第一印象は「面倒くせ~」。でも成長や変化を丁寧に演じ「最後まで見てよかったと思われたい」 中川大志(坂場一久)【「なつぞら」インタビュー】

2019年8月31日 / 08:30

 時代の先を行く才能あふれるアニメーションの演出家で、なつ(広瀬すず)の夫でもある坂場一久役を好演している中川大志。良き夫として家庭を支えるも、当初は視聴者はもとより、自身も「面倒くせ~」と嘆くほどの性格で、役をつかむにはいつも以上の時間がかかったという。そんな役へのアプローチ方や演じる醍醐味(だいごみ)を、撮影エピソードとともに聞いた。

坂場一久役の中川大志

-朝ドラは「おひさま」(11)以来ですが、出演が決まったときの心境は?

 当時は小学6年生で、朝ドラに出演できることがどういうことなのかも理解していませんでした。でも俳優を続けていく中で、いつか戻りたいと思うようになっていたので、記念すべき100作目に出演できると分かったときはうれしかったです。ただ、男性キャストのオーディションを受け、合格の連絡をもらってから半年ぐらいは何の役かも分からなかったので、本当に出られるのか不安でした(笑)。役が決定したのはドラマがクランクインしてからでした。

-東洋動画スタジオで勤務していた頃は、アニメーションへの思い入れが人一倍強く、企画力に優れている一方、頑固でアニメーターたちを困らせていましたが、演じていていかがでしたか。

 僕も第一印象は「こいつ面倒くせ~」で、最悪の印象から徐々に好きになってもらうにはどうすればいいのか迷いました。その中で、キャラクターそのものを変えていくより、人との関わりや成長によって、もともと備わっている内面が徐々に見えてくるようにしようと考えました。演じるのはとても難しく、これまで頂いた役の中で軌道に乗るのに一番時間がかかりましたが、役の印象を変えていけるのは、スパンの長い朝ドラだからできるので、やりがいはあります。

-ヒロインの夫役と聞いたときのお気持ちは?

 まさかヒロインの旦那役とは思わなかったのでプレッシャーを感じました。この2人が、どういう夫婦になるかも想像ができませんでした。でも、坂場がなつに「アニメーションにしかできない表現とは何ですか?」と尋ねたシーンで、なつは馬の脚を多く描いてスピード感を表すことで、坂場は「あり得ないことを本当のように描くことです」と言葉で表すことで答えを出したとき、なつには坂場にない発想力やエネルギーがあり、坂場はなつよりも考えを言葉にする力があり、互いに補い合えるからこそ、いい関係になれると感じました。

-しかし、明確に“恋愛”が描かれていないところでの表現は難しかったのではないですか。

 恋愛ものはこれまでもやらせていただいていますが、今回は難しかったです。恋に落ちた瞬間が分からないし、プロポーズもいきなりですから(笑)。ただ、「君の力を一番生かせる演出家になりたかった」というせりふ通り、なつを好きになる入り口はそこだったと思います。その後、意見がぶつかったり、ピンチを救ってくれたり、いろいろある中で、いつも隣で同じ方向を見てくれていたので、いつの間にか恋愛感情が生まれたんじゃないかな。

-結婚してからの坂場は雰囲気が随分変わりましたね。

 子どもが生まれたことによる変化も大きいです。東洋動画スタジオでは私生活が見えなかったので、坂場家での様子から彼のことをより分かってほしいです。彼の成長や変化の過程をしっかり演じることで、「こんな人は絶対に嫌」から「この人と結婚してよかった」と思われたいです。でも、どうだろう…。もうすぐクランクアップですが、撮影が始まったときからずっと、視聴者にどういう受け止め方をされるんだろう…と考えると怖いです。

-不器用な一面は人に誤解を与えがちですが、コミカルにも映し出されていますよね。

 坂場の真っすぐさと、周りにどう見られているか自覚していないところが滑稽で、“笑われる人間”を目指していますが苦戦しています。カレーをこぼしたり、牛のふんを踏んで転ぶところは、職場で屁理屈を言っている姿とのギャップを出して人間味を見せようしましたが、演じていると楽しくなっちゃって、やり過ぎたかな…と反省しました(笑)。

-中川さんは器用な方ですか? 不器用な方ですか?

 坂場ほど不器用ではないです。カレーをこぼすシーンも、いかに自然に見えるかを計算し尽くしてやっているので、逆に僕が不器用であれば、あのシーンは成り立たないです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

page top