【インタビュー】「ひよっこ2」有村架純「みね子たちと一緒に小さい幸せを感じてください」

2019年3月18日 / 12:00

-有村さんにとって「ひよっこ」はどんな存在ですか。

 「ひよっこ」にずっとすがるつもりはないので、いい意味で、ちゃんと過去になっています。1年間、同じ役と向き合って、一日一日を乗り越えてきたので、どんなハードなスケジュールや過酷なものも乗り越える力を与えてもらいました。

-みね子から学んだこともありますか。

 日常をちゃんと大切に生きている姿は尊敬しますし、自分が見落としていることを思い出させてくれました。それに、いつも笑顔で前向きで、落ち込むことがあっても心をポジティブに変えて幸せいっぱいでいられる人だから、自分もそういう気持ちを大事にしたいと考えるようになりました。撮影中は、みね子を演じているからなのか、何でも面白く感じたり、よく笑ったりしていることが多かったです。そういう影響は大切にしたいです。

-もしも、「ひよっこ3」があったら?

 豊子(藤野涼子)や、妹のちよ子(宮原和)に彼氏ができていてほしいのと、みね子とヒデさんの間に子どもが生まれていてほしい。あと、三男(泉澤祐希)が米子ちゃん(伊藤沙莉)とけんかして家出をして、あかね荘に住むとか、すずふり亭の制服が変わるとか…。いくらでもできちゃいますね(笑)。

-最後に読者にメッセージをお願いします。

 総キャストが出演しているので、みんながどこで出てくるかを楽しんでください。そして、「ひよっこ」の中で繰り広げられる日常の中には大事なせりふもあるし、生きる上で大切なことに気付かされることがたくさんあるので、みね子たちと一緒に小さい幸せを感じてください。今回は悲しい出来事はないので、たくさん笑ってほしいです。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top