【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

2020年1月21日 / 12:00

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルを務める、フランチェスカ・ヘイワードが演じる。本作の日本語吹き替え版で、ヴィクトリア役に挑戦する葵わかなに、本作の見どころや、初めて挑むアフレコでのエピソードを聞いた。

ヴィクトリア役の吹き替えを担当した葵わかな

-ヴィクトリア役はオーディションで決まったと聞きました。オーディションにはどんな気持ちで臨んだのでしょうか。

 最近、ミュージカル映画はとても人気があり、注目を浴びていますが、それらの作品を見ていて、自分も出てみたい、やってみたいという思いがあったので、オーディションに声を掛けてもらえたことに感謝の気持ちでした。私にこんなチャンスが巡ってくるなんてと、楽しみながら受けることができました。実は、オーディションを受けたときにはまだ台本も頂いていなくて、ヴィクトリアが歌う「ビューティフル・ゴースト」という楽曲だけを聞いて臨んだんです。オーディションでもその歌を歌わせていただきました。台本を読んでいなかった分、まだ気負いは感じていなくて、ただただ、この歌を本番でも歌いたいというシンプルな気持ちを込めて歌いました。

-そんなオーディションを経て、ヴィクトリア役に決まったときの心境は?

 とにかく「よかった~!」って(笑)。オーディションで歌ったときに、もっとこうすればよかったとか、いろいろと思うこともあったので、もう1回、歌えるということにホッとしました。今回の収録では、ヘッドマイクを着けて自由に動きながら吹き替えを行ったのですが、オーディションでも同じスタイルで行わせてもらえたんです。なので、オーディションのときは、本番を人より早く体験してしまったような気持ちになっていたのですが、本当の本番を迎えられることが分かって、うれしかったのを覚えています。

-実際に吹き替えを行った感想は?

 お芝居と似ているようで、全く違って、難しいこともたくさんありました。ただ単にヴィクトリアという役を演じればいいわけではなくて、ヴィクトリアを演じているヘイワードさんの気持ちを考えながら吹き替えをしなくてはいけないというのが難しかったです。悲しいときに、私だったらこう表現するけど、ヘイワードさんはこうやって表現しているから、こんな気持ちなのかな? とスタッフの皆さんと話し合って、想像しながら行いました。

-オーディションでも着けたというヘッドマイクを使っての収録も珍しい試みですね。

 私自身はこの作品が初めての吹き替えなので特別な感じはしませんでしたが、動きながら声を出せたので、私にはやりやすかったです。例えば、映像の中でジャンプしながら話しているシーンを、立ち止まったまま吹き替えるのは難しいので、ジャンプしたり、動いたりしながらやっていました。その方が声の弾み具合や、息の出方が再現できると思ったので。動きが制限されずにできたことは、私にはありがたいことでした。

-大ヒットミュージカルを原作にしているということで、ミュージカル版と映画版の違いは誰もが気になるところだと思いますが、葵さんはどう感じましたか。

 作品の雰囲気や、どちらも素晴らしいダンスやパフォーマンスが見られるという点では、共通しているものがあると思います。でも、ミュージカル版はステージで見るものですから、エンターテインメント性が高く、ショーとして成り立っているという見応えがあります。映画版は映像を通して細かいところまで見られるので、キャラクターそれぞれの表情や喜怒哀楽、猫らしさが楽しめると思います。

-ミュージカル版は音楽とダンスで物語をつむいでいく作品のため、せりふがほとんどありません。今回の映画版ではせりふは増えているのでしょうか。

 一般的な映画と比べたら少ないとは思いますが、ミュージカル版よりもせりふはありますし、ストーリーも分かりやすいと思うので、お子さんにも楽しく見ていただけると思います。華やかですし、さまざまなダンスも見られるので、たくさんのショーを一度に見た気持ちになれるんです。ミュージカルを見たことがない人や、ダンスが好きな人にも気に入ってもらえる作品になっていると思います。

-葵さんはヴィクトリアという役をどのように捉え、どんな点を意識して演じましたか。

 ヴィクトリアは、すごく無知な猫なんです。まだ若くて何も知らない、真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました。それから、たくさんの猫が出てくる中で、どうしてヴィクトリアが主人公になったんだろうって考えたときに、きっと個性豊かで濃いキャラクターの猫たちがたくさんいる「キャッツ」の世界に誘えるのは、ヴィクトリアのようなフラットでクリーンな猫が必要だったんだと思いました。なので、お客さんがヴィクトリアを通して「キャッツ」の世界に入り込んでいけるような、そんなキャラクターになればいいなと思っていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top