【インタビュー】「連続ドラマW そして、生きる」有村架純 過酷な現場で女優人生初の弱音を吐露…、坂口健太郎も未知の体験を

2019年8月5日 / 18:30

 連続テレビ小説「ひよっこ」をはじめとする人間ドラマの名手・岡田惠和が紡ぐ究極のオリジナルヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」で主演を務める有村架純と坂口健太郎。「恩師」と仰ぐ岡田と5度目のタッグとなる有村だが、その撮影は過酷を極め、女優人生で初めて弱音を吐露。坂口も未知の体験をしたという。そんな現場での様子や、本作に懸ける思いなどを聞いた。2011年に起きた東日本大震災のボランティアメンバーとして、東北の被災地で出会った瞳子と清隆。過酷な運命のもとで強く美しく生きる2人の姿を、周囲の人々の人生も交えて感動的に描いた本作は、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』(17)などの月川翔が監督を務める。

有村架純(ヘアメイク:尾曲いずみ、スタイリスト:瀬川結美子)と坂口健太郎(ヘアメイク:廣瀬瑠美、スタイリング:檜垣健太郎(little friends))

-“ゴールデンコンビ”とも呼べる岡田さんと有村さんですが、今回、岡田さんが脚本を担当すると知ったときの率直な感想は?

有村 3月に放送された「ひよっこ2」の撮影が昨年12月だったので、こんなに短い間にまたご一緒できるのは特別だなと感じました。岡田さんは、このドラマを「命を込めて描いた渾身(こんしん)作」とおっしゃっていたので、その“ただ事ではない”思いに応えたいし、前作を超えるものを岡田さんにお返ししなければいけないという気持ちで臨みました。

-岡田さんは有村さんのことを「同志」とおっしゃっていますが、有村さんにとって岡田さんの存在とは?

有村 「はい、同志です」なんて言えません(笑)。映画デビュー作の『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)でご一緒させていただいてからずっと見守ってくださり、「ひよっこ」では1年間一緒に戦わせていただき、いつも自分を超えなければいけない作品をプレゼントしてくださる方です。一言では言えませんが「恩師」のような存在です。

-「ひよっこ」の谷田部みね子役は当て書きでしたが、今回はいかがでしたか。瞳子の心優しく明るい性格や、女優を夢見て奮闘する姿は有村さんと重なりましたが…。

有村 みね子を演じているときは「これは私のことを言っているな」と思うことはありましたが、瞳子にはあまりなかったです。私をイメージしたというより、「次のあなたを見せてくださいね」と言われている感じがしました。

-一歩前に進んだ自分を見せられましたか。

有村 そうですね。瞳子はこれまで演じたことのない女性で、男前な性格で、どんな状況下でも客観的な判断を潔くできる人です。自分だったら選べないような苦肉の選択もできるところは尊敬できます。そんな自分とは全く違う瞳子を生きた実感があり、それが達成感につながったので、そういう意味では成長したと言ってもいいのかなと思います。

-坂口さんは岡田さんとは初めてですよね。穏やかなほほ笑みの裏につらい過去を秘めた清隆役ですが、演じてみていかがでしたか。

坂口 清隆は自分の生理に合っているので、脚本を読んでいても、彼の言動や感情は心にスッと落ちてきました。悲しみや弱さを糧に生きていますが、世の中に完全無欠な人間はいないので、弱くてもいい、情けなくてもいい、痛みを理解したい、と彼に寄り添う気持ちで演じました。

-実は、清隆役は坂口さんがオファーを受ける前から、岡田さんが当て書きで作り上げた役だそうです。

坂口 そうなんですか!? 知らなかったです。もちろん清隆と僕はまったく違う人物ですが、確かに彼の感情はとても理解できたし、愛しい存在でした。

-月川監督からは「何回も繰り返せる芝居ではなく、二度とできない本気の生の芝居」を求められ、テストなしの本番もあったそうですが、現場の様子はいかがでしたか。

坂口 自分の中から湧き出るものや、相手の言動に敏感に反応して、現場で生まれるものを大事にしようと心掛けました。テストを何度もやって固めるより、自由に、その瞬間にしかできないものを表現していたので、今、同じシーンの再現を求められてもできません。

有村 瞳子を生きるには自分のキャパを超えなければいけませんでした。テストなしで本番にいかせてもらった感情的になるシーンがあるのですが、監督から「もう一回」と言われたときには、初めて現場で「もうできないかもしれない…」って言っちゃいました。もちろん最後までやりましたが、まさか自分の口からそんな言葉が出るとは思いませんでした。普通は思っていても口に出さないですよね(笑)。女優人生で初めての体験でした。

坂口 僕も初めてのことでいえば、フィリピンロケの最中、感情が止まらなくなった自分に驚いたことがありました。悲しいシーンとはいえ、泣きの演技が要求されてはいなかったのに涙があふれてきて、カットの声が掛かっても20分ぐらいは涙が止まりませんでした。今までにない感覚に襲われたのは、現場の空気や清隆の人生を生き切ることができたからかもしれません。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top