「今までミュージシャンとして培ったものを生かして一生懸命、アナウンサーを演じているところです」トータス松本(河西三省)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年8月11日 / 20:50

-河西は田畑と一緒の場面が多いですが、阿部サダヲさんの印象は?

 最初にご一緒したのが、僕が司会をするラジオ番組に田畑が出演する場面。そこで「一言お聞かせください」と話を振ったら、一気にまくし立ててきたんです。僕も台本は読んでいたので、田畑が話す内容は知っていましたが、阿部くんは細かい部分を気にせず、「確かこんな内容だったはず」という感じでグワーッとくる。それが、カットがかかるまで止まらない上に、メチャクチャ面白い。阿部サダヲという俳優はすごいな…と、改めて思いました。

-今後は、歴史に残る「前畑ガンバレ!」の名文句を披露するベルリンオリンピックも、河西の見せ場になりますね。

 大役だったので、撮影前はものすごいプレッシャーがありました。だから、「楽しみ半分、憂鬱(ゆううつ)半分」という感じで…(笑)。音声が残っている河西さん本人の「前畑ガンバレ!」も聞きましたが、どうせ同じようにはできないと思って、途中でやめました。撮影は、実際に目の前で(前畑秀子役の)上白石(萌歌)さんがライバル選手とデッドヒートを繰り広げる様子を見ながらという、本物さながらの状況。もう自分なりの「前畑ガンバレ!」をぶちかますしかないと覚悟を決め、全身全霊で叫び倒しました。しかも、一緒にいた阿部くんも、ものすごく声がデカかったので、さらにテンションが上がってしまい…(笑)。

-かなり盛り上がったようですね。

ただ、テンションが上がりすぎて、ろれつが回っていない部分があったので、後日、大根(仁)監督から「撮り直し」と言われましたが(笑)。大根監督もそれだけこだわったシーンらしく、撮り直したらさらに良くなっていたので、僕自身も放送が楽しみです。

(取材・文/井上健一)

河西三省役のトータス松本(左)と田畑政治役の阿部サダヲ

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top