【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

2019年12月2日 / 12:00

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影に臨んだ。インタビューでは、新しい試みである今回のプロジェクトへの意気込みや、初共演というお互いの印象を語ったほか、誰しも一度は空想したことのある“宇宙トーク”で大いに盛り上がった。

 鈴木おさむがドラマの脚本、舞台の演出・脚本を手掛ける本作は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着想を得た、最適な“火星への移住者4人”の組み合わせの試行錯誤を楽しむシチュエーションコメディー。ビジュアル撮影では、登場人物のプロフィールとプロットのみという少ない手掛かりから、エプロン姿にはさみを手にした須賀と、スーツ姿に銃を携えた崎山が、物語同様に、試行錯誤しながらキャラクターをつかんでいく様子が見られた。

東山樹役の崎山つばさ(左)と赤井陽太役の須賀健太

-まずは、鈴木おさむさんとご一緒することも含めて、出演が決まったときの率直な感想をお願いします。

崎山 まず、火星に住むというのは、想像のつかないことなんですけど、でも事実に基づくお話というところが興味深くて、すごく面白いなと思いました。そこを舞台とドラマで表現できるのは新しい。役どころとしても、刑事だけどナルシシストでちょっと抜けているみたいなところもあって、遊べるなという思いがまずありました。

須賀 僕は「人にやさしく」(2002年・フジテレビ系)でご一緒した鈴木おさむさんと、またご一緒できるのがすごくうれしくて。そこがある意味キャリアのスタートというか、僕にとってすごく大きな作品だったので。さすがに、あのときからは成長していると思いますけど、それをちゃんとお見せできたらという気持ちもあります。

-鈴木さんの「この17年で培ってきたものをぶつけ合いたい」というコメントもありますが。

須賀 そのコメントだけを聞くと、おじいちゃん同士みたいな感じですけど(笑)。あのときは(俳優業を)ずっと続けるなんて想像もしていなかった。またご一緒できるだけでもうれしいのですが、やっぱり面白い作品にしたいなと思います。

-共演するに当たってお互いの役者としての印象をお聞かせください。

崎山 いやもう重鎮ですからね。大先輩ですし、かじれるものはかじっていきたい。個人的に見させてもらった舞台もあって、やはり存在感がすごいなと思いました。今まで共演したことはありませんが、知り合いの知り合いだったりもするので、すごく楽しみな部分と、いろいろ聞きたいなって思うところもあります。

須賀 僕も存じ上げてはいて、共演できるのは単純にうれしいです。役者さんがたくさんいる中では、年齢も近い方だと思うので、仲良くなれたらいいなと思います。あとは出演者が少ないので、早く仲良くなって、いっぱいごちそうをしてもらおうと思っています。僕が一番下なので(笑)。

-ドラマ版が放送された後、すこし期間が空いてから舞台というスケジュールですが、とても新しい試みですよね。プロジェクトを通してどのように役作りをしていこうと思っていますか。

崎山 ドラマはドラマで、関わってくる人が違うと思うんですけど、舞台ではチームワークが大切になってくると思います。4人だからフットワークは軽くいけるのかな。なるべく4人でいろいろなことをして、いろいろな場所に行って、いろいろなことを思うというような、共通の時間を大切にしたいという感じです。

須賀 まずドラマが先なので、個々の役作りに関しては、舞台の頃にはある程度出来上がっていると思います。ただ単に連続ドラマと舞台があるわけではなくて、時系列的にも入り組んでいたり、ドラマと舞台の連動に関しても面白いシステムになっているようなので。逆に舞台を見てからドラマに戻ったり、そういったミックスの仕方も楽しみなところではあります。

-普通の作品より、キャスト同士が一緒に過ごす時間も長いんでしょうか。

須賀 ドラマの中では会うのかな…? ドラマはオムニバス形式なので、そういう意味では舞台で「やっと会えたね」という感じになるのかも。逆に出演者よりお客さんの方が知っている情報が多い作品になるのかもしれないです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

page top