大河主演・中村勘九郎、第1話は“せりふなし” 演じる金栗四三は「真っすぐで純粋な人」

2018年12月14日 / 17:57

中村勘九郎(左)と阿部サダヲ

 2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回完成試写会が14日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。

 本作は、日本が初参加し、大惨敗を喫した1912年のストックホルムオリンピックから64年の東京オリンピックまで、日本人とオリンピックを巡る激動の52年間を、笑いと涙でつづる。

 “日本マラソンの父”こと金栗四三役で前半の主人公を務める勘九郎は、第1話の終盤に“走る姿”で登場する。「せりふはスースー、ハーハーのみ」であったことに苦笑しつつも、「インパクトのある登場ができた。第1話には今後の伏線もたくさん張ってあるので、そこも楽しみにしてほしい」と笑顔で呼び掛けた。

 一方、日本水泳の礎を築いた田畑政治役で、後半の主人公を務める阿部は「率直に面白かった。(自分は)1話から参加するつもりでやってなかったので、参加できてうれしかった」とにっこり。

 オープニング映像については「僕の知っている大河にこういうのはなかった。『(田畑が)隅田川を泳ぐ』と聞いて、『何を言ってるんだ』と思ったけど、本当に泳いでいましたね」と映像の仕上がりに驚いていた。

 また勘九郎は、演じた金栗について「本当に真っすぐで純粋な人。真っすぐな故に、家族や周りに多大な迷惑を掛けてしまうけど、そんなことも気にしないぐらいマラソンを愛して極めていく男。これだけ真っすぐじゃなきゃ極められないし、大河の主人公にも選ばれない」と紹介した。

 自身との共通点を問われると「似ている部分はない」と答えたが、「演じる中で、僕ももっと自分を正していかなきゃなと感じました」と語った。

 阿部は「田畑さんは猪突猛進型でどんどん突き進んでいく人。来年はイノシシ年だから“この人がイノシシ年だったら面白いな”と思って調べたらいぬ年だった。僕もいぬ年なのでそこが似ていると思いました」と冗談めかして、笑わせた。

 ドラマは2019年1月6日から、毎週日曜日に放送。


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top