【インタビュー】ドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』武田玲奈 「品川ヒロシ監督らしい今までにないグルメドラマができました」

2020年5月14日 / 06:00

 蝉川夏哉の小説を原作にした異色のグルメドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』が、5月15日深夜0時からWOWOWで放送スタートとなる(第1回無料放送)。コミックやアニメも人気を集め、累計300万部を超える大ヒットシリーズを、『ドロップ』(08)の品川ヒロシ監督の下、連続ドラマ化。舞台は、なぜか中世ヨーロッパ風の異世界アイテーリアにつながってしまった京都の居酒屋「のぶ」。この店の大将の矢澤信之(大谷亮平)と看板娘・千家しのぶが、日本料理を初めて目にする異世界の住人たちを相手に繰り広げる温かな人間ドラマだ。放送を前に、しのぶ役の武田玲奈が、作品の見どころを語ってくれた。

武田玲奈

-ユニークな世界観の作品ですが、オファーを受けたときの印象は?

 お話を頂いてから、「異世界の人が来る居酒屋って、どんな話なんだろう…?」と思いながら原作と漫画やアニメを見ました。そうしたら、異世界のお客さんたちが、日本の料理を見て驚く様子が新鮮で、「確かに、異世界の人にとっては不思議なものに見えるんだろうな…」と。でも、作中に登場する生ビールやお料理が、本当においしそうだったんです。漫画やアニメでもおなかが空いて、喉が渇くほどなので、それを実写にしたら、さらにそういう気持ちが増すんだろうな…と楽しみになりました。

-今まで見たことのないタイプのドラマですが、見どころは?

 出てくる料理は、家庭的なものが多く、私たちには見慣れたものばかりです。でも、それを知らない異世界の人たちには「すごい料理」に見えるんです。例えば、鶏の唐揚げは私たちにとってはありふれたものですけど、「鶏肉なんて、古くて硬くて、おいしくない」と思っていた異世界の人たちは、柔らかい鶏の唐揚げに驚く。そんなふうに「こんなところに驚くんだ!?」という発見が毎回あって、今まで当たり前だと思っていた料理が当たり前じゃないんだな…と。そういう魅力に改めて気付かせてくれるところが、面白いですよね。

-そういう異世界の人たちの反応の中で、印象的だったものは?

 枝豆も衝撃的でした。枝豆を見て「皮がついたままなんて、手抜きだ」と言うんです。確かに、何も知らなかったら、ただの手抜き料理と思われるかもしれませんよね。今まで、自分で皮をプチッとむくのが当たり前だと思っていましたけど、何も知らない人にとっては、そうじゃないんだな…と。ただ、毎回お客さん役で来られる方のそういうリアクションが個性的で面白いので、現場では笑いをこらえるのが大変でした(笑)。

-毎回出てくる料理がおいしそうですね。

 そうなんです。ウナギはちゃんとプロの職人の方が焼いてくれました。ただ、私はあまり食べるシーンがないので、食べられる皆さんがうらやましくて…。だから、合間にいろんなものを少しずつつまみ食いしていました(笑)。すごくおいしかったです。

-そんなにおいしそうな料理を見ていると、酒が飲みたくなりそうですが…。

 私は毎回、ビールを運ぶシーンがあるのですが、ビールサーバーからジョッキに注ぐのは本物なんです。皆さんがすごくおいしそうに飲んでいて…。それを見ていたら、私も「早く家に帰って飲みたいな…」という気持ちになりました(笑)。セットも本物の居酒屋みたいに細部までこだわっていて、「品川」や「しのぶ」という名前の架空のお酒も置いてあるので、ぜひ探してみてください。

-しのぶを演じる上で心掛けたことは?

 しのぶは普通の日本人です。監督からは「ナチュラルに」と言われていたので、現場に置いてあった原作や漫画を参考にしつつ、自然に演じることを心掛けました。とはいえ、京都の料亭の娘なので、“厳しく育てられた感”や“芯の強さ”みたいなものはきっちり出したいと思っていました。ただ、異世界の住人の方たちにはせりふがあり、大将には料理がありますが、私のお芝居については、台本にあまり具体的なことが書かれていないことが多かったんです。だから毎回、監督や助監督と話し合って、お皿を片付けたりするお芝居を自分で作っていきました。実は昔、居酒屋でアルバイトしたことがあるので、今回はその経験が役に立ちました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top