【インタビュー】映画『初恋』三池崇史監督 三池節全開の痛快エンターテインメントに窪田正孝ら豪華キャストが集結「『よくこの作品を選んでくれた』と感謝したい」

2020年2月26日 / 16:15

 新宿・歌舞伎町。余命わずかと宣告され、当てもなくさまよっていたプロボクサーの葛城レオ(窪田正孝)は、ひょんなことから何者かに追われていたモニカ(小西桜子)を救う。だが、モニカを追っていた男は、やくざと手を組む悪徳刑事・大伴(大森南朋)だった。これをきっかけにアウトロー同士の抗争に巻き込まれたレオとモニカは、逃避行を繰り広げることに…。2月28日に全国ロードショーとなる『初恋』は、窪田正孝、内野聖陽、大森南朋、染谷将太ら豪華キャストが顔をそろえた痛快エンターテインメントだ。メガホンを取ったのは、『悪の教典』(12)、『無限の住人』(17)、『ラプラスの魔女』(18)などの話題作を続々と手掛ける三池崇史。けれん味たっぷりの三池節全開となった本作誕生の舞台裏を聞いた。

三池崇史監督

-この映画が生まれた経緯を教えてください。

 かつての東映映画もそうですが、僕らの世代で言えば、“Vシネマ”というブランドがあって、ある程度約束事を守れば、自分たちの好きに作品を撮っていた時代がありました。多くの観客が求めているものを作るのも、もちろん大事なことです。ただ、そういう動きをしながらも、あの頃のように、撮りたいものを撮って発信していくことで、少しでも自分たちの居場所をキープしていくべきではないか。『孤狼の血』(18)などを手掛けてきた東映のプロデューサーの紀伊(宗之)さんの、そういう発想がきっかけです。それに対して、僕らの方から「じゃあ、こういう話ですね」と提案していったところから始まりました。

-脚本は、三池監督と脚本家の中村雅さんとの間で、どんなふうに作っていったのでしょうか。

 僕の方からは、“昔はあったのに今は見かけなくなってしまったもの”、歌舞伎町が舞台で、くだらないやつがいて…というざっくりとした投げかけだけです。あとは、中村が一気に書いてくれて。それが十分面白いものに仕上がっていたので、僕の方ではちょっと手を加えたぐらいです。

-本作は出演者も豪華ですね。

 「よくこの作品を選んでくれた」と感謝したいぐらいです。みんな他の仕事も抱えていて、スケジュールはいっぱいなはずですから。いくらぴったりな人でも、スケジュールが合わない場合、取れる方法は二つしかありません。その人に合わせてスケジュールを変更するか、もしくは、合う人の中から選ぶか。そんな状況の中で、みんながこの作品を選んでくれた。そういう意味では、「出会うべくして出会った人たち」という気がしています。

-なるほど。

 “キャスティング”と言うと、選んでいるように見えますが、実は選ばれているのは僕ら。そういう意味では、役者はお客さんで、監督はサービス業です。だから、現場では厳しい状況に追い込まれながらも、役者が楽しんでくれているかどうか。ただ、現場で1人ずつと話をしようとすると、それぞれ伝え方が異なってしまう。そこで、その場の空気に合わせて、一括して「こんなふうに」と伝える。そうすると、役者同士の化学反応が起こってくるんです。

-その中でも、ヒロインのモニカ役の小西桜子さんは、オーディションで選んだ新人だそうですが。

 オーディションで選ぶ際、「この子ならできるんじゃないかな…?」という感触では駄目なんです。そうではなく、「この役をやるべくして生まれてきた人」を探している。具体的には、「入ってきた瞬間にホッとできる人」。そこに立っているだけでビジュアル的に説得力があって、あとは声を聞けばもうOK。今回の小西さんは、まさにそんな人でした。キャリアを聞いてみたら、「まだ新人で、映画もほぼ出演経験がない」ということだったけど、全く問題なかったです。

-主演の窪田正孝さんは、「ケータイ捜査官7」(08)以来、10年ぶりの三池監督作品の主演ですよね。

 「ケータイ捜査官7」以降も『十三人の刺客』(10)に出てもらったり、現場に遊びに来てくれたりしていましたが、役者としてしっかり生きている、なかなかいないタイプだと思います。でも、受ける印象は最初に会ったときと何も変わらない。いろんなことを感じたり経験したりしてきているはずなのに、彼の場合、中身はあの頃のままです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

岩田剛典 花岡の謝罪は「すべてが集約された大事なシーン」初の朝ドラで主人公・寅子の同級生・花岡悟を熱演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年4月25日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。明律大学女子部を卒業した主人公・猪爪寅子(伊藤沙莉)は、同級生たちと共に法学部へ進学。男子学生と一緒に法律を学び始めた。そんな寅子の前に現れたのが、同級生の花岡悟だ。これから寅子と関わっていく … 続きを読む

瀬戸利樹、セラピスト役は「マッチョな体も見どころ」 役作りは「実際に施術を見学して、レクチャーを受けました」

ドラマ2024年4月24日

 現在放送中のドラマ「買われた男」で主演を務める瀬戸利樹が取材に応じ、本作の魅力や役作りについて語った。  本作は、三並央実氏と芹沢由紀子氏による漫画『買われた男~女性限定快感セラピスト~』が原作。セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢 … 続きを読む

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

Willfriends

page top