【インタビュー】舞台「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」乃木坂46・桜井玲香&元木聖也「突拍子もないまさかの展開が畳み掛けてくる」

2019年7月30日 / 16:33

 イギリスで大ヒット上演中の話題のコメディー舞台「THE BANK ROBBERY! ~ダイヤモンド強奪大作戦~」が8月2日に開幕する。数々の演劇賞を受賞し、今イギリスで最も勢いのある頭脳派コメディー劇団“Mischief Theatre”(ミスチーフシアター)の最新作で、全員が詐欺師を演じるサスペンスコメディーだ。主演のサム役を宇宙Six/ジャニーズJr.の原嘉孝、結婚詐欺師のカプリス役を乃木坂46のキャプテン桜井玲香、カプリスの元カレで脱獄囚のミッチ役を元木聖也らが演じ、演出を小林顕作が務める。今回は桜井と元木にお互いの印象や見どころなどを聞いた。

ミッチ役の元木聖也(左)とカプリス役の桜井玲香

-お二人の役柄は元カレ・元カノという関係ですが、共演してみてお互いの印象は?

桜井 元木さんは役柄とは真逆ですよね(笑)。

元木 そうなんですよ(笑)。

桜井 普段はほわんとしている感じなんです。絶対に言わないだろうなみたいなせりふをバンバン言っていて、普段のフワフワ感とは全然違うからファンの人は喜びそうな役柄です。

元木 桜井さんはアイドルの方なので、「アイドルの方にこんなせりふを言わせちゃっていいの?」みたいなのが結構あります。今日も稽古であったんですけど、桜井さんは「大丈夫ですよ」ってサラッと答えていました(笑)。

桜井 全力で言いますよ!(笑)。

-イギリスのコメディー作品に出演すると決まったときはどんな気持ちでしたか。

元木 このお話をもらったときは、本当にすごい舞台がやってきたなと思いました。海外のメディアの評価もすごくて、そんな舞台をいよいよ日本でやるんだと聞いて、個人的には顕作さんと昔から一緒にやっていたので、また一緒にやれるのがすごくうれしかったです。ここまで振り切ったコメディー舞台に出演するのは初めてですし、日本じゃなかなかお目にかかれない作品です。

桜井 私は「Mr.カミナリ」というコメディー舞台に出させていただいたのですが、そのときは客演で、「カワイイね~もうそれでいいよ~」みたいにベタベタに甘やかしてもらって(笑)。

元木 いるだけでいいよみたいな?

桜井 そうですね。本当にゲストみたいな感じでした。だから、本格的にコメディーを演じるというのは初めてと言えば初めてかもしれません。最近はずっとシリアスな作品への出演が続いていたので、それで今回は「何も考えずにずっと笑っていられる作品をやろう」とスタッフさんが言ってくださって、お声を掛けていただいたんです。

元木 それならうってつけの作品だね(笑)。

桜井 でも、ストーリーがすごくしっかりしていますよね。ただ笑えるだけじゃなくて、海外作品ならではの突拍子もない、まさかの展開が畳み掛けてきて、そういうところも含めて素晴らしい作品で、そんな作品に出演させていただけるのは本当にありがたいです。

-本作の見どころは?

桜井 イギリス版とはベースも脚本も一緒ですけど、日本オリジナル感が強く出ているんです。笑いもイギリス人と日本人では感覚が全く違うと思うんですけど、そういうのをしっかり日本人向けに落とし込んで、日本人の方が自然となじんで笑えるように変えていて、いいバランス感で作っていただいています。

元木 日本版は歌がすごく増えているんです。全部の歌が顕作さんオリジナルの作詞・作曲で、すてきで楽しい歌も多いし、ダンスの振り付けも面白いものが多いです。それと、オリジナルの台本が読んだだけじゃ分からなくて、舞台の上に立って作ったんだろうなと思えるようなト書きがたくさんあるんです。だけど、それを稽古で実際にやってみたらすごく楽しかったので、台本の面白さというものをしっかりと表現できていると思います。

-元木さんは戦隊シリーズの「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で怪盗を演じていましたが、今回も泥棒という役ですね。

元木 今はそういうときなのかなと思っちゃいますね(笑)。去年は1年間ずっと怪盗としてお宝を狙う役でしたけど、またお宝を狙って2年目に突入している感じです(笑)。その1年間では、人のことをだましたり、うそをついたり、頭を使って動いたりする役でしたが、今回の役はあまり頭が良くないんです。でも、お宝を狙う姿勢や行動力は一緒なので、そこは似ているなとも思うし、そういう役が得意になってきました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【コラム】ネクストブレーク注目俳優を予想! 次にくるのは話題のドラマに出演中のイケメンか

ドラマ2019年8月19日

 若者のテレビ離れが叫ばれて久しいが、中村倫也や田中圭などブレークする俳優は今もドラマ出演がきっかけになることが多い。2019年上半期は、深田恭子が主演したドラマ「初めて恋をした日に読む話」でピンク髪の年下男子を好演した横浜流星が多くの女性 … 続きを読む

【映画コラム】エルトン・ジョンの半生をファンタジックに描いた『ロケットマン』

映画2019年8月19日

 『ボヘミアン・ラプソディー』(18)で最終監督を務めたデクスター・フレッチャーが、エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』が8月23日から公開される。  エルトンの、ミュージシャンとしての天才的な才能、家族(特に父親)との確執、同性 … 続きを読む

「初めは全く泳げなかったので、用意された分の3倍ぐらい個人で水泳の練習をしました」大東駿介(鶴田義行)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年8月18日

 1932(昭和7)年のロサンゼルスオリンピックで、メダルラッシュの快進撃を続けた日本水泳チーム。その最後を飾ったのが、鶴田義行の200メートル平泳ぎ2連覇だった。ドラマとは言え、その力強い泳ぎに手に汗握った視聴者は多いに違いない。ところが … 続きを読む

【演劇コラム】人気俳優出演作から大人気原作の舞台化まで、2019年秋冬の注目舞台!

舞台・ミュージカル2019年8月16日

 昨今、夏恒例の音楽番組にミュージカル俳優たちが出演し、見事な歌声を聞かせることも多くなった。このように、大きな盛り上がりを見せているミュージカル、演劇業界だが、実際にはまだまだ劇場に足を運んだことがないという人も多いのでは。そこで、舞台初 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

舞台・ミュージカル2019年8月15日

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top