【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

2019年8月15日 / 12:00

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門11ノミネート、ミュージカル主演男優賞を受賞した本作は、南仏リビエラを舞台に、2人の詐欺師がだまし合いを繰り返すコメディーだ。本作がミュージカル3作目となる山田と、ミュージカル界を代表する俳優・石丸に公演への思いを聞いた。

ローレンス・ジェイムソン役の石丸幹二(左)とフレディ・ベンソン役の山田孝之

-今日(取材日)から本稽古が始まったということですが、まずはご出演が決まったお気持ちは?

山田 プレッシャーもありますが、それよりも楽しみの方が大きかったです。早く皆さんと稽古に入りたいな、と。待ちに待った、今日がその日です。

石丸 僕も山田さんとミュージカルの現場で共演できるというのは夢のようです。この作品は、僕はブロードウェーで見て、いつかやりたいなと思っていた作品です。今回、こういう形で、しかも山田さんと共演でとても幸せです。

-福田さんの演出の印象は?

山田 僕が過去に2度ミュージカルに出演した際も福田さんの演出で、福田さんの演出しか知らないので…どうなんでしょうか。特殊らしいですが(苦笑)。

-どんなところが特殊なんですか。

山田 僕みたいに慣れていない人がいる(現場な)ので、かなり初期の段階から1幕、2幕を通した稽古を何度もやってくれるんです。そうすると、動きと一緒にせりふも入ってきて慣れていくので、そうしてくれていると聞きました。

石丸 勝手が違うということは僕もうわさで聞いていました。何せ、読み合わせをした翌日からみんなで立つ(立ち稽古をする)らしいよ、と。僕はせりふが入るのが遅いので、どうしようと思いましたが、今、山田さんの話を聞いて、慣らしていきながら覚えていくことが許されるんだなと、安心しました(笑)。

-今現在、それぞれの役にどのような印象があり、どう演じようと思っていますか。

山田 僕はベテランの詐欺師がいるところにきた、若いからこそ自信があって調子に乗っている役です。根拠のない自信が彼のかわいさでもあると思いますし、そこを全うすることによってキャラの色がはっきりと分かれると思います。

石丸 僕が演じるローレンスは、(山田が演じる)フレディが街にやってきたことを新聞で知り、ピンチに追いやられていく人物です。フレディは、マンネリ化したローレンスが初心に戻るカンフル剤になっていく。その関係性が面白いなと思っています。

-役者としてのお互いの印象は?

石丸 自分の個性をしっかり出している俳優さんだと思っていました。見る作品、見る作品、全部が山田さんらしいんだけど同じじゃない。いろいろとやっていても、彼のラインは一貫していて、「これぞ山田孝之」というものがある。そのぶれなさが素晴らしいと思いました。

山田 ミュージカルの第一線で長く活躍されてきた方という印象です。僕も早くあんなに堂々と舞台で歌えるようになれたらいいな、と。

-山田さんも3作目にして堂々と舞台に立たれている印象がありますが。

山田 昨年出演した「シティ・オブ・エンジェルズ」では、演じた役柄的に堂々と見えただけで、内心はめちゃくちゃ緊張していましたよ(笑)。今回は、力が抜けた、周りをちゃかしていくキャラクターなので、素の部分が出てきちゃうかもしれない。舞台は生もので、何が起きるか分からないですから、臨機応変に対応できる余裕は持っておかないとなと思っています。

-山田さんは映像を中心にご活躍されてきましたが、そんな中、舞台に立つことにどのような魅力を感じていますか。

山田 何よりもお客さんがそこにいて、リアクションがその場で返ってくることが最大の違いで魅力だと思います。しかも、その時々で、お客さんの反応やテンションが明らかに違うんです。今日は全然笑いが起きないなって日もありますから(苦笑)。でも、それも含めて舞台に立つことは楽しいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top