【インタビュー】『雪子さんの足音』寛一郎、“映画人”として生きる覚悟… 父・佐藤浩市とはねたみ合う「ライバルでいたい」

2019年5月17日 / 17:37

 名優・三國連太郎を祖父に、佐藤浩市を父に持ち、彼らと同じ映画俳優の道を歩きはじめた寛一郎。計り知れないプレッシャーがのしかかるその胸には、2人の偉大な役者の「3世」ゆえの覚悟が秘められていた…。

寛一郎

 映画『心が叫びたがってるんだ。』(17)で表舞台に登場して以降、順調に活動を続ける寛一郎。16年秋、『菊とギロチン』(18)で初めて映画の現場に足を踏み入れてからの3年間はあっという間で、「時間が過ぎるのが早いと感じるのは充実している証しだと思います。思い通りの演技ができなかったり、あまりの労力に面倒で疲れたりもするけれど、時間を掛けて考え、体になじませ、構築していく役作りや、本番で芝居がかみ合った瞬間には充足感を覚えます」と俳優としての日々に喜びをにじませた。

 そんな寛一郎は、あまり家族の話をしたがらない空気を漂わせており、昨年度の「第92回キネマ旬報ベスト・テン」授賞式では、ベテランアナウンサーでさえ、「お父さんのこと、一つだけ聞いてもいいですか…?」と遠慮しながら、寛一郎が新人男優賞を受賞した際の佐藤の反応を尋ねていた。

 実際、祖父や父の話を振られると、「条件反射みたいに『嫌!』と感じる」のだという。そうは言っても、「『2世』とか『3世』って言われて、ある種の偏見の中で育ってきたから今さらですけどね(笑)。それに、この仕事ができているのは、おじいちゃんやおやじのおかげでもあるので」と感謝の言葉も口にした。

 その思いは俳優としての覚悟にもつながる。「これまでも、これからも、どんなにつらいことがあっても、この世界から逃げ出すという選択肢はありません。それは、三國連太郎の孫で、佐藤浩市の息子である僕自身が、役者をやる重みを理解しているから」と力を込める。

 気になる親子仲にも触れると、誰もが通過する反抗期も無事に乗り越え、「今はおやじとの仲はいいですよ」と笑顔で答えてくれた。しかし、「“親子”と“役者”の線引きはあって、そこは守っていきたいです。家族の在り方はそれぞれですけど、僕は親に仕事の話をしている2世を見ると薄っぺらく感じてしまう」と見解を示し、「おじいちゃんとおやじのように、親子と言えどもライバルでいたい。彼らはつながっていた部分はあったけど、お互いにバチバチでねたみ合っていたところはいいなと思っていました」とうらやんだ。

 そのバチバチの局面が見られるか!?と思わず期待した、映画『雪子さんの足音』(5月8日公開)。下宿人の薫(寛一郎)に過剰に親切にする月光荘の大家・雪子(吉行和子)の欲望と闇を描いた同作に、佐藤も雪子の息子の悪友役で友情出演しているのだ。

 この一報に驚いたのはわれわれだけではなく、寛一郎も「びっくりしました。僕の方が先に出演が決まっていて、あとからおやじも出ると聞いたので…」と苦笑い。が、残念ながら共演シーンはないため、かつて三國と佐藤が『美味しんぼ』(96)など数作品で共演したように、いつか芝居合戦を見たいと願うと、「まだ絡まなくてもいいかなぁ」と本音を語りつつも、「いずれは対面することになると思うし、しなきゃいけない宿命だと思います」と言い切った。

 理想は、火花を散らして対峙(たいじ)する役だそうだが、「現実は思わぬタイミングで、親子役とか想像とは違う役になるんじゃないかな」と予想した。そして、「いろいろな感情があります。楽しみでもあり怖くもあり、嫌ではないけど良くもないし、でもいつかやりたいし、やりたいくないし…」と複雑な“子ども心”をのぞかせた。

 幼少期から映画の世界で活躍する祖父と父を見て育ち、「映画人と言われる役者」を目指す寛一郎は、長らくフィルム映画を撮り続けてきた浜野佐知監督とのタッグにもご機嫌な様子。「監督は、今回初めてデジタル撮影をされましたがフィルムの撮り方だったから、フィルム経験のない僕は疑似体験ができました。一言ずつカットを割るなど手間が掛かるけど、初体験で面白かったです」と笑みをこぼした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top