かって、道三にはあって高政にはないものが何かを彼に問い掛けます。その言葉がこのドラマのテーマにもなっています」

 実際にこの場面、光秀はなんと言ったのか。そのせりふを放送された本編から引用してみる。

 「わしは、土岐頼芸様にお会いして、一度たりとも立派なお方と思うたことはない。しかし、道三様は立派な主君であった。己への誇りがおありであった。揺るぎなき誇りだ。土岐様にもおぬしにもないものだ」

 つまり、ここで語られた本作のテーマとは、「誇り」ということになる。では、道三の「誇り」とは何だったのか。それを象徴するのが第十六回「大きな国」で、高政との戦いを決意した道三が、最後に光秀と会った際に語った次の言葉だ。

 「高政は人をあざむき、自らを飾ろうとしたのだ。十兵衛(=光秀)、人の上に立つ者は、正直でなくてはならぬ。偽りを申す者は、必ず人を欺く。そして国を欺く。決して国は穏やかにならぬ。わしはケチだが、それをわしは隠したことはない。そうは思わぬか」

 油売りから成り上がった父を持ち、その血を引く自分自身もケチであると公言した上で、国を豊かにすることを第一に考え、そのために敵対していた尾張とも同盟を結んだ道三。これに対して、自らの地位を守ることに固執した高政は、「父親は(道三ではなく、源氏の血を引く)土岐頼芸様」と偽り、権威を高めようとした。そこに、道三と高政の大きな違いがある。

 「誇り」または「誇る」の意味を調べると、「名誉に思うこと」「得意になる」などと書かれている。「自信を持つ」とも言い換えられるだろうか。道三の「誇り」が「正直であること」ならば、「自分を偽る」ことは「誇りがない」、すなわち「自分自身を恥じている。自信がない」ということになる。そんな高政には、国を治めることはできない。光秀が高政に向けて放った言葉には、そういう思いが込められていたのではないだろうか。

 
  • 1
  • 2

page top