【インタビュー】「賭ケグルイ」浜辺美波「自分のテンションがこんなに上がるんだということを、この作品で初めて知りました」

2019年4月1日 / 17:10

 2018年に好評を博したテレビドラマ「賭ケグルイ」が帰ってくる。しかも今回は、テレビドラマ版season2(3月31日からMBS/TBSほかで放送中)と、映画版『映画 賭ケグルイ』(5月3日全国ロードショー)の豪華2本立て。シリーズ累計500万部突破の人気コミックを原作にした本作は、ギャンブルの勝ち負けで全てが決まる私立百花王学園を舞台に、弱肉強食の勝負を繰り広げる生徒たちの戦いを描いた手に汗握るエンターテインメントだ。テレビドラマ版season1から引き続き、主人公・蛇喰夢子を演じる浜辺美波に、season2および映画版の見どころ、女優としての成長について聞いた。

(C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会・MBS

-テレビドラマ版season2の放送と映画版の公開が連続しますが、続編が決まったときのお気持ちは?

 season1の時から、「2があればいいね」という話をみんなでしていたんです。漫画の中で好きな話もたくさんあって、「こうやれたらいいね」、「こういう話もあるね」と話していたので、続編が決まってすごく楽しみでした。

-season2の見どころは?

 やっぱり、season1のときから楽しみにしてくださる方の多かった夢見弖ユメミ(松村沙友理)ちゃんとのアイドル対決です。原作を再現しつつ、みんなで大暴れしています。歌って、踊って、頑張りました(笑)。原作ファンの方にも楽しんでいただける内容になったと思うので、ぜひ期待してください。

-season2から、新しく池田エライザさんが生徒会長役で登場します。池田さんが演じると分かったときのお気持ちは?

 池田さんとは以前、他の仕事でご一緒したことがあったんです。だから今回、生徒会長役に決まったと知ったときは、ぴったりだと思いました。すぐに「ご一緒できてうれしいです」と連絡しました。

-池田さんが演じる生徒会長の印象は?

 ものすごく威厳があります。目を合わせたまま、お互いほとんど動かずに座って対面するシーンは、とても緊張しました。目を離すことのできない、引き込まれるような雰囲気があって…。でも、カメラが回っていない時はすてきなお姉さんです。体調管理をしっかりされている方なので、いろいろ相談に乗ってもらいました(笑)。

-続いて、映画版の見どころをお聞かせください。

 season2では漫画の続きを映像化していますが、映画版は完全にオリジナルストーリーで、独自のキャラクターも登場します。全編を通した大勝負が繰り広げられる点も、ドラマ版とは大きく違います。演じる上では、初めてカッコいいセットを組んだので、テンションが上がりました(笑)。

-セットは、2階席まである大きなものですね。

 そうです。2階には生徒会の人たちが座りますが、下で必死に賭けをやっている私たちを見た池田さんが「金魚鉢みたい」と言っていたのが、すごく印象的で…。高いところから人を見降ろすと、そういう感じになるんだな…と。生徒会長の考え方を知ることができてとても衝撃的でしたが、その言葉に「賭ケグルイ」的な世界観を感じて、納得するような気持ちにもなりました。

-作品全体を振り返って、ギャンブル狂である夢子の役作りはどのようにされましたか。

 現実にはいないとても二次元的なキャラクターなので、最初にお話を伺ったとき、どう演じればいいのか、すごく迷いました。でも、監督から「ギリギリ、コスプレにならないぐらい」と聞いて、キャラクターとしてはちゃんと作っていいんだなと思いました。ギャンブルに対する夢子の本気をきちんと貫けば、見られるものになるんじゃないかと。それでも、最初は怖かったですけれど…。

-その怖さはどうやって克服しましたか。

 矢本(悠馬/木渡潤役)さんや森川(葵/早乙女芽亜里役)さん、高杉(真宙/鈴井涼太役)さんたちと初めて本読みをしたとき、皆さんがものすごくテンションを上げたお芝居をなさっていたんです。おかげで、「このテンションでやるんだ」ということが分かったので、そこが目印になりました。今でも、それが夢子を演じる基礎になっています。

-賭けのときに気持ちが高揚する、いわゆる“賭け狂う”シーンは夢子のキャラクターを象徴する場面ですが、どんなふうに気持ちを作っているのでしょうか。

 “賭け狂い”のシーンは毎回、自分の中でも戦いです。撮影期間中は「あと何日で“賭け狂い”のシーンだ…」と、ずっと考えていますし、前日はものすごく緊張します。当日は、テストの段階からじわじわと…という感じで。本番にならないとどうなるか分からない部分もありますが、その分、段取りやリハーサルに時間をかけて調整します。共演者の皆さんも同じようにテンションを上げていくので、私も皆さんを信用して、全力を出すことを心掛けて…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top