「金栗四三、田畑政治という全く知らなかった人物を中心に描いていく点に魅力を感じました」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年3月3日 / 20:50

-話は変わりますが、これまでに影響を受けた大河ドラマはありますか。

 小学校の頃は父親につられて、当たり前のように大河ドラマを見ていました。その頃の作品で最も印象に残っているのが「黄金の日日」(78)と「獅子の時代」(80)。どちらも、主人公が有名な武将や、歴史に名を残した人物ではないという切り口が気に入っていました。今回も「大河ドラマをやらないか」と言われたとき、有名な武将や歴史に名を残した偉人が主人公だったら、恐らく腰が引けていたと思います。もちろん、宮藤官九郎さんの脚本ということにも引かれましたが、何よりもまず、金栗四三、田畑政治という全く知らなかった人物を中心に描いていく点に魅力を感じました。

-スポーツやオリンピックという題材をドラマにする難しさはありますか。

 競技としてのスポーツをフィクションで再現すること自体、難しいことだと感じています。その中でも、相手と試合をするようなものは、その中でドラマ性を生み出すことができるので、まだやりやすい。ただ、今回のような短距離走や長距離走はシンプルなだけに難しく、ごまかしがききません。だから、役者本人が持っているフィジカルな部分がものすごく重要になってくる。そういった意味では、勘九郎さんや斗真が、1年を懸けてトレーニングを積み、当時のランナーらしい筋肉をしっかりつけてくれたことはとてもありがたいですね。ふっと力を入れた瞬間、ギュッとふくらはぎの筋肉が盛り上がる、みたいな映像を吹き替えなしで撮れるのは素晴らしいです。

-改めて、大河ドラマに初参加した感想は?

 ここ数年、NHKのドラマは素晴らしい作品が数多く生まれているという印象を持っていました。今回参加したのには、それがどういう仕組みで生み出されているのか見てみたいという気持ちもありました。その中で、改めてすごいと感じたのが美術です。普通、映画やテレビドラマでは、スタッフのクレジットは撮影が最初にきますが、NHKのドラマはまず美術。その理由が分かったような気がします。美術はNHKドラマの歴史が凝縮されたセクションだなと。もちろん、撮影、照明、録音など、どのセクションも見事な仕事をしてくれています。この作品に参加して、NHKのスタッフの素晴らしさに改めて驚いているところです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『よこがお』筒井真理子「深田監督の幹が、どんどん太くなっていく様子を頼もしく見ていました」 深田晃司監督「溝口健二監督の名作『西鶴一代女』をイメージしました」

映画2019年7月24日

 第69回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受賞し、世界の注目を集めた『淵に立つ』(16)から3年。深田晃司監督が、同作で名演を披露した筒井真理子を主演に迎えたヒューマンサスペンス『よこがお』が7月26日から全国ロードショーとなる … 続きを読む

【アニメコラム】『天気の子』 新海誠監督が今描く「セカイ系」の物語

映画2019年7月23日

 2016年に『君の名は。』で歴史的大ヒットを記録した新海誠監督の最新作『天気の子』が公開された。  本作は、天候の調和が狂っていく時代の東京を舞台に、離島から上京した家出少年・帆高と不思議な力を持つ少女・陽菜が出会い、運命に翻弄されながら … 続きを読む

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

映画2019年7月22日

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビ … 続きを読む

【映画コラム】今度の舞台は雨が降り続く東京『天気の子』

映画2019年7月20日

 『君の名は。』(16)を大ヒットさせた新海誠監督の新作アニメーション映画『天気の子』が公開された。  天候の調和が狂い、雨が降り続く東京。離島から家出し、東京にやってきた高校生の帆高(声:醍醐虎汰朗)は、雨をやませる能力を持つ少女・陽菜( … 続きを読む

おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月20日

 30年前、「純ちゃんの応援歌」で女優人生をスタートさせた山口智子にとって、朝ドラは特別なステージだ。「ご恩返しをしたい」と、ダンスシーンに挑戦したり、編集でカットされるのも承知の上で、おでん屋のカウンター内で“一人懐メロ歌謡祭”を繰り広げ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top