崎山つばさと植田圭輔「心の奥底の黒い部分は一緒!?」 最上もが「芸能界なんて裏社会みたいなもん」

2019年3月11日 / 14:46

(左から)植田圭輔、崎山つばさ、最上もが

 映画『クロガラス1』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、植田圭輔、最上もがが登場した。

 2.5次元俳優の神7の一人である崎山をはじめとする、注目の2.5次元俳優陣が挑む2部作のPART1となる本作。金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受けるダークヒーロー“クロガラス”がアジア最大の歓楽街「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かう。

 映画初出演で初主演の崎山は「並々ならぬ思いで撮影しました。それを舞台あいさつで存分に披露して、作品の良さを伝えられたらと思っています」と語った。

 植田は「この3人でしか出せないような関係性やお芝居があって、すごい印象深いです」と撮影を振り返った。

 イベントでは“裏社会耐性心理テスト”という企画が行われた。そのテストで、崎山と植田の答えが14問中13問も同じだったことについて、最上が「心の奥底の黒い部分は一緒かも…」とコメント。

 その答えを聞きながら、無意識に崎山と同じポーズを取っていた植田に向けて、崎山は「闇が深いな。だってポーズが一緒だもんな」と笑顔を見せた。

 最上のテスト結果は「感情のコントロールが得意ではないため、理不尽や不条理がある裏社会のストレスに耐えられない」というもの。

 その評価について、最上は「当たっている。芸能界なんて裏社会みたいなもんじゃん。生きるのつらいいもん」と明かすと、会場は笑いに包まれた。

 最後に崎山は「1と2の先に3と4、それにドラマ、漫画、ゲームといろんな展開ができればいいなと思っている作品です。ぜひ皆さんの力で先に続いていければと思います」と本作について期待を寄せた。


芸能ニュースNEWS

A.B.C-Z戸塚祥太「通販で木刀を買いました」 冨岡健翔「ジャニーズJr.22歳定年制」に言及

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 舞台「未来記の番人」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登場した。  本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里 … 続きを読む

岡田将生、志尊淳に熱い思いをぶつける 「これがなかったら抱きしめている」

映画2021年1月22日

 映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、志尊淳、平手友梨奈と森ガキ侑大監督が登壇した。  本作は、霊がはらえる男(岡田)と霊が見える男(志尊)が、除霊という特殊能力を使い、怪奇事件に挑む … 続きを読む

「にじいろカルテ」高畑充希の涙に「もらい泣きした」 「ハートフルで力をもらえるドラマ」

ドラマ2021年1月22日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の初回拡大スペシャルが、21日に放送された。  本作は、山奥の診療所を舞台に、全然スーパードクターじゃないポンコツ医師や看護師の姿を描く、笑って泣けるチーム医療ドラマ。  ポンコツ … 続きを読む

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」

ドラマ2021年1月22日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第3話が、21日に放送された。  剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)の名前を呼んで、思わず抱きとめた。澪は元春に名前を呼ばれたことで、どこか懐かしい … 続きを読む

長澤まさみと仲野太賀が役所広司にインタビュー 『すばらしき世界』プレミアイベント

映画2021年1月22日

 映画『すばらしき世界』プレミアイベントが21日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、仲野太賀、長澤まさみと西川美和監督が登壇した。  本作は、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説『身分帳』を原案に映画化。  下町の片隅で暮らす、短気 … 続きを読む

page top