【インタビュー】『ダンボ』コリン・ファレル「これなら自分の子どもたちにも見てもらえると思いました」

2019年3月25日 / 10:00

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができるゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離された母親を救うために活躍する姿を描く。本作で、サーカス団の元看板スターでダンボの世話係となるホルトを演じたコリン・ファレルが来日し、ティム・バートン監督や役に対する思いなどを語った。

コリン・ファレル

-オリジナルのアニメ映画は見ていましたか。

 実は、今回の撮影が始まる3カ月前に初めて見ました。今回はオリジナルにはなかった、私が演じたホルトの一家のドラマが取り入れられています。そして、ホルトの子どもたちは母親を病で失い、ダンボも母親と引き離されてしまうというように、ホルト一家の物語とゾウの母子の物語とが、互いに響き合うようになっています。

-このところ『聖なる鹿殺し』(17)のような、家族で見るのは…というダークな役柄が続いていましたが、家族向けの本作を選んだ理由と、作品選びの基準があれば教えてください。

 最も重要視しているのは脚本です。脚本が良くなければ演じるキャラクターに対して好奇心や共感が持てないですから。ですから、どんなに監督が素晴らしくてもいい脚本がなければ…という思いがあります。ただ、今回は全ての年齢の観客の心に響くような、とても美しい脚本はもちろんですが、出演を決めた最大の理由は「ティム・バートンが監督をするから」ということでした。彼の映画に出ることは長い間の夢でした。俳優になる前の、一映画ファンの頃から、彼の作品には思い入れがありました。ですから、今回は夢がかなった気がしましたし、ファンとしての思いと俳優としての思いが交錯した不思議な感じがしました。また『ダンボ』自体が、ティムが持っているファンタジックな力や優しさを遺憾なく発揮できる素材だと感じましたし、これなら自分の子どもたちにも見てもらえると思いました。

-本作は自分の個性と向き合う物語で、できないと思い込んでいることが実はできるというメッセージも含まれていると思いますが、ご自身にも過去にそうした体験はありましたか。

 ダンボは翼がなければ飛ぶことはできないと思っていたけれど、翼はただのシンボルだったわけです。私たちが生きていく上で、時にはそうした心のよりどころとなるシンボルは必要なのだと思います。これがあれば、この人がいればできると思える瞬間があってもいいと思います。ただ、人は成長する中で、外側のものに頼らなくても、強さは自分の中にあると気付くわけです。人は皆生まれたときから何か素晴らしいものを持っています。ダンボもそうです。私の人生はとても恵まれたものだと思いますが、2人の子どもの父親としての悩みや葛藤もあります。ただ、同時に彼らの成長を間近で見られ、父親でいられることの素晴らしさも感じています。

-今回は戦争で片腕を失ったという設定でした。片腕で乗馬やアクションなどを行うのは大変でしたか。

 ずっとグリーンの袋のようなものを腕に付けて演技をしました。後はVFXのチームがうまくやってくれると思ったので、それほど大変だとは思いませんでした。乗馬は大好きなので、できることは全てやらせてもらいました。ホルトの失われた腕も一つのシンボルです。ダンボにとっての翼がポジティブなシンボルであれば、ホルトの腕はネガティブなシンボルです。また、肉体的なハンディに加えて、子どもたちとうまくつながれないというホルトの屈折した心理状態のシンボルでもあります。

-俳優として「まだこれをやっていない」とか「これをやってみたい」と思うことはありますか。

 まだまだたくさんあります。それぞれ違った役で、さまざまな問い掛けができるのが俳優の面白いところです。ただ、どの役作りでも、そのキャラクターが、どんなイデオロギーや哲学や背景を持っているのかを考えることに変わりはありません。そこからそのキャラクター特有の何かを見つけ出していくのです。繰り返しは避けたいので、常に新しいものや違うものを求めています。

-本作について「違いを受け入れるのではなく、称賛し合うことが大切だ」と語っていますね。サーカスはそれを象徴するものだと思いますが。

 確かに、サーカスは一般社会からはみ出してしまったと感じている人たちがいられる場所だと思います。また、綱渡りをしたり、口から火を吹いたり、曲芸をしたりと、とてもユニークな技を磨いた人たちが、その力を発揮できる場でもあると思います。オリジナル版の、サーカスにいる動物たちはとても幸せそうに見えましたが、今回は動物たちがサーカスに使役されていることを描き、より現実に近いものになっています。動物はおりに入れるものではないというメッセージが入っていると思います。ただ、私自身も子どもの頃は 日常の詰まらない世界から逃げ出して、サーカスに入ってみたいと思ったことはあります(笑)。

-共演したエバ・グリーン、ダニー・デビート、マイケル・キートンの印象は?

 本当にすてきな人たちで、とてもラブリーな体験でした。みんなティムとは関係性が強い人たちだったので、その中に自分が入っていくのは難しいかなとも思いましたが、実際は全くそんなことはなく、とても楽しかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top