大河主演・中村勘九郎、第1話は“せりふなし” 演じる金栗四三は「真っすぐで純粋な人」

2018年12月14日 / 17:57

中村勘九郎(左)と阿部サダヲ

 2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回完成試写会が14日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。

 本作は、日本が初参加し、大惨敗を喫した1912年のストックホルムオリンピックから64年の東京オリンピックまで、日本人とオリンピックを巡る激動の52年間を、笑いと涙でつづる。

 “日本マラソンの父”こと金栗四三役で前半の主人公を務める勘九郎は、第1話の終盤に“走る姿”で登場する。「せりふはスースー、ハーハーのみ」であったことに苦笑しつつも、「インパクトのある登場ができた。第1話には今後の伏線もたくさん張ってあるので、そこも楽しみにしてほしい」と笑顔で呼び掛けた。

 一方、日本水泳の礎を築いた田畑政治役で、後半の主人公を務める阿部は「率直に面白かった。(自分は)1話から参加するつもりでやってなかったので、参加できてうれしかった」とにっこり。

 オープニング映像については「僕の知っている大河にこういうのはなかった。『(田畑が)隅田川を泳ぐ』と聞いて、『何を言ってるんだ』と思ったけど、本当に泳いでいましたね」と映像の仕上がりに驚いていた。

 また勘九郎は、演じた金栗について「本当に真っすぐで純粋な人。真っすぐな故に、家族や周りに多大な迷惑を掛けてしまうけど、そんなことも気にしないぐらいマラソンを愛して極めていく男。これだけ真っすぐじゃなきゃ極められないし、大河の主人公にも選ばれない」と紹介した。

 自身との共通点を問われると「似ている部分はない」と答えたが、「演じる中で、僕ももっと自分を正していかなきゃなと感じました」と語った。

 阿部は「田畑さんは猪突猛進型でどんどん突き進んでいく人。来年はイノシシ年だから“この人がイノシシ年だったら面白いな”と思って調べたらいぬ年だった。僕もいぬ年なのでそこが似ていると思いました」と冗談めかして、笑わせた。

 ドラマは2019年1月6日から、毎週日曜日に放送。


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top