大河ドラマ「麒麟がくる」斎藤道三役の本木雅弘 「道三の最期を静かに見届けてください」

2020年5月10日 / 08:10

斎藤道三役の本木雅弘

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月10日放送の第十七回「長良川の対決」では、斎藤道三と息子・高政(伊藤英明)が激突する“長良川の戦い”が描かれ、ここまでドラマを盛り上げてきた道三がついに最期を迎える。これに先立ち、道三役の本木雅弘がコメントを発表した。

 まず、本木は「現代もまさに先行きの読めない世の中になっておりますが、親子で命を奪い合うのも日常だった戦国の世の精神生活は、この現在とまた別の過酷さを感じます」と前置きした上で、戦国大名の宿命について「あの時代は、その家がどのように存続していくかが最重要。城主ともなれば、そのプレッシャーと向き合うことが人生そのもの」と語る。

 その言葉を踏まえて、「それ故、道三と高政がそうであるように、家督を譲るとともに、志を受け渡す過程で父子は必要以上の試練を共有する…。道三と高政親子の間にあるものは、単なる愛憎とは違う次元のものなのかもしれません…。武士としての覇気も、誇りも、おごりも、愚かさも、むなしさも自我の中に飲み込んで、また吐き出してぶつかり合う…」と表現した。

 そんな道三を演じた胸中については「実のところ、演じている最中は、道三の熱情をどこに向けていくのか自分でも収拾がつかずにいました…」と告白。この点については、視聴者の反応が気になるらしく、「皆さんにはどのように映るでしょうか…」と語り、「道三の最期を静かに見届けてください」と締めくくった。

 一方、制作統括を務める落合将氏は「当時の武士の生きざまそのものを、本木さんはこの数回で体現してくれたと思います」と絶賛。さらに「『いつ死ぬかもしれないから、現在の日常や世界にあふれる美を日々愛する』。思えば本木さんはその緊張感を第一回から意識的に放っておられたようでした』と言葉を続けた。

 最後に、落合氏は第十七回の見どころについて「道三の死後、駆け付けた光秀は、高政に向かって、道三にはあって高政にはないものが何かを彼に問い掛けます。その言葉がこのドラマのテーマにもなっています」と補足し、「全編見どころの十七回を楽しんでいただけたら」と呼び掛けた。「麒麟がくる」前半のクライマックスとなる第十七回「長良川の対決」に注目だ。


芸能ニュースNEWS

北村匠海、10年後の自分を熱く語る 吉沢亮「学生に戻ったらバンドをやりたい」

映画2021年5月11日

 映画『東京リベンジャーズ』おうちでプレミアムナイトが10日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮と英勉監督が登壇した。  本作は、さえないフリーター … 続きを読む

「イチケイのカラス」窃盗犯役でバカリズムが登場 「得体の知れない人物は彼の真骨頂」

ドラマ2021年5月11日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第6話が、10日に放送された。  入間(竹野内)は、草野球のメンバーたちと飲んでいるときに、坂間(黒木華)と日高(草刈民代)に遭遇する。  入間は日高に、志摩総一郎(羽場裕一) … 続きを読む

「ドラゴン桜」“桜木”阿部寛の長ぜりふに反響 「『ばかとブスこそ東大に行け!』にしびれた」

ドラマ2021年5月10日

 阿部寛が主演するドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の第3話が、9日に放送された。  本作は、低偏差値の私立龍山高校にやってきた伝説の弁護士・桜木建二(阿部)が、生徒たちを東大に合格させるべく奮闘する姿を描いたドラマ「ドラゴン桜」(2005) … 続きを読む

森崎ウィンと高橋颯が真っ赤なヒール姿を披露 「めちゃめちゃ足が痛いです」

舞台・ミュージカル2021年5月10日

 ミュージカル「ジェイミー」のスペシャル歌唱パフォーマンスが9日、東京都内で行われ、出演者の森崎ウィン、高橋颯ほかが出演した。  本作は、英BBCで放送された実話に基づいたイギリス発の大ヒットミュージカルで、ドラァグクイーンになることを夢見 … 続きを読む

「ネメシス」“風真”櫻井翔の「魅力が堪能できる」  20年前の事件にも新たな動き

ドラマ2021年5月10日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の第5話が、9日に放送された。  ある日、美神アンナ(広瀬)の下に、料理店、Dr.ハオツーの料理人・リュウ楊一(加藤諒)から、ブランド養殖魚“天狗サーモン”を扱っていた天久潮(渡 … 続きを読む

amazon

page top