【インタビュー】映画『二ノ国』日野晃博「今回だけは映画のために映画を作る」スタジオジブリの遺伝子を持つ青春×ファンタジー超大作

2019年7月29日 / 12:00

 「レイトン」シリーズや「妖怪ウォッチ」などの大人気シリーズを生み出した日野晃博が、スタジオジブリとの協力で生み出したゲーム「二ノ国」シリーズ。ゲーム版同様に、監督・百瀬義行と音楽・久石譲という日本を代表するドリームメーカーが集結し、青春×ファンタジー超大作としてついに映画化され、8月23日から公開される。製作総指揮/原案・脚本を務めるレベルファイブ代表の日野に、映画製作の経緯や見どころなどを聞いた。

レベルファイブ代表の日野晃博

-ゲーム版は2010年から発売されていますが、映画版を作ろうと考えたきっかけは?

 もともとスタジオジブリさんとゲームを一緒に作るということで、ゲームだけではなくて、映画もやりたいというのは最初の段階からありました。ただ、やっぱりジブリさんが相手ということで、簡単に映画を作れるわけがないというのもあって、もう諦めかけていたんです。でも、2017年ぐらいにワーナー・ブラザースさんから「二ノ国」は映画の題材としてもってこいであると、映画にしたいという強いオファーを頂きまして、真剣に考え始めたんです。

-映画の製作開始から、完成までを振り返ってみての感想は?

 本作は、今までのレベルファイブの作ってきた映画とは違うパターンなんです。今まで僕らは、ゲームや商品と連動してコンテンツを広めるために、映画やテレビアニメを作ってきていて、クロスメディアのコンテンツの要素の一つだったんですね 。だけど、今回だけは映画のために映画を作るというか、「二ノ国」という僕らが作ったコンテンツではあるんですけど、今回は何とも連動しておらず、純粋にいい映画を作ろうということだったんです。だから、内容は他のメディアと絡んでいません。そういう意味では、今までにないパターンのアプローチで、映画を作るとはこういうことなのかと感じながらの製作でした。

-ゲームと映画の脚本の考え方で意識することは?

 お話作りは基本的にどっちの場合であっても、純粋に面白いものを作りたいと思って考えるので違いはありません。ただ、一つだけ違うのはスケジュールの部分です。僕らは毎年ずっと年末に映画を上映しているんですけど、いつまでにシナリオを上げて、いつまでにコンテを上げてというプロセスの中でやるので、シナリオが上がって製作に入ってしまうと、一切その後の試行錯誤というのはなくて、限られた時間で作るというところが今まででした。今回に関しては、年末に商品があるので絶対に年末に映画を上映しなきゃいけないとかではなく、もう少し余裕のある形でしたし、お話についても久石さんとの話の中で新しい発想が生まれたりもしたんです。

-それはどんな発想だったのですか。

 実は最初のストーリーは、殺された王様がいて、王様を殺した犯人を捜すミステリーから始まって、だんだん国家的な陰謀が明らかになっていくという、王宮ミステリーから始まる壮大な王国サスペンスみたいなものを書いていたんです。それで、いいプロットになったので、脚本にした状態で久石さんのところに持っていったら、久石さんから「今まで『二ノ国』のゲームを一緒に作ってきて、『二ノ国』って一ノ国と二ノ国を行ったり来たりするところが魅力じゃなかったっけ?」と言われたんですよ。面白ければ、一ノ国が関係のないファンタジー世界の作品を作っちゃっていいのかという。それが「二ノ国」と言えるのかということなんです。そこで気付かされて、ワーナーのプロデューサーさんに頼んで、書き直しをさせていただきました。すぐに直さないと認めてもらえないので、急いで書き直したんですけど、かなり頑張りましたね(笑)。

-ゲーム版を知らない人もいると思いますが、そういう人にとっての見どころは?

 ゲーム版を全く知らなくても楽しめる映画にするというのが最初からのコンセプトなので、ゲーム版を事前にプレーしておく必要はないです。なので、純粋に映画として楽しめる作品になっています。「二ノ国」のゲームを作ってきて、この映画で初めて日本が一ノ国としての舞台になるんですが、映画オリジナルのキャラクターやストーリーが軸になっていて、映画だけの情報で十分に楽しめるので、何の心配もなく映画だけを見ていただければと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top