【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

2019年12月3日 / 12:00

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある作品で重要な役を射止めた当時の話や、撮影中の話、ネッド役への思いを聞いた。

ジェイコブ・バタロン

-俳優を志したきっかけを教えてください。

 まず、貧しい生活は嫌だと思いました。自立をしてちゃんと仕事をやろうという気になった。けれども、ハワイにいても何もチャンスが回ってこなくて、ここから出なくちゃという気持ちになりました。

-ネッドとの共通点や演じる上で大切にしていることはありますか。

 すごくハッピーな人間という部分がまず似ています。マニアだというところも似ているけど、僕は彼ほど頭は良くないです(笑)。大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ。ネッドは、ピーターにとってベストなことをいつも望んでいます。ガールフレンドがいてもやっぱり彼を助けたい、守りたいという気持ちを大切にしています。

-『スパイダーマン』でピーター・パーカーの親友役を射止めたときの話を聞かせてください。

 当時ドラマスクールに通っていて、自分でオーディションテープを作ってトム(・ホランド)と一緒にスクリーンテストを受けました。全部で3カ月ぐらいかかりました。大きなプロジェクトもそうですが、全てが秘密裏に進むというのは初めての体験でした。でも、最終的に全てがうまくいって、大役を射止めて今ここにいる。それが素晴らしいと思っています。

-全てが秘密ということでしたが、どうやってオーディションを見つけたのでしょうか。

 サラ・フィン(MCUのキャスティングディレクター)が、誰でも受けられるオーディションを開いていたことを僕のマネジャーが聞きつけて、出てみようってことになりました。けれども、その当時は題名のないマーベルのプロジェクトとしか聞いていなかったし、役名もストーリーも、全部うそでした!

-『スパイダーマン』に出演することが決まったとき、まず誰に報告をしましたか。

 キャストが決まったとき、まだ何も言ってはいけませんでした。でも、義理の兄には話しました。彼は軍人で口が固いから。でも、家族には言ってはいけないと思いました。口が軽いから(笑)。アトランタで撮影していたときに、パパラッチに写真を撮られて「こいつは誰だ?」「エキストラじゃないか?」なんて言われたりもしました。そうやって僕の顔が出るようになったんです。

-情報を秘密にするのは大変ですか。

 クビになるか、秘密を守るかで言ったら絶対に秘密を守ります。仕事がしたいですから(笑)。

-共演者のうちの一人(トム)は秘密を話してしまうということで話題になりましたが。

 彼はとてもおしゃべりです。「もうやめて!」っていうぐらい。でも、彼はそういう雰囲気には気付いていないみたい。

-ゼンデイヤがインタビューで「トムとジェイコブはアドリブが多くて台本のどの部分を演じているのか分からなくなる」と言っていましたが。

 トムと僕はせりふを覚えていられないんです。他のキャストたちは完璧に覚えてきている。レミー・ハイは、撮影当日にモノローグを与えられてすごくプレッシャーを感じていたみたい。僕は、『スパイダーマン』の撮影中はリラックスし過ぎてしまうから、彼を見習わなければいけませんね(笑)。

-リラックスし過ぎて失敗してしまったことはありますか。

 (トムと)2人でアドリブをやっていると、大抵のことはうまくいくから失敗はありません。せりふを自分たちの言葉に変えて言っています。台本通りに言うとうそっぽく聞こえてしまうから、言葉を変えるとリアルに聞こえるんです。

-本作はヨーロッパで撮影をしていましたが、ロケの空いた時間に訪れた場所で印象に残った場所はありますか。

 観光名所ではなく、地元の人たちが行くような場所や、若い人たちが集まるような楽しい場所によく行きました。

-本作で2本目となるジョン・ワッツ監督との仕事はいかがですか。

 大好きです。すごく楽しい人で、大人のくせにすごく子どもっぽいんです。でも、頭がキレる人だし、常に新しいことを考えている。彼の考え方がどう動くのかを見るのがとても楽しいです。

-ワッツ監督が「もう一度!」と言うと、お金を入れなければならない入れ物があるということを聞いたことがありますが、本当でしょうか。

 そう! ジョンは「ラストテイク」って言った後で、50回も撮り直すことがあります。それはトムのスタントの部分でもあって、彼はかなり参っていました(笑)。そのアイデアはトムが考えたんです。「そこまでやりたくない!」ってね(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

page top