【インタビュー】『ダンボ』コリン・ファレル「これなら自分の子どもたちにも見てもらえると思いました」

2019年3月25日 / 10:00

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができるゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離された母親を救うために活躍する姿を描く。本作で、サーカス団の元看板スターでダンボの世話係となるホルトを演じたコリン・ファレルが来日し、ティム・バートン監督や役に対する思いなどを語った。

コリン・ファレル

-オリジナルのアニメ映画は見ていましたか。

 実は、今回の撮影が始まる3カ月前に初めて見ました。今回はオリジナルにはなかった、私が演じたホルトの一家のドラマが取り入れられています。そして、ホルトの子どもたちは母親を病で失い、ダンボも母親と引き離されてしまうというように、ホルト一家の物語とゾウの母子の物語とが、互いに響き合うようになっています。

-このところ『聖なる鹿殺し』(17)のような、家族で見るのは…というダークな役柄が続いていましたが、家族向けの本作を選んだ理由と、作品選びの基準があれば教えてください。

 最も重要視しているのは脚本です。脚本が良くなければ演じるキャラクターに対して好奇心や共感が持てないですから。ですから、どんなに監督が素晴らしくてもいい脚本がなければ…という思いがあります。ただ、今回は全ての年齢の観客の心に響くような、とても美しい脚本はもちろんですが、出演を決めた最大の理由は「ティム・バートンが監督をするから」ということでした。彼の映画に出ることは長い間の夢でした。俳優になる前の、一映画ファンの頃から、彼の作品には思い入れがありました。ですから、今回は夢がかなった気がしましたし、ファンとしての思いと俳優としての思いが交錯した不思議な感じがしました。また『ダンボ』自体が、ティムが持っているファンタジックな力や優しさを遺憾なく発揮できる素材だと感じましたし、これなら自分の子どもたちにも見てもらえると思いました。

-本作は自分の個性と向き合う物語で、できないと思い込んでいることが実はできるというメッセージも含まれていると思いますが、ご自身にも過去にそうした体験はありましたか。

 ダンボは翼がなければ飛ぶことはできないと思っていたけれど、翼はただのシンボルだったわけです。私たちが生きていく上で、時にはそうした心のよりどころとなるシンボルは必要なのだと思います。これがあれば、この人がいればできると思える瞬間があってもいいと思います。ただ、人は成長する中で、外側のものに頼らなくても、強さは自分の中にあると気付くわけです。人は皆生まれたときから何か素晴らしいものを持っています。ダンボもそうです。私の人生はとても恵まれたものだと思いますが、2人の子どもの父親としての悩みや葛藤もあります。ただ、同時に彼らの成長を間近で見られ、父親でいられることの素晴らしさも感じています。

-今回は戦争で片腕を失ったという設定でした。片腕で乗馬やアクションなどを行うのは大変でしたか。

 ずっとグリーンの袋のようなものを腕に付けて演技をしました。後はVFXのチームがうまくやってくれると思ったので、それほど大変だとは思いませんでした。乗馬は大好きなので、できることは全てやらせてもらいました。ホルトの失われた腕も一つのシンボルです。ダンボにとっての翼がポジティブなシンボルであれば、ホルトの腕はネガティブなシンボルです。また、肉体的なハンディに加えて、子どもたちとうまくつながれないというホルトの屈折した心理状態のシンボルでもあります。

-俳優として「まだこれをやっていない」とか「これをやってみたい」と思うことはありますか。

 まだまだたくさんあります。それぞれ違った役で、さまざまな問い掛けができるのが俳優の面白いところです。ただ、どの役作りでも、そのキャラクターが、どんなイデオロギーや哲学や背景を持っているのかを考えることに変わりはありません。そこからそのキャラクター特有の何かを見つけ出していくのです。繰り返しは避けたいので、常に新しいものや違うものを求めています。

-本作について「違いを受け入れるのではなく、称賛し合うことが大切だ」と語っていますね。サーカスはそれを象徴するものだと思いますが。

 確かに、サーカスは一般社会からはみ出してしまったと感じている人たちがいられる場所だと思います。また、綱渡りをしたり、口から火を吹いたり、曲芸をしたりと、とてもユニークな技を磨いた人たちが、その力を発揮できる場でもあると思います。オリジナル版の、サーカスにいる動物たちはとても幸せそうに見えましたが、今回は動物たちがサーカスに使役されていることを描き、より現実に近いものになっています。動物はおりに入れるものではないというメッセージが入っていると思います。ただ、私自身も子どもの頃は 日常の詰まらない世界から逃げ出して、サーカスに入ってみたいと思ったことはあります(笑)。

-共演したエバ・グリーン、ダニー・デビート、マイケル・キートンの印象は?

 本当にすてきな人たちで、とてもラブリーな体験でした。みんなティムとは関係性が強い人たちだったので、その中に自分が入っていくのは難しいかなとも思いましたが、実際は全くそんなことはなく、とても楽しかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「女の一生」大竹しのぶ&高橋克実&段田安則&風間杜夫「一言一言がじんわりとお客さんの心に染みわたっていく作品に」

舞台・ミュージカル2020年10月20日

 昭和20年、終戦直後に森本薫が書き下ろし、杉村春子が初演した「女の一生」。杉村は、その生涯で、947回にわたって主人公の布引けいを演じ、観客から圧倒的な支持を得た。今回、その布引けい役に大竹しのぶが初めて挑む。段田安則が、けいが拾われる堤 … 続きを読む

【芸能コラム】「麒麟がくる」 新章「京~伏魔殿編」の波乱を予感させた第二十八回「新しき幕府」における足利義昭の姿

ドラマ2020年10月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。10月18日放送の第二十八回「新しき幕府」では、織田信長(染谷将太)と共に上洛を果たした足利義昭(滝藤賢一)が将軍に就任。光秀(長谷川博己)も幕臣に加わり、幕府の新体制が始動するが…という展開 … 続きを読む

【インタビュー】映画『彼女は夢で踊る』加藤雅也「低予算の地方の映画に出るときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義がある」

映画2020年10月19日

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴丈)の恋に思いをはせる。『シネマの天使』(15)で、閉館する実在の映画館を描いた時川英之監督が、今回は広島に実在するストリ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「フリムンシスターズ」松尾スズキ「人を前にして笑わせたい、ということにこだわっているんだと改めて思いました」

舞台・ミュージカル2020年10月18日

 松尾スズキが、作・演出を務めるCOCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」が10月24日から開幕する。本作は、故郷・沖縄での忌まわしい過去を記憶から消し去り、東京の西新宿で暮らす女と、そこで出会った絶不調のミュージカ … 続きを読む

【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

ドラマ2020年10月17日

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽 … 続きを読む

page top