【インタビュー】『グリーンブック』ピーター・ファレリー監督「『グリーンブック』のおかげで、あと2本ぐらいは映画が作れます(笑)」

2019年3月5日 / 19:01

 先に行われた第91回アカデミー賞授賞式で、作品、脚本、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)を受賞した『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督が来日し、インタビューに応えた。本作は、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(アリ)と、イタリア系白人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)という、異なる世界に住む2人の旅の様子を、実話を基に、ユーモアとペーソスを交えて描いたロードムービー。これまでコメディー映画を中心に撮ってきたファレリー監督が新境地に挑んだ作品でもある。

ピーター・ファレリー監督

-まず、アカデミー賞受賞おめでとうございます。これまで一緒にコメディー映画を撮ってきた“コメディーの仲間たち”の反応はいかがですか。

 (日本語で)ありがとう。仲間たちはもうジェラシーの塊です(笑)。まさかオスカーを受賞するなんて思ってもいなかったので、自分でも驚いたけど、友人たちはもっと驚いている感じです。これは本心ですが、この映画を作っているときに、オスカーのことなんて考えたこともありませんでした。もともと僕はコメディー映画を作ってきたけど、コメディーはオスカーとはあまり縁がないので遠い存在でした。なので、「もしかすると…」と、意識し始めたのは授賞式の2カ月ぐらい前からでした。

-受賞後に、ヴィゴ・モーテンセンやマハーシャラ・アリとは何か話をしましたか。

 授賞式の後は、人々がまるで動物園のように押し寄せてきて、「こんなモブシーンは見たことがない」という感じだったので、2人と会話はできませんでした。なので、数日後に改めて集まって話をしました。2人とも素晴らしい人間性の持ち主ですし、出会った瞬間から馬が合いました。映画作りの最中は、互いに絆ができるものですが、この映画では特に深いものができました。みんなで「いろいろあったけど、この映画を作って本当に良かったよね」と話をしました。
 ただ、この仕事の寂しいところは、撮影中は何カ月も一緒にいるのに、撮影が終わったら、例えば、ヴィゴはスペインに戻り、マハーシャラは次の撮影のためにアーカンソーに行き、私は家に帰りと、まるで学校の卒業のように、毎日会っていたのに急に会えなくなってしまうことです。『メリーは首ったけ』(98)のキャメロン・ディアスとも、撮影後は10回ぐらいしか会っていません。

-この映画が、これまでの白人と黒人によるバディムービーと大きく違うのは、互いが相手に対して抱いているステレオタイプのイメージを覆したところだと思うのですが、その点はいかがでしょうか。

 確かにこの映画は、全く個性の異なる2人のキャラクターが、旅を通して共通点を見つけていく話です。例えば、シャーリーがYMCAで警官に捕まり、それをトニーがお金で解決した翌日、シャーリーがトニーに謝罪すると、トニーが「こんなことは俺が勤めていたナイトクラブでは珍しくない。世の中は複雑なものさ」というシーンがあります。あの瞬間からトニーは、シャーリーが、自分が黒人に対して抱いていた一元的なステレオタイプのイメージの人ではなくて、多面的な人物だと思い始めます。そして、そこから互いに変化し、成長していったのです。 
 誰もが初対面の相手には先入観を持ってしまいますが、その人を知るに従い、実際はそうではなく、もっといろいろな面を持った人だと知るわけです。それはこの映画の2人にも言えることだし、僕はこの物語のそういうところに引かれたんです。

-この映画を撮るに当たって、参考にした映画などはありましたか。

 特にありません。僕が今まで作ってきた映画、例えば『ジム・キャリーはMr.ダマー』(94)にも、『キングピン/ストライクへの道』(96)にも、『メリーに首ったけ』にも、少なからずロードムービーの要素がありますから。僕自身、車で旅をするのが大好きなのですが、車で移動するという環境は、非日常なので、自分はアウトサイダー的な立場になるし、相手に対してもオープンな気持ちになれると思います。だから僕はロードムービーが好きなのかもしれません。「ロードムービーを作ろう」といつも意識しているわけではないのですが、「ロードムービー」と聞くと「それ、いいかもね」となるところはあります(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top