【インタビュー】舞台「母を逃がす」瀬戸康史&三吉彩花が挑む、内面をえぐる人間ドラマ「『自分らしく生きる』ということを思い出させてくれる作品」

2020年2月28日 / 12:00
 松尾スズキが旗揚げした「大人計画」で1999年に上演した話題作を、ノゾエ征爾の演出で送る「母を逃がす」が5月7日から上演される。本作は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」を舞台に、集落の頭目代行を務める雄介と住民たちが、さまざまな思いを抱えながら“自分にとっての楽園”を模索する姿を描いた作品。ドラマ、映画のみならず、舞台でも高い評価を得ている瀬戸康史、そして、舞台初出演となる三吉彩花が、本作への意気込みを語った。
 

雄介役の瀬戸康史(左)とリク役の三吉彩花(ヘアメイク:CHIHIRO(TRON)/スタイリスト:森保夫(ラインヴァント))

-出演が決まったお気持ちから教えてください。三吉さんは本作が初舞台になりますね。

三吉 決まってしまいました(笑)。舞台はいつかやってみたいという気持ちはあったので断る理由は一つもありませんでしたし、瀬戸さんが座長をされるということも聞いていたので、安心感もあってやってみようと思えました。…でも、今になって腰が引けてきています(笑)。
 
瀬戸 僕は、最初に台本を読ませていただいて、いろいろなところに笑いが散りばめられているけど、笑ったら人としてどうなんだろうと思わせるような内容でもあって…。何とも言えない感情になる作品だと思ったことが強く印象に残っています。僕自身、松尾さんともノゾエさんともご一緒したことがなかったので、そういった意味でも挑戦になるなと感じました。
 

-複雑な心境になる台本ということですが、本作の魅力はどこに感じましたか。

瀬戸 今は、どこかにしがらみがあって、その中で不自由さを感じながら生きていかなくてはならない世の中ですが、それを取り払ってくれるものが、僕たちがやっている表現という世界だと思うんです。こういう世の中だからこそ、われわれが人間である上で忘れてはいけない「自分らしく生きる」ということを思い出させてくれる作品だなと感じました。
 

-三吉さんは台本を読んでどんな感想を持ちましたか。

三吉 最初は、単純に難しかったです。繰り返し読んでいたら、だんだんと、この村の集落で起こっていることや、掲げている理想というのは、意外と単純なことなのかもしれないと解釈するようになってきて、そうすると、私が演じるリクという女の子の生き方やきょうだいとの関係性も見えてきた気がします。リクは、集落の中では誰よりも自由で、自分に対してすごく素直な女の子なので、演じるのが楽しみです。
 

-それぞれ、役を演じる上で、どのようなことを大切にしたいと思っていますか。

三吉 今は、稽古が始まる前にあまり役を作りすぎない方がいいのかなと思っています。ノゾエさんに身を委ね、その場その場で感じたことや生まれた感情を大事にしたいと思っています。
 

-今まで演じてきた役と違って、かなり挑戦的な役ですね。

三吉 そうですね。こういう役は今まで演じたことがないです。それに、ステージの上で生の空気感でお客さんに伝えるということが初めてなので…。客席から見る景色と舞台上から見る景色は全く違うと思うので、怖くもあり、楽しみでもあります。
 

-瀬戸さんは、ご自身が演じる役のどういう部分を大切にしたいと思っていますか。

瀬戸 稽古に入ってみないと分からないことではありますが、雄介と彼の周りにある「常識」が何なのかということを考えながら演じたいです。それから、一見、無意味に見える彼らの行動にも、きっと何かしらの思いがあってのことだと思うので、それは大切にしなければいけないと思っています。
 

-映画やドラマなどの映像と舞台では演じる上で、何か違いはありますか。

瀬戸 舞台の方が制約が少ないという意味では役の表現の可能性は広がりますが、演じる上では特に何かを変えようとは思っていないです。
 

-では、役者として、互いにどのような印象を持っていますか。

瀬戸 三吉は初めて共演したとき、すごく若くて、すごく初々しかったです。今は、いい意味で初々しさはなくなっちゃいましたけど(笑)、女性として大人になったなと思いますし、これまでも何作か共演しているのでやりやすいです。
 
三吉 私にとって瀬戸さんは毎回、安心感を与えてくださる役者さんです。リーダーとして引っ張っていく感じを表に出すわけではないですが、細かいところまで気を使ってくださり、器の大きさを感じます。私を含め、他の役者さんからも慕われる方で、いつも感謝しています。
 

-三吉さんは本作が初舞台ということで、瀬戸さんから何かアドバイスはありますか。

瀬戸 いやいや、僕はもう初舞台の頃のことは忘れちゃっているので、何もアドバイスできることはないですが(笑)。きっと、(三吉は)舞台に立ったら堂々としているんだと思います。僕も、いまだに初日やその前日はドキドキしてしまってどうしようもないですが、丁寧に真摯(しんし)に楽しみながら稽古をすれば、少しずつ自信が付いてくると思いますし、きっと、千秋楽を迎える頃には、舞台の楽しさを感じられると思います。
 

-舞台の前にゲン担ぎはしますか。

瀬戸 舞台の袖で、「笹舟にネガティブな考えを乗せて流す」という想像をしています。これは、絶対にやっています。それをすると落ち着くんです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top