葵わかな、木下晴香とWキャストでミュージカル 「晴ちゃんは親友、同志でもありライバル」

2019年11月12日 / 16:49

「Journey to the Past」を熱唱した木下晴香(左)と葵わかな

 ミュージカル「アナスタシア」制作発表会見が12日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、木下晴香、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴、山本耕史、堂珍嘉邦、麻実れいが出席した。

 本作は、帝政ロシア時代最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ、一族が殺害される中、皇帝の末娘アナスタシアだけは難を逃れて生き続けたという歴史上の謎「アナスタシア伝説」に基づいた物語。記憶をなくした主人公アーニャが、過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描く。

 アーニャ役の葵は「日本初演となる『アナスタシア』に携われて光栄です。アーニャが、いろんな苦境に立たされながらも、夢や希望を忘れず、人の手も借りながら旅に出ていくお話。力強いその姿に、見た方も背中を押されると思う」とアピールした。

 またWキャストでアーニャを演じる木下とは、自身のミュージカルデビュー作「ロミオ&ジュリエット」で、共にジュリエットを演じた仲。

 葵は「あれから1年。自分がまた『いざ、次のステップに行こう』というときに、共に切磋琢磨(せっさたくま)した晴ちゃんがいるというのは(心強い)」とし、「親友であり、同志であり、ライバルでもある本当にいい関係。アナスタシア役として責任も増えていきますが、互いに良いところも悪いところも見つけ合いながら頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 木下も「今回、Wキャストがわかなちゃんと知ったときはホッとしました」とにっこり。プライベートでも親交があるそうで、「わかなちゃんとは『切磋琢磨できるってこういうことなんだな』と、常に感じられるぐらい何でも話せる関係。だからこそお互いに欠けているところは補い合いながらやっていけたら」と語った。

 舞台は、2020年3月1日~28日、都内・東急シアターオーブ、4月6日~18日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。

(前列左から)木下晴香、葵わかな、(後列左から)麻実れい、堂珍嘉邦、山本耕史、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴


芸能ニュースNEWS

佐々木希、白いドレス姿で表参道に登場 クリスマスは「料理を作ってまったりしたい」

イベント2021年12月8日

 スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ表参道ブティック」オープニングイベントが8日、東京都内で行われ、女優の佐々木希、アーティストの村上隆氏が登場した。  佐々木は、屋外のイベントに真っ白なロングドレス姿で登場。あいにくの雨模様となったが、村 … 続きを読む

世良公則「カムカムエヴリバディ」で柳沢定一役 「僕の10代の頃を追体験しているようです」

ドラマ2021年12月8日

 上白石萌音が初代ヒロインの安子を演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。安子が夫の稔(松村北斗)を通じて交流するようになった、ジャズ喫茶を営む柳沢定一役の世良公則からインタビューコメントが届いた。  定一は、ジャズをこよなく愛 … 続きを読む

大泉洋「監督が褒めないから皆不安になる」 門脇麦「大泉さんといるときだけ監督は楽しそう」

映画2021年12月8日

 Netflix映画『浅草キッド』配信記念イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の柳楽優弥、大泉洋、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美、監督・脚本の劇団ひとりが登壇した。  本作は、若き日のビートたけし(柳楽)の姿と、その師匠・深見千 … 続きを読む

令和版「東京ラブストーリー」“さとみ” 石井杏奈の押し掛け女房ぶりにイライラ 「リカのはがきを読んだりして、さとみ怖い」

ドラマ2021年12月8日

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の9話「遠く離れても」が、7日深夜に放送された。  本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービ … 続きを読む

「ハンオシ」“百瀬”坂口健太郎が「不器用でいとおしい」 ラストの衝撃展開には「感動の涙も引っ込んだ」と驚きの声も

ドラマ2021年12月8日

 清野菜名と坂口健太郎が出演するドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第8話が、7日に放送された。  本作は、独身を満喫している27歳の大加戸明葉(清野)と、ある理由から“既婚者”の肩書が欲しい広告代理店勤務のサラリーマン・百 … 続きを読む

amazon

page top