【インタビュー】舞台「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」乃木坂46・桜井玲香&元木聖也「突拍子もないまさかの展開が畳み掛けてくる」

2019年7月30日 / 16:33

 イギリスで大ヒット上演中の話題のコメディー舞台「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」が8月2日に開幕する。数々の演劇賞を受賞し、今イギリスで最も勢いのある頭脳派コメディー劇団“Mischief Theatre”(ミスチーフシアター)の最新作で、全員が詐欺師を演じるサスペンスコメディーだ。主演のサム役を宇宙Six/ジャニーズJr.の原嘉孝、結婚詐欺師のカプリス役を乃木坂46のキャプテン桜井玲香、カプリスの元カレで脱獄囚のミッチ役を元木聖也らが演じ、演出を小林顕作が務める。今回は桜井と元木にお互いの印象や見どころなどを聞いた。

ミッチ役の元木聖也(左)とカプリス役の桜井玲香

-お二人の役柄は元カレ・元カノという関係ですが、共演してみてお互いの印象は?

桜井 元木さんは役柄とは真逆ですよね(笑)。

元木 そうなんですよ(笑)。

桜井 普段はほわんとしている感じなんです。絶対に言わないだろうなみたいなせりふをバンバン言っていて、普段のフワフワ感とは全然違うからファンの人は喜びそうな役柄です。

元木 桜井さんはアイドルの方なので、「アイドルの方にこんなせりふを言わせちゃっていいの?」みたいなのが結構あります。今日も稽古であったんですけど、桜井さんは「大丈夫ですよ」ってサラッと答えていました(笑)。

桜井 全力で言いますよ!(笑)。

-イギリスのコメディー作品に出演すると決まったときはどんな気持ちでしたか。

元木 このお話をもらったときは、本当にすごい舞台がやってきたなと思いました。海外のメディアの評価もすごくて、そんな舞台をいよいよ日本でやるんだと聞いて、個人的には顕作さんと昔から一緒にやっていたので、また一緒にやれるのがすごくうれしかったです。ここまで振り切ったコメディー舞台に出演するのは初めてですし、日本じゃなかなかお目にかかれない作品です。

桜井 私は「Mr.カミナリ」というコメディー舞台に出させていただいたのですが、そのときは客演で、「カワイイね~もうそれでいいよ~」みたいにベタベタに甘やかしてもらって(笑)。

元木 いるだけでいいよみたいな?

桜井 そうですね。本当にゲストみたいな感じでした。だから、本格的にコメディーを演じるというのは初めてと言えば初めてかもしれません。最近はずっとシリアスな作品への出演が続いていたので、それで今回は「何も考えずにずっと笑っていられる作品をやろう」とスタッフさんが言ってくださって、お声を掛けていただいたんです。

元木 それならうってつけの作品だね(笑)。

桜井 でも、ストーリーがすごくしっかりしていますよね。ただ笑えるだけじゃなくて、海外作品ならではの突拍子もない、まさかの展開が畳み掛けてきて、そういうところも含めて素晴らしい作品で、そんな作品に出演させていただけるのは本当にありがたいです。

-本作の見どころは?

桜井 イギリス版とはベースも脚本も一緒ですけど、日本オリジナル感が強く出ているんです。笑いもイギリス人と日本人では感覚が全く違うと思うんですけど、そういうのをしっかり日本人向けに落とし込んで、日本人の方が自然となじんで笑えるように変えていて、いいバランス感で作っていただいています。

元木 日本版は歌がすごく増えているんです。全部の歌が顕作さんオリジナルの作詞・作曲で、すてきで楽しい歌も多いし、ダンスの振り付けも面白いものが多いです。それと、オリジナルの台本が読んだだけじゃ分からなくて、舞台の上に立って作ったんだろうなと思えるようなト書きがたくさんあるんです。だけど、それを稽古で実際にやってみたらすごく楽しかったので、台本の面白さというものをしっかりと表現できていると思います。

-元木さんは戦隊シリーズの「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で怪盗を演じていましたが、今回も泥棒という役ですね。

元木 今はそういうときなのかなと思っちゃいますね(笑)。去年は1年間ずっと怪盗としてお宝を狙う役でしたけど、またお宝を狙って2年目に突入している感じです(笑)。その1年間では、人のことをだましたり、うそをついたり、頭を使って動いたりする役でしたが、今回の役はあまり頭が良くないんです。でも、お宝を狙う姿勢や行動力は一緒なので、そこは似ているなとも思うし、そういう役が得意になってきました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top