【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」生駒里奈 コンプレックスを強みに変えてくれた一言とは

2020年2月28日 / 12:00
 俳優・脚本家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。本作は、量子力学をテーマに壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーで、四次元世界と超能力を“イリュージョンマジック”で表現する体験型の演劇だ。主役の一人である、記憶を失った謎の少女ノアを演じる生駒里奈に、舞台稽古に向ける意気込みと、舞台の魅力や乃木坂46卒業前後の心境の変化などを聞いた。
 

生駒里奈

-「エン*ゲキ」シリーズに出演することが決まったときの心境を教えてください。

 池田さんが作った作品を見た後だったので、楽しみだなと思いました。今は責任感というか、池田さんが私に言ってくださる言葉にプレッシャーも感じますが、そこを乗り越えて、期待以上だったと思っていただけるように頑張らなきゃと思っています。
 

-生駒さんに対する池田さんの期待値は、ハードルが高そうですか。

 結構高いです。Twitterを見たらバディ(相棒)って書いてあってとても驚きました(笑)。
 

-生駒さんが演じるノアという役はアクションがとても多い印象を受けましたが、生駒さんご自身はアクションは得意ですか。

 ダンスやお芝居、と考えるとできるんですけど、体操や運動がとにかく苦手で、アクションの経験も少ないのですが、表現をすることは大好きなので、できるようになりたいなという気持ちです。
 

-できないかもしれない、という不安よりも、絶対にできるようになるという感じでしょうか。

 そうですね。絶対できるようになるという気持ちです(笑)。そうすれば他の舞台に出たときも自分の可動域が広がるので、今回の舞台で得意になるくらいにしたいと思います。
 

-ノアの第一印象を教えてください。

 最初は天真らんまんな女の子なのかな?と思っていたのですが、芯が真っすぐできれいな女性だなと思いました。今の私のままでは(ノアという役に)振り落とされてしまうような、力のある女性、というのが最初の印象でした。
 

-口調は少し乱暴ですが、悪い印象をあまり抱かせないキャラクターだと思いました。

 そうですね。私も結構「マジで!」とか言ってしまうので、せりふは言いやすいんですけど、この子をがさつに見せたくないので、チャーミングに見えるように責任をもって言葉遣いを研究して演じたいと思います(笑)。
 

-新人類“4Dimetor”は超能力を使うことができますが、もし、生駒さんが超能力を使えたら、どのような能力をどんな場面で使いたいですか。

 瞬間移動を出勤に使いたいです。実家から仕事に行きたいので、毎日お母さんに起こしてもらいたいです(笑)。稽古中に、本当に超能力が開花してほしいと思っています(笑)。
 

-今回、新子景視さんがイリュージョンマジックを監修していますが、マジックは見たことはありますか。

 この前、新子さんに「サイコロの目を当てるマジック」をやってもらってびっくりするほど当てられました(笑)。新子さんの技術をちょいちょい盗みたいです。トランプマジックとか。
 

-生駒さんは、これまでさまざまな舞台、朗読劇などに出演されていますが、中でも印象的だった出来事はありますか。

 私の声と滑舌って結構特殊で、響くし、印象に残りますが、(出し方を)間違えると耳障りに聞こえてしまうんです。でも、以前「トゥーランドット」という少年社中さんの舞台に出演させていただいたときに、藤木孝さんが「あなたの声はとてもいいですよ」と言ってくださって、藤木さんからそう言われたら否定することはないなって思って、それからは自分の声と素直に向き合うことができるようになりました。
 

-自分の声と向き合ったことで、周囲の反応が変わったと思ったことはありますか。

 放送関係の勉強をしている弟が「音がきれいになったね」と言ってくれました。あとは先輩からも「(声が)良くなっている」と言われるようになったので、継続して、聞きやすいけど味のある、自分だけの発声を見つけていきたいなと思います。
 

-自分自身の中で声に対して見方が変わったことはありますか。

 以前は、映像などから聞こえてくる自分の声がすごく嫌で、コンプレックスでした。でも、歌もソプラノの音域でホイッスル(ボイス)や高音が出ることに最近気付くことができたので、いつかミュージカルにも出演できるように極めていきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top