大河ドラマ「麒麟がくる」斎藤道三役の本木雅弘 「道三の最期を静かに見届けてください」

2020年5月10日 / 08:10

斎藤道三役の本木雅弘

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月10日放送の第十七回「長良川の対決」では、斎藤道三と息子・高政(伊藤英明)が激突する“長良川の戦い”が描かれ、ここまでドラマを盛り上げてきた道三がついに最期を迎える。これに先立ち、道三役の本木雅弘がコメントを発表した。

 まず、本木は「現代もまさに先行きの読めない世の中になっておりますが、親子で命を奪い合うのも日常だった戦国の世の精神生活は、この現在とまた別の過酷さを感じます」と前置きした上で、戦国大名の宿命について「あの時代は、その家がどのように存続していくかが最重要。城主ともなれば、そのプレッシャーと向き合うことが人生そのもの」と語る。

 その言葉を踏まえて、「それ故、道三と高政がそうであるように、家督を譲るとともに、志を受け渡す過程で父子は必要以上の試練を共有する…。道三と高政親子の間にあるものは、単なる愛憎とは違う次元のものなのかもしれません…。武士としての覇気も、誇りも、おごりも、愚かさも、むなしさも自我の中に飲み込んで、また吐き出してぶつかり合う…」と表現した。

 そんな道三を演じた胸中については「実のところ、演じている最中は、道三の熱情をどこに向けていくのか自分でも収拾がつかずにいました…」と告白。この点については、視聴者の反応が気になるらしく、「皆さんにはどのように映るでしょうか…」と語り、「道三の最期を静かに見届けてください」と締めくくった。

 一方、制作統括を務める落合将氏は「当時の武士の生きざまそのものを、本木さんはこの数回で体現してくれたと思います」と絶賛。さらに「『いつ死ぬかもしれないから、現在の日常や世界にあふれる美を日々愛する』。思えば本木さんはその緊張感を第一回から意識的に放っておられたようでした』と言葉を続けた。

 最後に、落合氏は第十七回の見どころについて「道三の死後、駆け付けた光秀は、高政に向かって、道三にはあって高政にはないものが何かを彼に問い掛けます。その言葉がこのドラマのテーマにもなっています」と補足し、「全編見どころの十七回を楽しんでいただけたら」と呼び掛けた。「麒麟がくる」前半のクライマックスとなる第十七回「長良川の対決」に注目だ。


芸能ニュースNEWS

「麒麟がくる」今川義元の家臣・朝比奈親徳役で山口馬木也が登場 「(義元役の)片岡愛之助さんはとてもフレンドリーで、お仕えするに当たって申し分なかったです」

ドラマ2020年5月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月31日放送の第二十回から、戦国大名・今川義元の家臣・朝比奈親徳が登場する。演じる山口馬木也が、放送を前にコメントを発表した。  2013年の「八重の桜」で榎本武揚を演じて以来の大河ドラマへ … 続きを読む

安めぐみ「娘が好きな男の子の話をすると夫が不機嫌になる」 松本人志「分かるわ~」

テレビ2020年5月30日

 ダウンタウンの松本人志と浜田雅功、安めぐみ、立川志らくほかが29日放送のバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、新企画として番組史上初となる「リモート飲み会」を開催。お笑いコンビ・Take2の東貴博と … 続きを読む

「家政夫のミタゾノ」リモート映像の新作放送 「真の神回だった」

ドラマ2020年5月30日

 松岡昌宏が主演するドラマ「家政夫のミタゾノ」の特別編「家政夫のミタゾノ 特別編~今だから、新作つくらせて頂きました~」(テレビ朝日系)が29日に放送された。  本作は、松岡扮(ふん)する女装家政夫・三田園薫が依頼人の家庭の事情をのぞき見し … 続きを読む

神田愛花、夫・日村勇紀への不満が爆発 「ゲームをしているだけで、ご飯が出てくると思うな」

テレビ2020年5月29日

 フリーアナウンサーの神田愛花が28日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)にゲスト出演。夫でお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀への不満を告白した。  番組では「芸能人のリアルな自粛生活」を特集。司会の浜田雅功(ダウンタ … 続きを読む

伊野尾慧、手越祐也の自粛にコメント 「4人でのライブを見たい」

テレビ2020年5月28日

 情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)が28日、放送され、木曜レギュラーを務めるHey!Say!JUMPの伊野尾慧が出演。緊急事態宣言下で酒席に参加していたとして、26日に芸能活動の自粛が発表されたNEWSの手越祐也について言及した。 … 続きを読む

page top