野村萬斎、東京五輪前に日本の力をアピール 佐藤浩市、茶道所作は「吹き替えでもよかったんじゃ…」

2017年5月29日 / 15:48

(左から)篠原哲雄監督、和田正人、吉田栄作、中井貴一、野村萬斎、佐藤浩市、佐々木蔵之介、山内圭哉、森川葵

 映画『花戦さ』の公開直前舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の野村萬斎、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作と篠原哲雄監督が出席した。

 本作は、暴君と化した豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政から町衆を守るため、花僧・初代池坊専好(萬斎)が、刀ではなく花を手に、一世一代の大勝負に挑む姿を描く。

 萬斎は「髪が伸びました。この(撮影の)時はちゃんと刈っていたんですけど。少年のような役をやらせていただきました」と語り、京都で行われた撮影では「方言は初めてで、話すのが大変でした。現場ではネイティブな方もエセっぽい方も、皆さん京都弁に慣れようってことで、皆で京都弁でお話ししているのが新鮮でした」と振り返った。

 専好の友人でもある千利休を演じた佐藤は「ギラギラじゃない佐藤浩市が見られます。お楽しみください」とアピールして笑わせ、劇中で披露している茶道の所作については「何回か習いに行かせてもらって、見ている方が違和感を感じないようにできるだけ滑らかにと意識してやっていました。監督は手しか撮ってくれないので、吹き替えでもよかったんじゃないかと。でも自分でやっているので」と明かした。

 最後に萬斎は「日本の文化がたくさん詰まっています。日本の教科書のスタンダードになるのではないかというぐらい文化の香りに満ちている。対話するための一つのきっかけにお茶やお花、文化芸術があるとまさしく確信するものです。(東京)五輪を前にまた日本の力というものを感じていただければ」と呼び掛けた。

 映画は6月3日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

ドラマ2021年3月5日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。  剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れな … 続きを読む

桜井玲香、咲妃みゆへの思いを告白  「好きが止まらないぐらいに大好き」

舞台・ミュージカル2021年3月4日

 舞台「GHOST」初日前日囲み取材&公開稽古が4日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、咲妃みゆ、桜井玲香、水田航生、森公美子が登場した。  本作は、大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をミュージカル化。温厚で誠実な銀行員のサム(浦 … 続きを読む

松坂桃李が“モンハン語”に挑戦 ミラ・ジョヴォヴィッチとオンライントーク

映画2021年3月4日

 映画『モンスターハンター』ジャパンプレミアムトークショーが4日、東京都内で行われ、出演者の山崎紘菜、日本語吹き替え版の声優を務めた本田貴子、松坂桃李が出席。主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督もオンラインで参加し … 続きを読む

大泉洋、吉田大八監督にボヤき連発 「全然オーケーが出ない。どんどんパニクる」

映画2021年3月4日

 映画『騙し絵の牙』騙し合いバトル開幕式が3日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。  本作は、作家の塩田武士氏が、大泉を主人公に当て書きした小説の … 続きを読む

「青のSP」“隆平”藤原竜也の恋人を殺した犯人が判明 「学校組織は裏がありありって感じ」

ドラマ2021年3月3日

 藤原竜也が主演するドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、2日に放送された。  本作は、公立赤嶺中学校に配属された学校内警察(スクールポリス)の嶋田隆平(藤原)が、学校内外で起こる … 続きを読む

amazon

page top