「金栗四三、田畑政治という全く知らなかった人物を中心に描いていく点に魅力を感じました」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年3月3日 / 20:50

-話は変わりますが、これまでに影響を受けた大河ドラマはありますか。

 小学校の頃は父親につられて、当たり前のように大河ドラマを見ていました。その頃の作品で最も印象に残っているのが「黄金の日日」(78)と「獅子の時代」(80)。どちらも、主人公が有名な武将や、歴史に名を残した人物ではないという切り口が気に入っていました。今回も「大河ドラマをやらないか」と言われたとき、有名な武将や歴史に名を残した偉人が主人公だったら、恐らく腰が引けていたと思います。もちろん、宮藤官九郎さんの脚本ということにも引かれましたが、何よりもまず、金栗四三、田畑政治という全く知らなかった人物を中心に描いていく点に魅力を感じました。

-スポーツやオリンピックという題材をドラマにする難しさはありますか。

 競技としてのスポーツをフィクションで再現すること自体、難しいことだと感じています。その中でも、相手と試合をするようなものは、その中でドラマ性を生み出すことができるので、まだやりやすい。ただ、今回のような短距離走や長距離走はシンプルなだけに難しく、ごまかしがききません。だから、役者本人が持っているフィジカルな部分がものすごく重要になってくる。そういった意味では、勘九郎さんや斗真が、1年を懸けてトレーニングを積み、当時のランナーらしい筋肉をしっかりつけてくれたことはとてもありがたいですね。ふっと力を入れた瞬間、ギュッとふくらはぎの筋肉が盛り上がる、みたいな映像を吹き替えなしで撮れるのは素晴らしいです。

-改めて、大河ドラマに初参加した感想は?

 ここ数年、NHKのドラマは素晴らしい作品が数多く生まれているという印象を持っていました。今回参加したのには、それがどういう仕組みで生み出されているのか見てみたいという気持ちもありました。その中で、改めてすごいと感じたのが美術です。普通、映画やテレビドラマでは、スタッフのクレジットは撮影が最初にきますが、NHKのドラマはまず美術。その理由が分かったような気がします。美術はNHKドラマの歴史が凝縮されたセクションだなと。もちろん、撮影、照明、録音など、どのセクションも見事な仕事をしてくれています。この作品に参加して、NHKのスタッフの素晴らしさに改めて驚いているところです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『愛がなんだ』岸井ゆきの「『この役を逃したら駄目だ!』と思いました」今泉力哉監督「テルコ役は『ぜひ岸井さんで』とお願いしました」

映画2019年4月18日

 友人の結婚式の二次会で出会った田中マモルに恋した山田テルコ。その日からテルコの日常は、マモルこと“マモちゃん”一色に染まり始める。平日の朝でも電話で呼び出されれば、平気で仕事もぶっちぎる。だけど、そんなテルコにマモちゃんは気まぐれな態度を … 続きを読む

【インタビュー】「明治東亰恋伽」伊原六花 映画&ドラマでW主演 自分なりの“芽衣ちゃん”に自信!

ドラマ2019年4月15日

 昨年“バブリーダンス”で注目を集めた大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、卒業後は女優として活動する伊原六花。デビューからわずか1年で、恋愛ファンタジーゲームを基にした「明治東亰恋伽」の連続ドラマと映画でW初主演を果たす伊原に、撮影 … 続きを読む

【映画コラム】ドラッグ依存症の根深さを描いた『ビューティフル・ボーイ』

映画2019年4月15日

 音楽ライターの父とドラッグ依存症だった息子が、それぞれの視点から書いたノンフィクションを映画化した『ビューティフル・ボーイ』が公開中だ。    父親役をスティーブ・カレル、息子役をティモシー・シャラメが演じている。若手俳優の有望 … 続きを読む

【2.5次元】MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~インタビュー 横田龍儀&立石俊樹&古谷大和が役者を目指したきっかけを語る

舞台・ミュージカル2019年4月15日

 2017年に配信された大人気アプリゲーム『A3!(エースリー)』を舞台化した、MANKAI STAGE『A3!』(以下、エーステ)。昨夏のSPRING & SUMMER 2018公演、そして3月24日に千秋楽を迎えたばかりのAUT … 続きを読む

「トクヨさんは、彼女だけで物語が作れるぐらい魅力的な女性です」寺島しのぶ(二階堂トクヨ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月14日

 ストックホルムオリンピックを終えた金栗四三(中村勘九郎)は日本に帰国。時代は明治から大正に移り、世の中には新しい風が吹き始める。その流れの中で、四三の前に新たに姿を見せるのが、東京女子高等師範学校で助教授を務める二階堂トクヨだ。トクヨは今 … 続きを読む

page top