「監督からいきなり『肋木に足を掛けて…』と言われ、焦りました(笑)」杉本哲太(永井道明)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年5月12日 / 21:00

-永井は嘉納治五郎、可児徳と一緒の場面が多いですが、演じる役所広司さん、古舘寬治さんと共演した感想は?

 面白いですね。校長室のシーンはまとめて撮ることが多いのですが、いろいろな人が出入りする中でも、僕と役所さんと古舘さんはいつも一緒。ずっと大声を張り上げているので大変ですが、3人のアンサンブルは大好きです。治五郎さんには懐の深さがありますし、中間管理職的な可児さんも魅力的。可児さんと2人で酔っ払ってクダを巻いて、安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)の悪口を言う場面(第8回)は、撮影の前日ベンチで休憩していたら、古館さんから「あの場面、哲太さんとアドリブでやれたら楽しいなー」と言われたりして、ちょっと緊張しましたが楽しかったです(笑)。

-金栗四三役の中村勘九郎さんの印象は?

 僕がミスター・肋木なら、勘九郎さんはミスター・ストイックマンです(笑)。体作りを含めた役作りに余念がない。話を聞いてみたら、撮影前にジムで筋トレをしてきたり、撮影が終わった後にジムに行ったりしているそうです。360度、どこから見ても四三さん。まるで乗り移っているようで、四三さんなのか、勘九郎さんなのか、分からないくらいです。

-永井を含め、どの登場人物も熱く個性的で、今の日本人とはだいぶ印象が異なりますが、演じていてどんなことを感じますか。

 最近は、自分の思いや主張はあっても、表に出したり話したりするのはかっこ悪いことと思われているのかな。でも、このドラマに出てくるのは、それとは正反対で熱い人ばかり。もしかしたら、「暑苦しい」と感じる人もいるかもしれません。でも、僕らの先生や先輩を含めて、そういうふうに自分の主張をはっきり持っている熱い人がたくさんいらっしゃった。もちろん、大声を出せばいいというわけではありませんが、そういう「熱さ」も日本人の良さの一つではないかと思うんです。このドラマの「熱さ」から、何かを感じてもらえたらいいですね。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」田辺誠一 主演の吉沢亮を絶賛「役者としての引き出しがすごい」

ドラマ2021年4月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)のいとこであり、学問や剣術の師でもある尾高惇忠を演じる田辺誠一が、コメントを発表した。 … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」小林薫「吉沢さんからは新世代の“気”を感じています」

ドラマ2021年4月7日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)の父・市郎右衛門を演じている小林薫が、コメントを発表した。  市郎右衛門は、骨身を惜し … 続きを読む

amazon

page top