【インタビュー】「美しく青く」向井理「僕にとって舞台は『やりたい』というより『やらなきゃいけない』」

2019年5月15日 / 12:00

 俳優・向井理が、劇作家・演出家、赤堀雅秋と初タッグを組む舞台「美しく青く」の上演が決定した。映画やドラマで活躍するほか、劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season風』など舞台作品にも積極的に出演している向井が熱望した赤堀とのタッグで見せるのは、懸命に生きる市井の人々。仮設住宅を舞台に繰り広げられる人間ドラマを、繊細に、そして深みを持って描く。主人公となる、どこにでもいる普通の青年を演じる向井に、本作への意気込み、そして舞台作品に出演することへの思いを聞いた。

向井理

-念願の赤堀作品出演とお聞きしています。出演が決まった気持ちを改めてお聞かせください。

 赤堀さんの作品は、ずっと拝見していました。きっと、こういったコミュニティーの中で生きている人がいっぱいいるんだろうなと感じさせる生々しさと、それが崩壊したときに出てくる本性、抑えていた感情が爆発する瞬間を描いていて、そういった作風に魅力を感じていました。とても繊細に、人間関係や会話を描いていらっしゃるんです。見ていると単純に面白いんですよ。でも、これは赤堀さんの作品に限らずですが、演じる側が傷ついて、つらい思いをしているからこそ、面白い作品になっている。傷ついて奔走している人というのは滑稽な面白さもあるし、共感できるところもあって、日常の延長線上にある非日常が見ていて面白いんです。見る側としては。
 役者としては、そういった作品に出るというのは、すごく大変で、夜もうなされるぐらいすごくきつい。動物園のおりの中に入るような気持ちなんです(笑)。だから、今回の出演も、単純に楽しみなだけというわけではなく…今は考えないようにしています(笑)。簡単にできるお芝居ではないですし、だからこそやりがいもあるんですが、うれしい、楽しいという言葉だけではない。ただ、ハードルが高い分、それを乗り越えて、千秋楽を迎えたときに、どういう景色が見えるのかなという期待はあります。

-赤堀さんの作品に出演したいという気持ちは、赤堀作品を見る中で、早い段階からあったのですか。

 気持ちはありましたが、見ていて大変そうだなと思っていました(笑)。ただ、僕は舞台俳優ではないですし、年に何本もできない分、1本に懸ける思いは自分の中で大きいんです。(その機会を)大事にしないといけないという思いもありますし、舞台でしか分からないものや見えないものがたくさんあるとも思っています。だから、僕にとって舞台は、「やりたい」というよりは「やらなきゃいけない」。やるからには、今は、大変な作品の方がいいと思っていますし、毎回、修行をする気持ちで稽古場に行っています。単純に「やりたい」という思いよりも、それを乗り越えたときに成長しているんじゃないかという期待があるという感じです。

-映像の場合は、舞台のようなきつさはあまり感じませんか。

 過程も結果も全然違いますし、演目にもよると思いますが…。でも、舞台の場合は、幕が開いている間中、集中し続けて、舞台の上に居続けないといけないので、人前に立つという緊張感があります。舞台に立っている間はずっと見られているという前提で演じるので、気も抜けない。映像の場合は、撮影で2時間本番を回すことはないので、一瞬の集中力や瞬発力が必要で、それは舞台とはまた使っている回路が違う気がします。

-向井さんにとって、舞台に出演する一番の魅力は?

 お客さんが目の前にいるということですね。ドラマの場合には、撮影が終わったそのときに、見ている人の拍手はもらえない。でも、舞台では幕が開いて、閉じるまでの時間をお客さんと共有できるので、一体感をすごく感じますし、反応も分かります。同じ空気を吸っていることを感じるのは、舞台ならではです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top