【インタビュー】『劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説』葵わかな「遠い世界だと思っていたアフリカに行ってみたくなりました」

2019年1月16日 / 08:00

 2006年の放送開始から世界中の動物たちを紹介してきたNHKの人気自然番組「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」がついに映画化され、1月18日から全国ロードショーされる。今回の舞台は、野生動物の宝庫アフリカ。ライオンやゴリラの家族を中心に、数多くの生き物たちの貴重な生態を収めた本作のナレーターを担当したのは、連続テレビ小説「わろてんか」(17~18)で主演を務めた葵わかな。映画の見どころやナレーターの感想を聞いた。

ナレーターを担当した葵わかな

-ナレーターを担当した感想は?

 初めて映画のナレーターに挑戦できたことがうれしかったです。ナレーションは今まで何度かやらせていただいたことがあり、好きな仕事だったので。特にこの作品では、きちんと三つのストーリーがあったので、台本を読んでいるうちに、動物たちにものすごく感情移入してしまいました。テレビのドキュメンタリー番組より時間が長かったこともあり、収録が終わったときは、私も映画を一本演じ切ったような達成感がありました。

-ナレーターをする際に心掛けたことは?

 場合によっては、あまり感情を込めない方がいいこともあると思うのですが、この作品はお子さんも楽しめるように、分かりやすくポップな内容になっています。台本も「○○だよ!」みたいな話し言葉で書かれていたので、親しみが持てるように気持ちを込めて、一緒に見ている隣の人に聞かせるような話し方を心掛けました。

-映画の感想は?

 とても見やすかったです。動物ドキュメンタリーには、もっと難しくて、少し怖さを感じる部分があるイメージを持っていました。でも、この作品はテレビ版のいいところを生かして、動物を名前で呼んだり、ネズミの行動を「だるまさんが転んだ」に例えてみたり、親しみが感じられるようにいろいろな工夫がされています。だから、ものすごく遠いところで生きている動物たちが、とても身近に感じられました。

-映画は、シングルマザーのライオンのナイラや、争いで片腕を失ったゴリラの子どもドド、育った群れを離れて自らの力で生き抜こうとする若いライオン、ウィリアムという三つの家族を中心に物語が進行します。その点については、どんなことを感じましたか。

 「家族の物語」というテーマがはっきりしているので、とても感動しました。みんな一度は不遇のときがありながらも、最終的にはそれぞれ成長していきます。それが、すごくたくましいなあ…と。それを見て私たちも勇気づけられたり、「自分ももう少し頑張ろう」と思えたり、そういったメッセージを受け取ることができるのではないでしょうか。

-お気に入りのシーンは?

 私もネコを飼っているので、ライオンのウィリアムが子どもから大人に成長する様子を見ていたら、自分が親になったような気になりました(笑)。だから、「木に登れるようになったんだね」みたいなナレーションは、自分のネコを褒めているような気持ちで読むことができました。

-三つの家族以外にもさまざまな動物たちが登場します。その中でお気に入りは?

 知らない珍獣がいっぱい出てくるのも面白いですよね。私はお猿さんが好きなので、珍しいお猿さんが出てくるのが楽しかったです。かわいかったのが、ものすごく小さなカメレオン。葉っぱの上で生活していて、雨粒が落ちてきただけでひっくり返ってしまうんです。もうちょっとうまく着地できたらいいのに…とじれったくなりました(笑)。でも、本当にかわいかったので、実物を見てみたいです。

-女優のお仕事をしていると、こういうドキュメンタリー作品の舞台裏も気になるのではありませんか。

 動物ドキュメンタリーは、小さいころから学校などで当たり前のように目にしてきましたが、今まで、撮影している人のことを考えたことはありませんでした。でも、誰かが撮影しないとこの映像はここにないんだな…と気付き、何日もかけて現地で撮影している人がいることを考えたら、「すごいなあ…」と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top