「『タクシー運転手が五輪の組織委員会に入る』と聞き、思わず『どうやって?』と聞き返しました」角田晃広(森西栄一)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年11月10日 / 20:50

 事務総長の田畑政治(阿部サダヲ)を中心に、1964年の東京オリンピックに向けて精力的に活動する組織委員会。その一員として「聖火リレー踏査隊」に参加し、アテネからシンガポールまで2万キロを自動車で走破、陸路での聖火リレーの可能性を検証したのが森西栄一だ。平凡なタクシー運転手から、自ら志願して組織委員会に加わった異色の存在を演じるのは、人気お笑いグループ“東京03”の角田晃広。実は序盤にタクシー運転手役で出演しており、森西役は本人にとってもサプライズな展開だった。その起用の舞台裏、役に込めた思いを聞いた。

森西栄一役の角田晃広

-序盤にタクシー運転手役で出演されていましたが、森西役というのはご存知でしたか。

 全く知りませんでした。第1回と第6回にタクシー運転手役で出演したときは、それで終わりだと思っていましたから。帰り際、スタッフさんとの会話で、「ひょっとしたら、時代が変わって、終盤になったらまた出番があるかも」とは聞いていましたが、「またタクシー運転手かな…?」と思っていた程度で。

-森西役と聞いたときのお気持ちは?

 話を聞いたのは、撮影に入る2カ月ぐらい前です。事務所の方から「出番がありそう」という話がきて、「また運転手役だな」と思っていたら、「組織委員会に入る」と聞き、「はぁ!?」と(笑)。「どういうこと? 別の役?」と聞いてみたら、事務所の方もきちんと把握していなかったので、マネジャーに確認したところ「タクシーの運転手なんですけど、その方が委員会に…」という話だったので、思わず「どうやって?」と聞き返してしまいました。その後、改めて「聖火リレー踏査隊の森西栄一さん」という説明を聞き、ようやく事情が飲み込めた…という感じです。

-台本を読んでみた感想は?

 まさかこんなに物語に深く関わるとは思っていなかったので、最終回に向けて結構、重要な役になることを知ってびっくりでした。

-阿部サダヲさんとは第6回でも共演していますが、森西役で現場に戻った時の反応は?

 森西役で撮影に入る前、僕が別の仕事でNHKに来ていたとき、ちょうど撮影中の阿部さんと遭遇したことがあったんです。「まだ撮影やっていますよ」と話してくれたので、「僕もまた来月ぐらいから戻れるみたいです」と言ったら、阿部さんが「えっ!?」と(笑)。そこから「何の役?」「なんか、委員会に入るみたいで…」「委員会!?」というやり取りがあり…(笑)。撮影に入ったときはお互いに事情を理解していましたが、その時点では阿部さんも「はぁ?」という感じでした。

-森西さんに対する印象は?

 タクシー運転手から組織委員会に…というのは物語上の設定かと思ったら、実話なんですよね。劇中で、自分から「やらせてください」と申し出るシーンがありましたが、それも実話。だから、自分からどんどん道を切り開いていく方なんだなと。そういうイメージを頭の片隅に置きながら演じています。

-志願して聖火リレー踏査隊に加わった森西さんの思いを、どんなふうに理解しましたか。

 たまたまタクシーに乗ったお客さんに、自分から「やらせてください」とはなかなか言えませんよね。オリンピックが国民的な行事ということで、「できれば参加したい」という思いがあったのかもしれません。それに加えて、森西さん自身がいろいろなことに興味を持ち、行動力のある方だったから、できたことなのかなと。しかも、調査の結果「ギリシャから陸路での聖火リレーは無理」という結論になりましたが、森西さん自身はこれがきっかけでサファリレースにはまったそうです。だから、苦労しただけでなく、楽しさを感じる部分もあったのではないでしょうか。

-森西さんのご家族に会う機会はありましたか。

 撮影を見学に来たご家族が、実際に森西さんの使われていたネクタイを持ってきてくださったので、それを締めて撮影しました。そのとき、改めて「僕は森西栄一なんだ」ということを再確認し、重みを感じました。ただその分、「NGは見せられない」というプレッシャーがありましたが(笑)。

-ご家族の感想は?

 実は森西さんご本人は、眼鏡を掛けていないんです。でも、第1回の時に掛けてしまっているので、そのまま行くことになって…。だから、眼鏡に関してはご家族に「ごめんなさい」と謝りましたが、娘さんからは「角度によっては、ちょっと似ている」とおっしゃっていただけました。1歳の頃に森西さんが亡くなっているらしく、「動いているお父さんを初めて見た」とも言われました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top