【インタビュー】「賭ケグルイ」浜辺美波「自分のテンションがこんなに上がるんだということを、この作品で初めて知りました」

2019年4月1日 / 17:10

 2018年に好評を博したテレビドラマ「賭ケグルイ」が帰ってくる。しかも今回は、テレビドラマ版season2(3月31日からMBS/TBSほかで放送中)と、映画版『映画 賭ケグルイ』(5月3日全国ロードショー)の豪華2本立て。シリーズ累計500万部突破の人気コミックを原作にした本作は、ギャンブルの勝ち負けで全てが決まる私立百花王学園を舞台に、弱肉強食の勝負を繰り広げる生徒たちの戦いを描いた手に汗握るエンターテインメントだ。テレビドラマ版season1から引き続き、主人公・蛇喰夢子を演じる浜辺美波に、season2および映画版の見どころ、女優としての成長について聞いた。

(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会・MBS

-テレビドラマ版season2の放送と映画版の公開が連続しますが、続編が決まったときのお気持ちは?

 season1の時から、「2があればいいね」という話をみんなでしていたんです。漫画の中で好きな話もたくさんあって、「こうやれたらいいね」、「こういう話もあるね」と話していたので、続編が決まってすごく楽しみでした。

-season2の見どころは?

 やっぱり、season1のときから楽しみにしてくださる方の多かった夢見弖ユメミ(松村沙友理)ちゃんとのアイドル対決です。原作を再現しつつ、みんなで大暴れしています。歌って、踊って、頑張りました(笑)。原作ファンの方にも楽しんでいただける内容になったと思うので、ぜひ期待してください。

-season2から、新しく池田エライザさんが生徒会長役で登場します。池田さんが演じると分かったときのお気持ちは?

 池田さんとは以前、他の仕事でご一緒したことがあったんです。だから今回、生徒会長役に決まったと知ったときは、ぴったりだと思いました。すぐに「ご一緒できてうれしいです」と連絡しました。

-池田さんが演じる生徒会長の印象は?

 ものすごく威厳があります。目を合わせたまま、お互いほとんど動かずに座って対面するシーンは、とても緊張しました。目を離すことのできない、引き込まれるような雰囲気があって…。でも、カメラが回っていない時はすてきなお姉さんです。体調管理をしっかりされている方なので、いろいろ相談に乗ってもらいました(笑)。

-続いて、映画版の見どころをお聞かせください。

 season2では漫画の続きを映像化していますが、映画版は完全にオリジナルストーリーで、独自のキャラクターも登場します。全編を通した大勝負が繰り広げられる点も、ドラマ版とは大きく違います。演じる上では、初めてカッコいいセットを組んだので、テンションが上がりました(笑)。

-セットは、2階席まである大きなものですね。

 そうです。2階には生徒会の人たちが座りますが、下で必死に賭けをやっている私たちを見た池田さんが「金魚鉢みたい」と言っていたのが、すごく印象的で…。高いところから人を見降ろすと、そういう感じになるんだな…と。生徒会長の考え方を知ることができてとても衝撃的でしたが、その言葉に「賭ケグルイ」的な世界観を感じて、納得するような気持ちにもなりました。

-作品全体を振り返って、ギャンブル狂である夢子の役作りはどのようにされましたか。

 現実にはいないとても二次元的なキャラクターなので、最初にお話を伺ったとき、どう演じればいいのか、すごく迷いました。でも、監督から「ギリギリ、コスプレにならないぐらい」と聞いて、キャラクターとしてはちゃんと作っていいんだなと思いました。ギャンブルに対する夢子の本気をきちんと貫けば、見られるものになるんじゃないかと。それでも、最初は怖かったですけれど…。

-その怖さはどうやって克服しましたか。

 矢本(悠馬/木渡潤役)さんや森川(葵/早乙女芽亜里役)さん、高杉(真宙/鈴井涼太役)さんたちと初めて本読みをしたとき、皆さんがものすごくテンションを上げたお芝居をなさっていたんです。おかげで、「このテンションでやるんだ」ということが分かったので、そこが目印になりました。今でも、それが夢子を演じる基礎になっています。

-賭けのときに気持ちが高揚する、いわゆる“賭け狂う”シーンは夢子のキャラクターを象徴する場面ですが、どんなふうに気持ちを作っているのでしょうか。

 “賭け狂い”のシーンは毎回、自分の中でも戦いです。撮影期間中は「あと何日で“賭け狂い”のシーンだ…」と、ずっと考えていますし、前日はものすごく緊張します。当日は、テストの段階からじわじわと…という感じで。本番にならないとどうなるか分からない部分もありますが、その分、段取りやリハーサルに時間をかけて調整します。共演者の皆さんも同じようにテンションを上げていくので、私も皆さんを信用して、全力を出すことを心掛けて…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top