【インタビュー】「連続ドラマW そして、生きる」有村架純 過酷な現場で女優人生初の弱音を吐露…、坂口健太郎も未知の体験を

2019年8月5日 / 18:30

 連続テレビ小説「ひよっこ」をはじめとする人間ドラマの名手・岡田惠和が紡ぐ究極のオリジナルヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」で主演を務める有村架純と坂口健太郎。「恩師」と仰ぐ岡田と5度目のタッグとなる有村だが、その撮影は過酷を極め、女優人生で初めて弱音を吐露。坂口も未知の体験をしたという。そんな現場での様子や、本作に懸ける思いなどを聞いた。2011年に起きた東日本大震災のボランティアメンバーとして、東北の被災地で出会った瞳子と清隆。過酷な運命のもとで強く美しく生きる2人の姿を、周囲の人々の人生も交えて感動的に描いた本作は、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』(17)などの月川翔が監督を務める。

有村架純(ヘアメイク:尾曲いずみ、スタイリスト:瀬川結美子)と坂口健太郎(ヘアメイク:廣瀬瑠美、スタイリング:檜垣健太郎(little friends))

-“ゴールデンコンビ”とも呼べる岡田さんと有村さんですが、今回、岡田さんが脚本を担当すると知ったときの率直な感想は?

有村 3月に放送された「ひよっこ2」の撮影が昨年12月だったので、こんなに短い間にまたご一緒できるのは特別だなと感じました。岡田さんは、このドラマを「命を込めて描いた渾身(こんしん)作」とおっしゃっていたので、その“ただ事ではない”思いに応えたいし、前作を超えるものを岡田さんにお返ししなければいけないという気持ちで臨みました。

-岡田さんは有村さんのことを「同志」とおっしゃっていますが、有村さんにとって岡田さんの存在とは?

有村 「はい、同志です」なんて言えません(笑)。映画デビュー作の『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)でご一緒させていただいてからずっと見守ってくださり、「ひよっこ」では1年間一緒に戦わせていただき、いつも自分を超えなければいけない作品をプレゼントしてくださる方です。一言では言えませんが「恩師」のような存在です。

-「ひよっこ」の谷田部みね子役は当て書きでしたが、今回はいかがでしたか。瞳子の心優しく明るい性格や、女優を夢見て奮闘する姿は有村さんと重なりましたが…。

有村 みね子を演じているときは「これは私のことを言っているな」と思うことはありましたが、瞳子にはあまりなかったです。私をイメージしたというより、「次のあなたを見せてくださいね」と言われている感じがしました。

-一歩前に進んだ自分を見せられましたか。

有村 そうですね。瞳子はこれまで演じたことのない女性で、男前な性格で、どんな状況下でも客観的な判断を潔くできる人です。自分だったら選べないような苦肉の選択もできるところは尊敬できます。そんな自分とは全く違う瞳子を生きた実感があり、それが達成感につながったので、そういう意味では成長したと言ってもいいのかなと思います。

-坂口さんは岡田さんとは初めてですよね。穏やかなほほ笑みの裏につらい過去を秘めた清隆役ですが、演じてみていかがでしたか。

坂口 清隆は自分の生理に合っているので、脚本を読んでいても、彼の言動や感情は心にスッと落ちてきました。悲しみや弱さを糧に生きていますが、世の中に完全無欠な人間はいないので、弱くてもいい、情けなくてもいい、痛みを理解したい、と彼に寄り添う気持ちで演じました。

-実は、清隆役は坂口さんがオファーを受ける前から、岡田さんが当て書きで作り上げた役だそうです。

坂口 そうなんですか!? 知らなかったです。もちろん清隆と僕はまったく違う人物ですが、確かに彼の感情はとても理解できたし、愛しい存在でした。

-月川監督からは「何回も繰り返せる芝居ではなく、二度とできない本気の生の芝居」を求められ、テストなしの本番もあったそうですが、現場の様子はいかがでしたか。

坂口 自分の中から湧き出るものや、相手の言動に敏感に反応して、現場で生まれるものを大事にしようと心掛けました。テストを何度もやって固めるより、自由に、その瞬間にしかできないものを表現していたので、今、同じシーンの再現を求められてもできません。

有村 瞳子を生きるには自分のキャパを超えなければいけませんでした。テストなしで本番にいかせてもらった感情的になるシーンがあるのですが、監督から「もう一回」と言われたときには、初めて現場で「もうできないかもしれない…」って言っちゃいました。もちろん最後までやりましたが、まさか自分の口からそんな言葉が出るとは思いませんでした。普通は思っていても口に出さないですよね(笑)。女優人生で初めての体験でした。

坂口 僕も初めてのことでいえば、フィリピンロケの最中、感情が止まらなくなった自分に驚いたことがありました。悲しいシーンとはいえ、泣きの演技が要求されてはいなかったのに涙があふれてきて、カットの声が掛かっても20分ぐらいは涙が止まりませんでした。今までにない感覚に襲われたのは、現場の空気や清隆の人生を生き切ることができたからかもしれません。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top