宇宙Six原嘉孝「星野真里さんがきれいなので心配」 山本亮太、主演舞台の再演は「本当にうれしい」

2019年5月10日 / 16:26

原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)

 もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ第7弾舞台「桃山ビート・トライブ~再び、傾(かぶ)かん~」成功祈願&制作発表が10日、東京都内で行われ、出演者で宇宙Sixの山本亮太と原嘉孝、MADEの冨岡健翔、星野真里ほかが出席した。

 シリーズ第5弾舞台の再演となる本作は、安土桃山時代を舞台に、天下一の三味線弾きを目指す藤次郎(山本)や笛役者の小平太(原)ら4人の若者が一座を結成し、型破りな芸と音楽を武器に権力に立ち向かう物語。

 4人は劇中の一座の衣装で登場すると、三味線や笛などを使ったパフォーマンスを披露した。山本は、再演の話を聞いたときの心境について「『うそでしょう?』って二度、三度と聞き直しました。本当にうれしかったです」と喜びを語った。

 見どころを聞かれると「今は三味線の稽古をしたり、どうやったらもっとカッコよく見せられるかなというのを研究しています。前回以上の200パーセントのパフォーマンスを見せたいです」と力強く語った。

 再演からの出演となる原は「もともとは目黒蓮っていう、うち(宇宙Six)のメンバーがやっていた役をやらせていただくので、プレッシャーでもあり楽しみでもあります。皆さんの期待を超えて、いい意味でぶち壊していきたいです。僕らの黒髪が見られる機会もなかなかないので、楽しみにしていてください」とファンにアピールした。

 「役柄を演じる上で難しいところは?」と聞かれると、「真里さんが、役的にすごく関わるんですけど、すごくおきれいだから、緊張し過ぎて芝居ができるかなっていうのが心配です。演じる上で原嘉孝が出てこないように、自分に打ち勝ちたいです」と答えて、笑いを誘った。

 藤次郎らをライバル視するお国一座の平信を演じる冨岡は「アクロバットもあったりコミカルタッチなキャラクターです。日舞を始めたので、少しずつ(劇中で)出せていけたらと思います」と笑顔でコメントした。

 舞台は6月14日~16日、京都劇場、6月21日~7月1日、都内・EXシアター六本木で上演。

(前列左から)水野絵梨奈/Elina、原嘉孝、山本亮太、副島淳、(後列左から)星野真里、冨岡健翔、山崎樹範


芸能ニュースNEWS

二階堂ふみ「役所広司さんは特別な方」 二階堂家の食育は「悩んだときは食べて寝ろ」

トレンド2019年8月19日

 「マルちゃん正麺 新CM発表会」が19日、東京都内で行われ、新CMに出演する役所広司と二階堂ふみが登場した。 続きを読む

水原希子、今年初の浴衣姿を披露 「今年の夏は解放しっ放し」

トレンド2019年8月19日

 エビアン限定ボトル発売記念イベント「#IWANNA BON-ODORI」が19日、東京都内で行われ、ブランドアンバサダーの水原希子が浴衣姿で出席した。 続きを読む

演劇「ハイキュー!!」新生烏野が始動 醍醐虎汰朗「僕が一から始めるんだという気持ち」

舞台・ミュージカル2019年8月19日

 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“飛翔”制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の醍醐虎汰朗、赤名竜之輔ほかが登壇した。  本作は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)に連載中の古舘春一氏の人気バレーボール漫画を舞台化したもので … 続きを読む

三吉彩花「1回、自信をなくした」 矢口史靖監督からの手紙に涙

映画2019年8月19日

 映画『ダンスウィズミー』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明と矢口史靖監督が登壇した。  本作は『スウィングガールズ』などで知られる矢口監督が監督・脚本を担当した … 続きを読む

財木琢磨「最初は弾けるものかと思った」 田中日奈子「パニックになってしまいました」

舞台・ミュージカル2019年8月19日

 舞台「この音とまれ!」の初日前会見が16日、東京都内で行われ、出演者の財木琢磨、田中日奈子ほかが登壇した。  本作の原作は『ジャンプスクエア』(集英社刊)に連載中の大人気コミックス。和楽器「箏(こと)」を題材に、箏に情熱を注ぐ高校生たちの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top