【インタビュー】映画『しまじろうとうるるのヒーローランド』ももくろちゃんZ 特別なポジションに立つために必要なことは“向上心”と“自然体”

2019年3月18日 / 16:35

 結成10周年目を迎えた「ももいろクローバーZ」、新体制になっても、ツアーやライブ、イベント出演など精力的な活動は変わらず、キッズ向けユニット「ももくろちゃんZ」としての活躍の場も広げている。そして今回、映画『しまじろうとうるるのヒーローランド』の主題歌「HERO」を担当する。そんな彼女たちに、子どもの頃から慣れ親しんだアニメ作品に携わる心境や、アイドルとしてヒーローのような特別なポジションに立ち続けるための心構えなどを語ってもらった。

ももいろクローバーZ

-25年前に誕生した人気アニメ「しまじろう」の映画主題歌を担当することになったお気持ちは?

百田夏菜子 小さい頃に見ていたアニメなのでうれしかったのと同時に、小っちゃい子にちゃんと届くように歌わないといけないという緊張もありました。

佐々木彩夏 しまじろうと一緒に仕事ができるなんて考えてもいなかったので、とてもうれしかったです。

高城れに 「ハッピー・ジャムジャム」を聞いて踊っていたし、今でも耳に残る曲なので、「HERO」もみんなの思い出の1曲になってほしいです。

玉井詩織 2年前から、子ども向け番組「ぐーちょきぱーてぃー」(hulu)をやらせてもらって、小さい子との交流が増えてきた中で、子どもの頃に見ていたアニメの映画主題歌を任されたことは感慨深いです。しまじろうの力を借りて、ももくろちゃんZももっと知ってほしいです。

-たこっぴい役で声の出演もしていますが、たこ焼きをモチーフにしたキャラクターを見た時の感想は?

玉井 台本を読んだときは小っちゃいカラフルなタコを想像していたので、たこ焼きだったのにはびっくりしました。

百田 収録が別々だったので、リアクションを共有できなかったのは残念です。

佐々木 私は最初、たこ焼きかどうかも分かりませんでした(笑)

高城 これは子どもの発想ですよね。カラフルでフルーツ味のたこ焼きは、「しまじろう」の世界に合っていると思いました。

-アフレコは満足にできましたか。

百田 私のたこっぴい(赤・いちご味)はりりしい顔で、「しっかりした感じ」を求められたので最初は戸惑ったし、難しかったです。でも、収録は楽しかったです。

佐々木(ピンク・もも味) 元気よくやっても、しまじろうたちがもっと元気なのがすごかったです。子どもたちが聞き取りやすい声やテンポも勉強になりました。

高城(紫・ぶどう味) 逃げるシーンでは「ジェットコースターに乗っている風に絶叫して」と言われましたがちゅうちょしてしまい、「足りない」と言われました。難しかったです…。

玉井(黄・レモン味) 「キャー」というせりふは「セクシーなお姉さんみたいだから、もう少し子ども向けに!」と言われました(笑)。声が低いせいもあって、トーンを合わせることが難しかったです。「たこー」と叫びながら飛ばされるシーンは、普段そんなシチュエーションがないので、先に録ったメンバーの声を参考にしました。

-映画を見ながら歌ったり踊ったり、休憩時間があったり、初めての映画館体験にお薦めの作品ですが、皆さんのファーストシネマは何でしたか。

玉井 お兄ちゃんたちと見た『モンスターズ・インク』かな。感動して泣きましたが、お兄ちゃんに気付かれることが小さいながらに恥ずかしくて、ごまかしました。

佐々木 『とっとこハム太郎』です。大好きなハム太郎とミニモニさんがコラボしたキャラクター「ミニハムず」が出るというので、幼稚園の年長のときにパパに連れて行ってもらいました。

高城 人見知りでお泊まり会が嫌いでしたが、それを達成したご褒美に、家族で『クレヨンしんちゃん』か『ドラえもん』を見に行きました。

百田 『ワンピース』か『ドラえもん』です。『ワンピース』はお母さんとお兄ちゃんが好きなので、家族で見に行きました。『ドラえもん』は映画館で見るともらえるグッズがうれしかったです。今回は「ヒーローステッキ」がもらえるので、子どもたちも喜んでくれたらいいな。

-「優しい心が君をヒーローにする」がテーマの作品ですが、皆さんにとってのヒーローは誰でしたか。

玉井 ひろみちお兄さん(佐藤弘道)です。小さい頃から見ていたので、「ぐーちょきぱーてぃー」での共演は夢のようです。「ポケットモンスター」のサトシも好きで、会えないと知ったときはショックでした。

高城 ヒーローとは違いますが、毎日CDを聞いたり歌ったりするほど「だんご3兄弟」が好きでした。縫いぐるみもたくさん持っていて、会いたいな…と思っていました。

佐々木 3歳からダンスをやっていたのと、ディズニーランドが大好きだったので、ミッキーやミニーと一緒に踊るパレードのお姉さんになりたかったです。ジェットコースターとかは苦手だったので、パレードやショーを見るためにディズニーランドに行っていました。

百田 私も3歳から新体操をやっていて、先輩のお姉さん方が格好よくて、あんな風になりたいなと憧れていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

page top