【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

2020年1月21日 / 12:00

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルを務める、フランチェスカ・ヘイワードが演じる。本作の日本語吹き替え版で、ヴィクトリア役に挑戦する葵わかなに、本作の見どころや、初めて挑むアフレコでのエピソードを聞いた。

ヴィクトリア役の吹き替えを担当した葵わかな

-ヴィクトリア役はオーディションで決まったと聞きました。オーディションにはどんな気持ちで臨んだのでしょうか。

 最近、ミュージカル映画はとても人気があり、注目を浴びていますが、それらの作品を見ていて、自分も出てみたい、やってみたいという思いがあったので、オーディションに声を掛けてもらえたことに感謝の気持ちでした。私にこんなチャンスが巡ってくるなんてと、楽しみながら受けることができました。実は、オーディションを受けたときにはまだ台本も頂いていなくて、ヴィクトリアが歌う「ビューティフル・ゴースト」という楽曲だけを聞いて臨んだんです。オーディションでもその歌を歌わせていただきました。台本を読んでいなかった分、まだ気負いは感じていなくて、ただただ、この歌を本番でも歌いたいというシンプルな気持ちを込めて歌いました。

-そんなオーディションを経て、ヴィクトリア役に決まったときの心境は?

 とにかく「よかった~!」って(笑)。オーディションで歌ったときに、もっとこうすればよかったとか、いろいろと思うこともあったので、もう1回、歌えるということにホッとしました。今回の収録では、ヘッドマイクを着けて自由に動きながら吹き替えを行ったのですが、オーディションでも同じスタイルで行わせてもらえたんです。なので、オーディションのときは、本番を人より早く体験してしまったような気持ちになっていたのですが、本当の本番を迎えられることが分かって、うれしかったのを覚えています。

-実際に吹き替えを行った感想は?

 お芝居と似ているようで、全く違って、難しいこともたくさんありました。ただ単にヴィクトリアという役を演じればいいわけではなくて、ヴィクトリアを演じているヘイワードさんの気持ちを考えながら吹き替えをしなくてはいけないというのが難しかったです。悲しいときに、私だったらこう表現するけど、ヘイワードさんはこうやって表現しているから、こんな気持ちなのかな? とスタッフの皆さんと話し合って、想像しながら行いました。

-オーディションでも着けたというヘッドマイクを使っての収録も珍しい試みですね。

 私自身はこの作品が初めての吹き替えなので特別な感じはしませんでしたが、動きながら声を出せたので、私にはやりやすかったです。例えば、映像の中でジャンプしながら話しているシーンを、立ち止まったまま吹き替えるのは難しいので、ジャンプしたり、動いたりしながらやっていました。その方が声の弾み具合や、息の出方が再現できると思ったので。動きが制限されずにできたことは、私にはありがたいことでした。

-大ヒットミュージカルを原作にしているということで、ミュージカル版と映画版の違いは誰もが気になるところだと思いますが、葵さんはどう感じましたか。

 作品の雰囲気や、どちらも素晴らしいダンスやパフォーマンスが見られるという点では、共通しているものがあると思います。でも、ミュージカル版はステージで見るものですから、エンターテインメント性が高く、ショーとして成り立っているという見応えがあります。映画版は映像を通して細かいところまで見られるので、キャラクターそれぞれの表情や喜怒哀楽、猫らしさが楽しめると思います。

-ミュージカル版は音楽とダンスで物語をつむいでいく作品のため、せりふがほとんどありません。今回の映画版ではせりふは増えているのでしょうか。

 一般的な映画と比べたら少ないとは思いますが、ミュージカル版よりもせりふはありますし、ストーリーも分かりやすいと思うので、お子さんにも楽しく見ていただけると思います。華やかですし、さまざまなダンスも見られるので、たくさんのショーを一度に見た気持ちになれるんです。ミュージカルを見たことがない人や、ダンスが好きな人にも気に入ってもらえる作品になっていると思います。

-葵さんはヴィクトリアという役をどのように捉え、どんな点を意識して演じましたか。

 ヴィクトリアは、すごく無知な猫なんです。まだ若くて何も知らない、真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました。それから、たくさんの猫が出てくる中で、どうしてヴィクトリアが主人公になったんだろうって考えたときに、きっと個性豊かで濃いキャラクターの猫たちがたくさんいる「キャッツ」の世界に誘えるのは、ヴィクトリアのようなフラットでクリーンな猫が必要だったんだと思いました。なので、お客さんがヴィクトリアを通して「キャッツ」の世界に入り込んでいけるような、そんなキャラクターになればいいなと思っていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top