【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

2019年4月22日 / 10:00

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎えた老夫婦の心の機微を倍賞千恵子と藤竜也が演じる『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』が5月10日から公開される。本作で、頑固な昭和の男・勝を演じた藤竜也が、妻役の倍賞や、映画の裏話について語った。

藤竜也

-藤さんの長いキャリアの中でも、倍賞千恵子さんとは映画では初共演だったそうですね。今回は日活出身の藤さん、松竹の倍賞さん、そして東宝の星由里子さんとの共演でしたが。

 そう考えると確かにそうですね。これは結構うれしかったです。星さんとお会いしたときには「おお、若大将のマドンナだ」(笑)と。倍賞さんなら「下町の太陽だ。寅さんだ」と、ちょっとミーハー的な気分になりました。それとお二人が長い間女優をやってきたことに対する敬意があります。特に星さんとは共演がなかったので、会ったことのない戦友に会ったような感じがしました。

-倍賞さんと老夫婦役を演じた感想は? 今回共演してみて印象に変化はありましたか。

 かわいい老妻という役のせいかもしれませんが、風情がとてもかわいいと思いました。28年前にドラマで中年の夫婦役で共演しましたし、私生活でも、住まいが近いので、普段から家族ぐるみで一緒に食事をしたりしていますから、会ってお互いに「老けたね」なんて驚くこともありませんし、気を使うこともなく、いい雰囲気で夫婦役をやらせてもらったと思います。僕は実生活ではあまりしゃべらないし、倍賞さんとは、お互いに相手のことは分かっているから、撮影中も特に話はしませんでした。

-この映画は、年を重ねてからのラブロマンスということで、若い頃の倍賞さんのかわいらしさと、藤さんのダンディな雰囲気の残り香が漂うようなところがありました。欧米とは違い、日本ではこういうタイプの映画は珍しいと思いますが…。

 あまた俳優さんがいらっしゃる中で、やらせてもらってラッキーです。オファーをもらったらうれしいですよ。お客さんが入ればこういう映画もどんどん作るのだろうけど、映画も興行だから…。なかなか難しいところです。ただ、この年になると一本一本の作品が大事になりますから、仕事を頂けること自体が僥倖(ぎょうこう)です。だから、せりふを覚えられるうちは続けたいと思っています。

-最近の藤さんは、『龍三と七人の子分たち』(15)や『お父さんと伊藤さん』(16)、そして本作と、頑固親父的な役が多くなってきましたね。

 どうしてそういう役になるのか、自分ではよく分からないけれど、そういう印象があるのかな。特に今回なんて、考えたら甚だ迷惑なやつですよ。倍賞さんは生身の僕たち夫婦の姿をご存じなので、違いを分かっていますが、風貌からどうもそういうふうに見えるらしいです。自分では人相は悪くないと思っていますが…(笑)。でも、役としてはそういう印象があった方がいい。使う方も「こういうタイプの役はあの人にやらせよう」となるわけですから。

-見ていて腹が立つような、うらやましいような、無口でかっこをつけたがる昭和の男を演じた感想を。

 見ていて不愉快になるようなシーンの押し引きは、全て(小林聖太郎)監督の指示通りに演じました。そこから、妻に愛を告白するまでのプロセスの変化は監督が一番分かっていますから。こちらは分からないので、全て監督に調節してもらいました。とても助かりました。

-では、実際の藤さんはこの映画の役とは全く違うわけですね。

 実際の僕はこんな男ではないと信じていますが…。ただ、夫婦の会話はあまり得意じゃないです。「これこれこうだった」という結論のある話はできますが、結論のないとりとめのない話は苦手です。だけど、それをしなければいけないとは言われます。僕もこの映画をやった後でちょっと反省をして、意味のないことを妻に話し掛けたりしています(笑)。もう50年も亭主稼業をやっているので、今回の役も自分自身をベースにすればいいと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top