【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

2020年1月20日 / 16:45

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、そこに書かれている言葉を読み上げたり、キャストに促されて芝居に参加するうちに物語が進んでいくという、観客参加型のユニークな舞台。たった一人の出演者として、取り囲む観客を「自分が語る物語」に引き込む、という難役に挑む佐藤隆太に、本作に出演する思い、そして意気込みを聞いた。

一人芝居に挑む佐藤隆太

-今回の舞台への出演を決めたのは、どういった思いからでしたか。

 どんな作品になるのか、全く想像がつかなかったからです(笑)。冷静に考えたら、やっぱり(この作品の舞台に立つことは)怖いんですよ。一人芝居は背負うものがすごく大きいですし、今回はお客さんにも参加してもらって物語が進行していくという作品なので、どれだけ稽古をしても「これが完成」というものが決まらない。見に来てくださるお客さんは毎日変わりますし、そのお客さんにお手伝いしていただくわけですから、当然雰囲気も変わってくる。正直、完成形が全く見えないんです(笑)。でも、だからこそ覚悟を決められたのかもしれません。不安要素がもっと具体的に見えていたらひるんでいたかもしれませんが、あまりにも分からないことが多かったので、ワクワクできそうだとか、ここに飛び込んだら今まで見たことがない景色が見られるんじゃないかと思い、出演させていただくことにしました。

-これまでの俳優人生の中で、観客の方やファンの方と会話をして何かを進めていくという経験はありましたか。

 若い頃に、学園祭に呼んでいただいて、トークショーをさせていただいたことはありますが…それぐらいです。しかも、今回はただコミュニケーションを取ればいいのではなく、お客さんを引っ張っていき、物語を進めていかなければならないので、本当に難しい挑戦だと思っています。なので、きっと僕も上演中にいろいろなことを考えるでしょうし、終演後も「あそこは、ああしとけばよかったぁ~!!」なんて思うことが多そうです(笑)。

-そもそも、佐藤さんご自身は、お客さんとのコミュニケーションを取るのは得意なんですか。

 自分では決してそうは思わないです。役者なので当然とも言えるかもしれないのですが、僕は、やっぱり台本のせりふを入れて、それをどう表現するかという作業に体が慣れているんだなぁと、この作品に出演が決まってからつくづく思います。瞬発的なアドリブや気の利いた言葉を言うのはあまり得意ではないんですよ(苦笑)。ある程度の準備をしないと、人前に立つのは不安な人間なんです。

-では、今回の舞台はまさに「挑戦」ですね。

 そうですね。普通に考えたら…本番が始まってからも落ち込むこともあると思います。悔しがっている自分が目に浮かびます(笑)。でも今回はそうはなりたくない。その都度、課題を前向きに捉えて、日々、ブラッシュアップしていけたらと思っています。

-観客としては、どのように舞台を楽しめばいいでしょうか。

 僕もこのお話を頂いたときに、日本人はシャイな方も多いし、ひるんでしまうんじゃないかという不安があったのですが、先日、僕自身が実際にこの作品をアメリカで観劇して、参加してみたら、不安に思う必要はないな、と。僕も物語に参加させてもらったんですが、難しいことは全くないんです。自分の番号を呼ばれたときにカードに書かれた文字を読み上げるだけなので、誰にでもできます! それに、自分が一言でも言葉を発したことで、作り手として一つのパートを担えたことに感動と興奮を覚えたんです。自分の番号がいつ呼ばれるんだろうというドキドキ感はありますが、それも含めて計算された本になっているので、そのドキドキ感すら観劇をするに当たってプラスになって。ただ純粋に見るだけでも面白い作品だとは思いますが、参加することでより大きな感動を得られると思います。もちろん、参加したくなければ無理に参加する必要はありませんし、参加しなくても全く新しい体験ができると思います。
 そういった意味でも、僕はお客さんの緊張をほぐす作業を大事にしなければいけないなと思っています。開幕前に、僕が観客の皆さんに「これをお願いできませんか」と声を掛けさせていただくのですが、もし、心の奥で参加したいなという気持ちがありながらも恥ずかしさが勝っているような方がいらっしゃったら、気持ちをほぐしてあげられたらと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top