【インタビュー】「FORTUNE」吉岡里帆、久しぶりの舞台で見せる“大人な役”に「自分の嫌なところもしっかりと見せることで役が生きてくる」

2019年11月27日 / 12:00

 森田剛が主演する舞台「FORTUNE」が2020年1月13日から上演される。本作は悪魔に魂を売った男の顛末(てんまつ)を描いた「ファウスト」を、現代のロンドンに舞台を置き換えた作品。英国を代表する劇作家サイモン・スティーブンスの最新作として世界に先駆けて日本で初演される。本作で、悪魔と契約を結び、闇へ落ちていく主人公・フォーチュンが思いを寄せる、若くして結婚している映画プロデューサーのマギーを演じる吉岡里帆に、作品に懸ける思いを聞いた。

マギー役の吉岡里帆 ヘアメイク:Mifune (SIGNO)/スタイリスト:Eriko Suzuki

-本作への出演が決まったときの、率直な思いは?

  舞台に出演すること自体が久しぶりですし、演出家のサイモンさんが日本で初めて上演される作品ということで、新鮮なことが重なっていて、すごく幸せに感じました。マギーは私にとって、挑戦的な役でもあります。この作品は、人生を描いた重みのある物語でもあるので、サイモンさんの演出でどう面白く昇華していくのだろうと、今は楽しみな気持ちでいます。

-戯曲を読んで、本作のどのようなところに魅力を感じましたか。

 「ファウスト」は、宗教的で哲学的なところにフイーチャーした作品だと思いますが、「FORTUNE」は、もう少し軽やかな印象がある作品に仕上がっていると思います。現代の私たちにとって、より身近な人間の業(ごう)を感じていただけると思うので、見に来てくださったお客さまたちが、自分の人生経験と照らし合わせながら見られる、距離感の近い作品になるのかなと思いました。

-吉岡さんが演じるマギーという女性については、どのようなイメージを持ちましたか。

 マギーは真っすぐで、知的で、ある種、清廉潔白なイメージです。美しく、真っすぐで、愛情深い女性である反面、人間らしさも描かれています。戯曲を読んで、私はそこに面白さを感じたので、落ちていくさま、人に引きずられていくさまをお見せできるよう、この作品に挑みたいと思います。

-マギーという役は、吉岡さんがこれまで演じてきた役を考えると、かなり大人なイメージの役になると思います。現在、どのように演じたいと考えていますか。

 大人な役を演じられるのはうれしく思っています。背伸びして見えないように、自分の中に落とし込まないといけないという緊張感もあります。マギーの愛を真っすぐに信じているところや、心が折れそうになっても、何とかその人と向き合おうとする気持ちは、共感する部分でもあるので、そういったところから手繰り寄せてマギーを作っていきたいと思います。自分の嫌なところもしっかりと見せることでマギーという役が生きてくると思うので、きれいにやろうとせず、自分の中に渦巻いているエネルギーを舞台上でしっかりとお見せできたらと、今の段階では思っています。

-吉岡さんにとっては、本作は久しぶりの舞台出演になりますね。

 そうですね。たくさんの方を前にしたパフォーマンスというものに不慣れなので、そこがまず、一つ目の壁かなと思っています。時間をかけて鍛錬していって、お客さまに伝わるように頑張りたいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

「“東洋の魔女”は、『いだてん』が描いてきた女子スポーツの集大成」安藤サクラ(河西昌枝)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月1日

 世界選手権で優勝し、“東洋の魔女”と呼ばれるようになった日紡貝塚女子バレーボールチームは、紆余(うよ)曲折を経て、1964年の東京オリンピック出場が決定する。監督の大松博文(徳井義実)の下、主将としてこのチームを束ねるのが河西昌枝だ。演じ … 続きを読む

【インタビュー】『HUMAN LOST 人間失格』花澤香菜、「役を頂き続けることが難しい…」人気声優の苦悩と希望

映画2019年11月28日

 花澤香菜。名前を知らなくても、その声は誰もが一度は聞いたことがあるはず。アニメ・映画・ゲーム・CMなどで大活躍の人気声優で、キュートなビジュアルもあり、今年は女優の石原さとみがイメージキャラクターを務めるビールのCMで共演して話題を集めた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top